《デコード・トーカー/Decode Talker》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 STARTER DECK(2017)で登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先モンスターの数だけ攻撃力自己強化する永続効果リンク先自分モンスターリリースする事で自分フィールドのカード対象とする相手効果の発動無効にして破壊する誘発即時効果を持つ。

 《電影の騎士ガイアセイバー》と同じLINK-3だが、こちらはリンク素材効果モンスター縛りがある。
 そのため《創造の代行者 ヴィーナス》等の通常モンスターを展開するギミックでは《リンク・スパイダー》《プロキシー・ドラゴン》を経由する必要がある。
 また、《ジェムナイト・パール》等の効果を持たないモンスターも素材に使えない。
 それ以外は特に制約は無いので、《魔界発現世行きデスガイド》などの展開手段のあるデッキならリンク召喚は容易。
 ただしこのカード単体ではバニラ同然のため、このカードリンク召喚に加えリンク先にもモンスターを展開する必要がある。

 リンクマーカーは上、左下、右下に存在し、効果はいずれもリンク先に関わる。
 メインモンスターゾーンに出す場合、エクストラモンスターゾーンの真下に出し、エクストラモンスターゾーンモンスターを出さなければ効果は活かせない。
 しかも1枠しかないため、効率は悪い。
 効果を最大限に生かすにはエクストラモンスターゾーンに出す必要がある。
 しかし、エクストラモンスターゾーンリンク召喚すると、リンクマーカーの一つが相手モンスターゾーンに向き、エクストラデッキからの特殊召喚を許すことになる。
 以上のことから、リンクマーカーの位置はかなり勝手が悪い。

 (1)はリンク先モンスターが居ることが条件の自己強化
 最高で3800、自分モンスターのみだとしても3300になるので攻撃力は申し分ない。

 (2)は自分カード対象に取るカードの効果無効にする効果
 《ツインツイスター》のような、複数を対象にするカード無効にできるが、リンク先モンスターコストにする。
 そのため(1)の効果による強化値が下がってしまう他、リンク先エクストラデッキから特殊召喚したモンスターが存在するとコストが重くなる。
 かと言ってトークンなどをリンク先に置くとエクストラデッキからの特殊召喚を阻害してしまう。
 自分モンスターリリースする必要があるため、リンク先相手モンスターコストに使用することは出来ない。
 このように、「エクストラデッキから特殊召喚できる場所を増やす」というリンクマーカーの特性と(2)の効果がかみ合っておらず、使い勝手はよくない。
 リリースしたモンスター蘇生する手段があればメインモンスターゾーンエクストラデッキモンスターを展開することができ、リンク先を空けやすくなるメリットにできる。
 ペンデュラムモンスターであればリリースしてもペンデュラム召喚リンク先に再度展開しやすい。
 自身のリンクマーカーエクストラデッキからペンデュラム召喚できる数を増やせるということもあり、相性は非常に良い。

 このカードを活かすのであれば、やはりエクストラモンスターゾーンに置いて耐性持ちアタッカーとして使うべきだろう。
 リンク先エクストラデッキからモンスター特殊召喚する場合は、墓地へ送られた場合に発動する効果を持つモンスターを置くと負担を軽減出来る。
 特に【紋章獣】における《No.18 紋章祖プレイン・コート》の様な、少ない手札消費で出せるモンスターとは併用しやすい。
 これらが苦手とする除外バウンス対象を取る効果が多く、このカードの(2)の効果が有効に働く事もあるだろう。

  • カード名の由来は英語で暗号の解読を表す「decode(デコード)」と、20世紀のアメリカ軍において少数民族の言葉を暗号として用いるために雇用されたアメリカ先住民を表す「code talker(コードトーカー)」だろう。
    また、decodeはコンピューター用語としては目的に合わせ符号化し変換したファイルを復号化する事を指す。

収録パック等


Tag: 《デコード・トーカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 サイバース族 攻2300

広告