《ブラック・ホール/Dark Hole》

通常魔法
(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。

 Vol.1で登場した通常魔法
 フィールドモンスターを全て破壊する効果を持つ。

 全体除去カードによく見られる発動条件コスト等が一切無い。
 このカード1枚でモンスター全てを一掃する効果は強力で、相手モンスターが複数体居ればアドバンテージを稼げる。
 自軍も巻き込んでしまうため、《サンダー・ボルト》のようにいつでも手軽に使える訳ではない。
 とは言え、全体除去を行うのは自分が押されている局面であり、自軍のモンスターがいない場合も多い。
 相手が展開するために手札を消費しているなら、その分アドバンテージに繋がり、戦況をひっくり返す事も可能である。

 自分モンスターを巻き込む点は基本的にデメリットであるが、この点を利用してコンボを狙う事も可能。
 《ゴブリンゾンビ》等の墓地へ送られた時のモンスター効果を能動的に使ったり、機皇帝特殊召喚に繋げるのも良いだろう。
 《ダーク・クリエイター》とは相性が良く、フィールドを一掃した後に一気にラッシュをかける事ができる。

 同様の全体除去としては《激流葬》もある。
 こちらは通常魔法なので、発動前に除去される心配が無く、発動条件が存在しない点で勝っている。
 しかし、相手ターン中に展開を妨害できないので、そのままこちらのライフを削り取られてしまう場合も多い。
 魔法カード罠カードの差異が如実に表れる場面であるため、環境に合わせてどちらを採用するか判断していきたい。

 総じて強力な除去カードだが、あくまで相手が展開し終わった後に処理するカードなので、それでは間に合わない事も多くなってきた。
 また、高攻撃力でのビートダウンや多彩なモンスター効果によって、このカードに頼らずとも除去を行えるデッキも増えている。
 特に、最近の主流デッキテーマだけで完結している場合がほとんどで、このカードメインデッキに採用するケースは少なくなっている。
 他にも、先攻ターン目から大量展開し封殺するデッキでは、サイドデッキに回す場合が多い。
 また、昨今は破壊耐性を持ったモンスターもありふれており、最早このカード除去性能も手放しに褒められるものではなくなっている。
 こうした傾向も含め、使用するデッキと併用する他の除去カードに応じて投入するか否かを考えたい。

  • 「ブラックホール」とは、大質量・高密度で非常に強い重力を持ち、光すら脱出できない天体である。
    太陽の30倍以上の質量を持つ天体が寿命を迎え、重力崩壊によって超新星爆発を起こした後にできるとされる。
    ブラックホールの中心部には密度・重力が無限大になる「重力の特異点」があるとされる。
    この繋がりからか、下記アニメに登場したツバインシュタイン博士は《特異点の悪魔》というカードも使用していた。
    また、クエーサーの発生源は大質量ブラックホールだと考えられている。
  • 対極の天体として「ホワイトホール」が存在するという説もある。
    両者はワームホールで繋がっており、ブラックホールに吸い込まれた物体がそこから放出されるという仮説もあるが、物理的・論理的に説明できない矛盾が多く、存在を否定する意見も多い。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「デュエルクエスト編」において、遊戯が使用しようとするが、《青い忍者》に阻止され失敗した。
    実際に使用されたのは、「乃亜編」の「海馬vs乃亜」戦。
    この時は乃亜が使用し、海馬が召喚した強力モンスター除去した。
  • アニメ5D'sでは、このカードSp(スピードスペル)版と言える、《Sp(スピードスペル)−ジ・エンド・オブ・ストーム》が登場している。
    スピードカウンターが10個以上と使用条件は厳しいが、全体除去に加えて効果ダメージも与えられるようになっている。
    デュエルワンポイントレッスン」では、《ブラック・ホール》が禁止カードである事にも触れている。
    「遊星vsアンチノミー」戦とZEXALII(セカンド)では、本物のブラックホールが出現した。
    遊星、アンチノミー共に本物のブラックホールに飲み込まれたのだが、光をも超えるアクセルシンクロの力とアンチノミーの助けにより、遊星は脱出できた。

関連カード

発動条件コストのある《ブラック・ホール》

―《ブラック・ホール》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ブラック・ホール》 魔法 通常魔法

広告