始祖竜(しそりゅう)ワイアーム/First of the Dragons》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
通常モンスター×2
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):「始祖竜ワイアーム」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードは通常モンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されず、
このカード以外のモンスターの効果を受けない。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 自分フィールドに1体しか表側表示で存在できないが、通常モンスター以外の戦闘では破壊されず、自身以外のモンスター効果を受けない永続効果を持つ。

 強力な耐性を有しており、相手が通常モンスターを使わないデッキであった場合、魔法・罠カードによる除去以外ではまず突破されない。
 ステータス最上級モンスター並みに高く、《レスキューラビット》リクルートできる程度の通常モンスター戦闘破壊されることもまずない。
 除去効果モンスター罠カードに依拠するデッキが増え、除去魔法カードの採用率が減少傾向にある事も追い風となっており、場持ちは非常に良い。
 魔法・罠カード耐性を与える《禁じられた聖槍》を併用すれば盤石と言える。

 特に【フルモンスター】などに対しては滅法強く、壊獣などの除去手段を用意していなければこのカード1枚でほぼ詰みの状態となる。

 ただし、耐性以外には効果を持たないのでこのカード一枚で逆転を狙うのは難しい。
 相手フィールドに高攻撃力モンスターが居座っている場合も、互いに膠着状態となってしまうため、他のカードによる除去も採用しておきたい。
 この点は《ブラック・ローズ・ドラゴン》《終焉の王デミス》などの全体除去効果と相性が良く、このカードを先出ししていても耐性により生き残れる。
 狙うのはやや難しいが、《天魔神 ノーレラス》《混沌帝龍 −終焉の使者−》コンボできれば、手札からの抵抗も封じることができ、フィニッシャーになりえるだろう。

 融合素材通常モンスター2体と非常に緩いため、【凡骨融合】をはじめ、通常モンスターを軸にしたデッキならば容易にできる他、《レスキューラビット》があれば手札2枚でこのカードが呼び出せる。
 ドラゴン族融合モンスターであるため、《融合》が採用しにくい場合でも《龍の鏡》にも対応しているのも利点である。
 ただし、このカード同名カードを並べられないデメリットが存在するため、融合召喚先がこのモンスターだけの場合、2枚目以降の融合魔法カード腐ってしまいかねない。
 可能であれば、このカード以外にも融合召喚先を用意しておきたい。
 この点から、通常モンスター同士の融合素材を持つ融合モンスターを扱う場合は、このカードとの連携も非常に重要になる。
 また、フィールド及び墓地にいる場合は通常モンスターとして扱うデュアルモンスターとも相性が良い。
 【デュアル】にはこのカードと同じく《龍の鏡》に対応している《超合魔獣ラプテノス》がいるため、このカードと使い分けができる。
 《トランスターン》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》リクルートできるため、【ドラゴン族】においても展開手段の一つとして採用ができる。

  • 「ワイアーム(Wyrm)」とは、四肢を持たない蛇のような体に竜の頭、蝙蝠の翼を持ったドラゴンの一種とされ、ワーム・ウィルムという名でも呼ばれている。
    凶暴で攻撃的な性格に加えて、毒やブレスなどを使い、体が小さいので飛行能力はドラゴンの中でも高い。
    叙事詩『ベオウルフ』などに登場している。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《始祖竜ワイアーム》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星9 闇属性 ドラゴン族 攻2700 守2000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告