《DNA改造手術(かいぞうしゅじゅつ)/DNA Surgery》

永続罠
種族を1つ宣言して発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターは宣言した種族になる。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した永続罠
 フィールド上のモンスター種族を強制的に統一する。

 特定の種族効果を得るカードと併用するのが主な用法だろう。
 《リミッター解除》等の種族を限定するが強力な効果を全てのモンスター適用したり、《虫除けバリアー》《群雄割拠》等とのコンボ相手モンスターの進撃を抑制することができる。

 《サイバー・ドラゴン》があれば《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》融合素材として相手モンスターを全て墓地へ送ることができる。
 また逆に、自分機械族モンスター相手《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の素材にされるのを防ぐ目的でも使える。

 特定の種族を要求する召喚特殊召喚を補助するためにも利用できる。
「種族縛りさえなければ」という強力モンスターの導入を検討できるので、戦術の幅が広がるだろう。

 対象は限定されるが、妨害カードとしても強力な効果を発揮する。
 《H−C エクスカリバー》《エヴォルカイザー・ラギア》《アーカナイト・マジシャン》《カラクリ大将軍 無零怒》といったエクシーズモンスターシンクロモンスターの他、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》等、表側表示の特定種族モンスターを要求するモンスター召喚できなくなる。
 また、《一族の結束》《リミッター解除》《ディメンション・マジック》《毒蛇の供物》といった特定種族サポートカードが機能不全に陥る。
 ただしフィールド上であっても表側表示モンスターにしか影響しないので、《ゴッドバードアタック》などを封殺するには至らない。

 その他の活用法は【種族操作】を参照。

  • 後になって幻神獣族創造神族といった新たな種族が登場している。
    このように新しい種族が登場した場合は、そのカードが収録されている商品の発売日以降、もしくはキャンペーン等で登場するカードの発送がされてから、その種族宣言が有効となる。(12/04/06)
  • アニメGXにおける「十代vsSAL」戦において登場。
    《野性解放》を十二分に利用するために投入されていた。
    初回は三沢の調整用デッキに入っていたのが確認される。
    「丸藤亮vsマッドドッグ犬飼」戦においては犬飼がデッキに投入している。
    彼の持つ機械族の対策カード、《酸のラスト・マシン・ウィルス》とのコンボに使うのだろう。
    アニメGX12話で万丈目によって海に捨てられた三沢のカードの中、168話の冒頭でツトム少年が持っていたカードの中に存在が確認できる。
  • 「ヘルカイザー亮vs猪爪」戦にて猪爪が使用した魔法カード《DNA抹殺呪術》のイラストでは、同じ人物が描かれている。

関連カード

種族操作

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードで幻神獣族創造神族宣言できますか?
A:できます。(12/02/27)

Q:裏側表示モンスター攻撃した時、そのモンスター表側表示になった瞬間から効果適用されるのですか?
A:はい。その通りです。
  よって《インセクト・プリンセス》等で攻撃した場合も効果適用されます。

Q:このカード機械族宣言し、発動しました。
  その後2枚目の同名カード天使族宣言発動した場合、どうなりますか?
A:この場合は、後から発動されたものが影響を発揮します。

Q:このカード戦士族宣言して発動しました。
  エクシーズ素材となっているカードも、戦士族として扱いますか?
A:エクシーズ素材となっているカードは、モンスターカードとして扱いません。
  したがって、種族戦士族として扱う事もありません。(11/08/14)

広告