ヴァレット/Rokket

 CIRCUIT BREAKカテゴリ化された「ヴァレット」と名のついたモンスター群。
 属するモンスターは全て闇属性ドラゴン族で統一されている。

  • 「ヴァレット・ドラゴン」モンスターは以下の共通テキストを持つ。
    (1)は対象をとらない誘発即時効果、(2)は誘発効果である。
    このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
    (1):フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
    このカードを破壊する。
    その後、(カード毎の固有効果)。
    (2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
    デッキから(同名カード)以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
  • Vジャンプ2017年7月号の記事では「”弾丸(ヴァレット)”ドラゴン」「効果の対象にして弾丸射出(ヴァレット・ファイア)!!」「弾丸デッキ装填(ヴァレット・ロード)」と紹介されている。
    英語で「銃弾」を意味する「bullet」が由来に含まれているのはまず間違いないだろう。
    下記の通りアニメではそのような演出となっている。
    あるいは《ヴァレルロード・ドラゴン》の「ロード」を「lord(主人・支配者)」と解釈した場合、ヴァレットモンスターはその「valet(従者)」であると考えることもできる。
  • 一方、英語名の「Rokket」は「Rocket(ロケット)」の捩りと思われる。
    関連カードも含めて銃を連想させる単語が全て変更されているが、海外では《首領・ザルーグ》に見られる様に銃に関して規制が厳しいため、苦肉の策としての変更なのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSにおいて鴻上了見/リボルバーが使用するカード群。
  • 漫画ARC-Vでは、遊矢が《EMオッドアイズ・ヴァレット》を使用しており、このままOCG化されていた場合はこのカテゴリに属していたが、OCG化の際にカード名《EMオッドアイズ・バレット》に変更され、属することはなくなった(詳細はあちらを参照)。
    あちらのモチーフは「valet(従者)」であり、このカテゴリに含まれたのは偶然である。

関連リンク

―「ヴァレット」と名のついたモンスター
 ※は「ヴァレット」に関する効果を持つモンスター

―「ヴァレット」を素材に指定するモンスター

―「ヴァレット」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

(1)の効果トリガーになる効果を持つリンクモンスター

リンク

リンク

リンク

リンク

リンク

リンク

FAQ

Q:《アネスヴァレット・ドラゴン》破壊され墓地へ送られた除外されそのターン中に墓地に戻された場合、その《アネスヴァレット・ドラゴン》は(2)の効果発動できますか?
A:いいえ、その《アネスヴァレット・ドラゴン》は「そのターン破壊され墓地へ送られた」とは見做されないため発動できません。(18/01/25)

広告