D−HERO(デステニーヒーロー) ダブルガイ/Destiny HERO - Double Dude》

効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードは特殊召喚できない。
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
このカードが破壊され墓地へ送られた場合、次の自分のターンのスタンバイフェイズ時、
自分フィールド上に「ダブルガイ・トークン」(戦士族・闇・星4・攻/守1000)
2体を特殊召喚できる。

 POWER OF THE DUELISTで登場した闇属性戦士族上級モンスター
 D−HEROの一体であり、1度のバトルフェイズ2回攻撃できる永続効果と、ダブルガイ・トークンを生成する誘発効果を持つ。

 一切の特殊召喚ができず、上級モンスターなのでリリースが必要になる。
 攻撃力増強によって連続攻撃を活かすならば《不意打ち又佐》で、リリース確保の面でも《ダンディライオン》等の下級モンスターで幾らでも代用が効く。
 D−HEROである事を活かすにしても、《D−HERO ダッシュガイ》《D−HERO ドゥームガイ》等で特殊召喚できない点が足を引っ張る。

 ダブルガイ・トークンは次の自分ターンスタンバイフェイズ時に特殊召喚される。
 としては使いにくいが自分ターンには確実に存在するため、シンクロ素材《D−HERO Bloo−D》等のリリースは揃えやすい。
 なお、このトークンD−HEROとは名が付かないため、《D−HERO ドグマガイ》召喚するためには別にD−HEROを用意する必要がある。
 ちなみに《魔のデッキ破壊ウイルス》《連鎖破壊》による手札デッキからの破壊でも効果発動が可能。
 装備カードの状態での破壊にも対応するため、トークン生成を目的とするなら《ズババジェネラル》等に装備させて破壊するのも良いだろう。

 しかし、全体的に中途半端で、コンボを狙っても爆発的な活躍はあまり期待できない。
 素の攻撃力では貧弱のため、カードの効果攻撃力を補助したい。
 《E・HERO オネスティ・ネオス》と組み合わせれば攻撃力3500の2回攻撃となるためある程度カード消費に見合った爆発力となるが、逆に言えば有用なのはそれぐらいである。
 D−HEROには《ダーク・シティ》《D−チェーン》も存在するが、いずれも上昇値が十分とは言い難く、単体での補助としては足りない。
 戦士族で固めているならダブルガイ・トークン強化できる《一族の結束》強化に役立つ。

  • ネタは、二重人格を題材にした古典サスペンス小説『ジキル博士とハイド氏』であろうか。
    緑がかった肌をした筋骨隆々の姿と、後述のアニメでの演出は、この小説を元ネタとしたアメコミヒーロー『超人ハルク』を意識しているものと思われる。
  • 普段は英国紳士的な容貌だが、2回攻撃の2回目の攻撃時には筋骨隆々の野性味ある荒くれへと変貌する。
    「十代&エドvs美寿知」戦では真の自分の姿に《D−チェーン》を装備した。
    異世界編で召喚された時は、イラストに描かれた紳士風な男と荒くれが同時に現れていた。

関連カード

トークンを2体生成する効果については《雲魔物−羊雲》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:「ダブルガイ・トークン」は「D−HERO」と名のついたモンスターとして扱いますか?
  (《D−HERO ドグマガイ》特殊召喚などに関係)
A:いいえ、名に「D−HERO」が含まれていないので、「『D−HERO』と名のついたモンスター」としては扱いません。

Q:スタンバイフェイズ時に発動するこのカードの効果チェーンをして《D.D.クロウ》等を発動しこのカードを除外し、効果解決時にこのカードが墓地に存在しない時に効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(10/08/10)


Tag: 《D−HERO ダブルガイ》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 戦士族 攻1000 守1000 HERO D−HERO 特殊召喚不可

広告