デスピア

 DAWN OF MAJESTYカテゴリ化された「デスピア」と名のついたカード群。
 属するモンスターメインデッキに入るモンスター闇属性天使族で、エクストラデッキモンスター光属性悪魔族で構成されている。

  • 「悲喜劇」はウィリアム・シェイクスピアが生存していた15世紀半ばから19世紀頃にかけて確立されたとされる不幸と幸福を伴う演劇の戯曲。
    今日では「劇中にて不幸・悲壮感が増せば増すほどカタルシスとなる落ちにおいて幸福感が得られるという演劇上の手法」とされる。
  • 意匠から察するに「デスピア」の他に「デス/death」「ディストピア/dystopia」などを組み合わせたものであるとも考えられる。
  • 属する一部のモンスターは長柄の槍のような武器を持っていることから、「スピア/Spear」とも掛かっている可能性がある。
  • イラストの背景にはドラグマカードなどで見られた“ホール”が見られる。
    また、このカテゴリの一部モンスターが「悲喜劇」をモチーフにしているのは、この“ホール”と演劇場という意味での「ホール」を掛けたものと思われる。

関連リンク

―「デスピア」と名のついたモンスター
 ※は「デスピア」に関する効果を持つモンスター

―「デスピア」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「デスピア」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「デスピア」に関する効果を持つカード

―「デスピア」を素材に指定するモンスター

―その他のリンク

広告