《ヴェルズ・ウロボロス/Evilswarm Ouroboros》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻2750/守1950
レベル4モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
以下の効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り
それぞれ1度しか選択できない。
●相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して持ち主の手札に戻す。
●相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ送る。
●相手の墓地に存在するカード1枚を選択してゲームから除外する。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した闇属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 ヴェルズの1体であり、1ターンに1度バウンスハンデス墓地除外の3つの効果から1つを選択して発動する起動効果を持つ。

 3種類の効果を持ち、このカードのみで相手フィールド手札墓地に干渉できるため、状況に合わせて多彩な戦術を取る事ができる。
 ただ、1つ1つの効果自体は同じランク4で素材が2体と軽いエクシーズモンスターと比べ見劣りする面が否めない。
 1つ目のバウンス効果デッキバウンスできる《鳥銃士カステル》、3つ目の墓地除外効果は2枚除外できる《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》と競合する。
 伏せカードバウンスするのは《鳥銃士カステル》にはできない芸当ではあるが、差別点としては弱い。

 2つ目のハンデス効果だけは、汎用ランク4に類似効果の持ち主はいない。
 「墓地へ送る」形のため、ハンデス系の天敵である暗黒界効果発動させてしまう心配もない。
 ただ、同素材で出せる《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》《星輝士 デルタテロス》の方が、より多くの相手のカードを無力化できるだろう。

 攻撃力の高さを鑑みても、素材数による出しやすさの違いは大きく、単純に除去墓地利用メタが欲しいなら上記のカードを採用した方が安定する。
 複数の役割の兼任でエクストラデッキを節約する、または《光天使セプター》などで3体素材であることに意義を持たせるなどで差別化したい。
 素材確保が容易で、かつ1ターンキルを目指すエクシーズ召喚軸の【アンデット族】のようなデッキでは除去と高攻撃力の両立が活きる。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのADXのタッグバトルモードでは最初の対戦相手として登場。
    スピードデュエルでは、このカードをスキャンすると、隠しデッキ「円環のウロボロス」が使用できる。
    デッキの解説は以下の通り。
  • リチュアは、氷結界の鏡に宿る魔力を禁呪に転化し、氷結界の龍達を再び封印から解き放つ。
    しかし、かの龍たちは既に邪念に侵されており、世界の全てを破壊し尽くそうとするのだった…。
    生者は破壊され、復活する(ヴェルズとなる)
    始まりも終わりも無い、死と再生の狂宴が幕を開けようとしていた―
  • 「ウロボロス」は不滅・永遠・無限の象徴とされており、このデッキ解説の設定もそれを反映したものとなっている。

関連カード

表側表示で存在する限り1度しか使用できないカードについては三魔神を参照

イラスト関連

―《ヴェルズ・ウロボロス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:1つ目の効果を使ったこのカード裏側表示になった後、また表側表示になった場合、もう1度1つ目の効果を使えますか?
A:使えます。(12/01/25)

Q:1つ目の効果相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して持ち主の手札に戻す。)は、対象を取る効果ですか?
A:はい、対象を取る効果になります。(12/02/12)

広告