《ラヴァルバル・チェイン/Lavalval Chain》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/海竜族/攻1800/守1000
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
●デッキからモンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。

 DUEL TERMINAL −星の騎士団 セイクリッド!!−で登場した炎属性海竜族エクシーズモンスター
 任意のカード墓地へ送る起動効果と、デッキトップを操作できる起動効果を持つ。

 エクシーズ素材縛りの無いランクモンスターの1体で、多くのデッキエクシーズ召喚が狙える。
 主なエクシーズ召喚の方法は《No.39 希望皇ホープ》を参照。
 ステータスランク4としては低めで戦闘には向かないが、それぞれ墓地デッキトップを調整する2つの効果を備えており、何かと小回りに優れる。

 前半の効果制限カードである《おろかな埋葬》の強化版とも言える効果で、魔法・罠カード墓地へ送ることができる。
 そのため、《神剣−フェニックスブレード》《剣闘獣の底力》、その他墓地へ送る意義のある《リチュアの儀水鏡》《スキル・サクセサー》などとも相性がいい。
 特に【ジェムナイト】では中核となる《ジェムナイト・フュージョン》の間接的サーチができ、墓地からこれを戻すためのコストは取り除いたエクシーズ素材でまかなうことができる。
 また、各種儀式魔法を墓地に送り、《儀式の準備》で回収するなどもできる。
 もちろんモンスター墓地に送ってもいいので、キーカード墓地に置きたい【紋章獣】【BK】【インフェルニティ】などでは必須カードとなる。
 コストにした自身のエクシーズ素材と合わせて1度に2枚のモンスター墓地へ送ることができるので、カオスなどの召喚条件もクリアしやすい。

 後半の効果モンスター限定であり、そのままでは手札に加わるのは次のドローフェイズとなる。
 1ターン遅れ、アドバンテージを生み出す効果でもないので、相対的にこちらの効果が使われることはあまり多くないだろう。
 だが、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》のようなパワーカードを次のターンドローでき、サルベージ蘇生手段に恵まれないデッキにとっては貴重なサーチ手段である。
 《手札抹殺》《成金ゴブリン》との併用で、そのターン手札に加えることも可能。
 ただし、手札に加わった後の《マインドクラッシュ》《転生の予言》等のシャッフルを伴う効果には注意を払いたい。

 以上のように汎用性に優れるカードだが、どちらの効果も単純なアドバンテージを生み出すものではないことには留意したい。
 ステータスも低いため、維持や戦闘を行いにくいというものもランク4としては例外である。
 みだりに出すのではなく、上記のようにきちんとしたシナジーを発揮するデッキに採用した上で、安全な時を見計らってエクシーズ召喚を狙っていきたい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの第33話において、トロン一家がターゲットにしていたWDC参加者の1人のエースモンスターとして表示されていた。
    第60話の「鉄男&小鳥vsデュエルロボ」戦でエクシーズ召喚候補のエクシーズモンスターの一枚として存在を確認できる。
    • アニメZEXALII(セカンド)の「IV(フォー)vsナッシュ」戦においてナッシュが使用した永続罠《オーバーレイ・アワード》のイラストに描かれている。
  • 設定を関連してか、攻撃時は水と熱を両方含んだブレスを吐く。

関連カード

―《ラヴァルバル・チェイン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの2つ目の効果発動しました。
  デッキを確認したところ、選択したいモンスターデッキの一番上にありました。
  この場合、そのカードを選択してデッキの一番上に置くことはできますか?
A:ご質問の場合、このカード効果によって選択したモンスターデッキの一番上に置く事ができます。
  デッキを確認した時点で選択したいモンスターが一番上にあった場合でも、そのモンスターデッキの一番上に置く事ができます。(11/10/08)

広告