聖騎士(せいきし)/Noble Knight

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−カテゴリ化された「聖騎士」と名のついたカード群。
 属するモンスター戦士族で統一されており、聖剣とは密接な関係を持つ。
 また、アルトリウスランスロットローランに属するモンスターは全てこのカテゴリにも属しており関係が深い。

 属するカード「アーサー王伝説」をモチーフとする聖騎士「シャルルマーニュ十二勇将」をモチーフとする聖騎士(焔聖騎士)それ以外の聖騎士の3種に分類される。

「アーサー王伝説」をモチーフとする聖騎士

  • ストーリーは著者不明の『Tales of the Noble Knights』という伝承を元にしている、という設定であり、《聖騎士アルトリウス》の他、海外公式ブログでは短編小説が記載されている。
    それらの文章では古英語が使われており、KONAMI側の執筆者も不明という、徹底して伝承や物語らしさを出したものとなっている。
    特別な待遇を受けているこのカテゴリだが、ヴァンパイアともども、OCG世界でどのような存在であるのかは謎である。

「シャルルマーニュ十二勇将」をモチーフとする聖騎士(焔聖騎士)

  • 「焔聖騎士」の「焔聖(えんせい)」は、カール大帝(シャルルマーニュ)が何度も軍事遠征を行った事とかかっていると思われる。
    なお、英語名は「Infernoble Knight」となっており、「Inferno」と「Noble Knight」をかけている。
  • RISE OF THE DUELISTのCMでは、収録テーマを「聖騎士」ではなく「焔聖騎士」と紹介している。

それ以外の聖騎士

その他

  • 「聖騎士」とは、ファンタジー作品に登場する役職。
    明確な定義はないが、高位な騎士を意味する「パラディン」や、邪悪な存在を打ち払う騎士「ホーリーナイト」の日本語訳として用いられることが多い。
    アーサー王伝説の騎士はそのどちらでもないが、この呼び名が付いているのは前者の高貴な騎士としてのイメージからであろう。
    一方、海外版Shadow Spectersの説明から、後者の意味も含んでいるようだ。
  • 英語名の「Noble Knight」は『アーサー王と彼の高貴なる円卓の騎士(The Whole Book of King Arthur and of His Noble Knights of the Round Table)』から取られたものと思われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sにおいて、シェリー・ルブランが「聖騎士」モンスターを使用。
    ただし、シェリーが使用したカードはフランスの騎士をモチーフにしており、OCG化されている「聖騎士」は《聖騎士ジャンヌ》以外使用していない。
    OCG化されていないモンスターとして《聖騎士の槍持ち》と《聖騎士の盾持ち》が存在し、《聖騎士の盾持ち》は「聖騎士」を指定した効果も持っている。
  • 漫画5D'sでは、龍可が《森の聖騎士 ワンコ》を使用した。
    こちらも「アーサー王伝説」「シャルルマーニュ十二勇将」といずれも関連性は無い。
  • Dチーム・ゼアルにおいて、内藤剣斗が聖剣と共にこのカテゴリを使用している。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCEシリーズ及びデュエルリンクスでは上記の《聖騎士の槍持ち》と《聖騎士の盾持ち》がオリジナルカードとして登場している。

関連リンク

―「聖騎士」と名のついたモンスター
 ※は「聖騎士」に関する効果を持つモンスター

―「聖騎士」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「聖騎士」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「聖騎士」に関する効果を持つカード

―「聖騎士」を素材に指定するカード

―その他のリンク

広告