《ジェムナイト・パール/Gem-Knight Pearl》

エクシーズモンスター
ランク4/地属性/岩石族/攻2600/守1900
レベル4モンスター×2

 DUEL TERMINAL −エクシーズ始動!!−で登場した地属性岩石族エクシーズモンスター
 ジェムナイトの1体であり、効果を持たないエクシーズモンスターである。

 エクシーズ素材が2体必要なデメリットがないランク4としては、最も高い元々の攻撃力を持っている。
 代わりにモンスター効果を一切持たないが、そのおかげで《デモンズ・チェーン》等を回避したり、《ダイガスタ・エメラル》蘇生できたりする利点となっている。

 同じ召喚条件を持つランク4のエクシーズモンスターには、《鳥銃士カステル》などを筆頭に対応力のあるエクシーズモンスターが数多く揃っている。
 また、こちらよりも戦闘破壊できる範囲が広い《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》等も存在する。
 特にこれらとは元々の攻撃力でも100ポイントしか差がないので、基本的に打点目的でこちらを優先する必要性は薄い。

 一応、上記の通り《デモンズ・チェーン》《エフェクト・ヴェーラー》などの影響を受けないという利点があるため、これらを警戒し、攻守2500〜2600間のモンスターを意識するならば採用も検討できる。
 特に、《ヴェルズ・オピオン》に大きく行動を制限される上級最上級モンスター主体のデッキにおいては、このカードを採用する意義は小さくない。
 逆に言えば、そのようなモンスターがほとんど活躍してないような環境ならば、打点目的でこのカードを採用する意義はほとんどない。

 他の活用法としては、効果を持たないがゆえにインフェルノイドモンスター特殊召喚条件における「レベルランクの合計」にカウントされないという点を活かす手がある。
 《ラヴァルバル・チェイン》を活用する【インフェルノイド】ならば、共にエクストラデッキに置いておくと便利だろう。
 ただし、「レベルランクの合計を減らす」という意味では《恐牙狼 ダイヤウルフ》でも同じことができるので、状況によりうまく使い分けたい。
 同様に、《絶対魔法禁止区域》を採用する【通常モンスター】や、《スキルドレイン》を活用するデッキ《スキルドレイン》のありなしに関わらず安定して活躍できるモンスターとして採用する手もある。

 【ジェムナイト】レベル4のモンスターの展開するのがそれほど得意ではなく、このモンスターエクシーズ召喚は容易ではない。
 また、エクシーズ召喚できる状況でも、戦略上《ラヴァルバル・チェイン》《ジェムナイト・フュージョン》墓地へ送ることが優先されるだろう。
 かつては融合素材にできない《ジェムレシス》等を戦力に転換するという役割もあったが、現在では《ジェムナイト・ジルコニア》がいるためその必要性も低くなった。
 しかし、《ジェムナイト・フュージョン》発動を封じる《ヴェルズ・オピオン》の突破役としては優秀であり、《ジェムナイト・ジルコニア》共々《ダイガスタ・エメラル》による蘇生が可能である。
 さらにジェムナイトの名を冠しているため《ジェムナイト・フュージョン》墓地コストとして利用でき、《吸光融合》発動したターンでもエクシーズ召喚できる等、専用サポートとの相性も良い。

 「メインデッキを圧迫せずに使用できる高攻撃力岩石族」という点から、【ダーク・ガイア】ではアタッカー融合素材として活躍できる。
 効果の有無やエクシーズ素材を能動的に墓地へ送ることができるかといった点を考慮し、《No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド》《No.55 ゴゴゴゴライアス》《暗遷士 カンゴルゴーム》らと使い分けたい。
 同ランク悪魔族には、汎用性の高い《励輝士 ヴェルズビュート》攻撃力の高い《No.85 クレイジー・ボックス》も存在するので、構築次第ではエクストラデッキカードのみで《E−HERO ダーク・ガイア》融合召喚できる。

  • カード名の由来は「パール(Pearl)」つまり真珠である。
    真珠は貝から採れる宝石の一種であり、貝が貝殻を作るために出す分泌物が偶然貝殻の内側で丸く固まったものである。

関連カード

―《ジェムナイト・パール》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードは通常モンスターとして扱いますか?
A:いいえ、通常モンスターとも効果モンスターとも扱われません。(10/04/27)

広告