E・HERO(エレメンタルヒーロー) ネクロダークマン/Elemental HERO Necroshade》

効果モンスター
星5/闇属性/戦士族/攻1600/守1800
(1):このカードが墓地に存在する限り1度だけ、
自分はレベル5以上の「E・HERO」モンスター1体をリリースなしで召喚できる。

 遊戯王デュエルモンスターズGX めざせデュエルキング! 付属カードで登場した闇属性戦士族上級モンスター
 墓地に存在する時に1度だけ、レベル5以上のE・HEROリリースなしで召喚可能とするルール効果を持つ。

 レベル5以上の通常召喚可能なE・HEROは、このカード自身と《E・HERO ネオス》《E・HERO エッジマン》《E・HERO オネスティ・ネオス》の4枚のみ。
 このカード自身は下級モンスター並みのステータスであり召喚する意味はエクシーズ素材等に使うのでなければほぼ無いので、3種の最上級E・HERO召喚補助に使うこととなる。
 特に、手札からの召喚手段に乏しい《E・HERO エッジマン》《E・HERO オネスティ・ネオス》にとっては比較的扱いやすいサポートカードである。
 《E・HERO ネオス》の場合は《古のルール》などによる展開も可能だが、このカード墓地へ送る手段が豊富であり、カード・アドバンテージや確実性の観点でこのカードは優先しやすい。
 融合素材手札コストに使ったり、《E・HERO プリズマー》《終末の騎士》等で墓地へ送るのが基本となる。
 《カオスエンドマスター》でのリクルートも可能。
 《蛮族の狂宴LV5》に対応するため蘇生させやすく、融合素材などに使いまた効果の利用を狙える。

 このカード融合素材に指定する融合モンスターは、《E・HERO ダーク・ブライトマン》《E・HERO ネクロイド・シャーマン》が存在する。
 現在はE・HEROHEROを指定する融合モンスター融合素材にもなれる。

  • 「十代vsダークネス」戦において、通常魔法《リレーションシップ》で特殊召喚されたとき、何故か守備力の表示が1000だった。
    (次のターンには戻っているためミスだったようであり、再放送では初めから1800に修正されている)。
  • 「十代vsフランツ」戦にて十代が使用した速攻魔法《ネクロ・イリュージョン》のイラストに描かれている。

関連カード

―類似効果

融合関連

通常召喚可能なレベル5以上のE・HERO

  • 《E・HERO ネクロダークマン》

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:このカードの効果は何効果ですか?
A:効果に種別はありません。(ルール効果)(07/10/28)

Q:リリースなしでの召喚通常召喚扱いですか?それとも特殊召喚扱いですか?
A:通常召喚扱いとなります。

Q:《血の代償》効果による召喚の時にもリリースを無くせますか?
A:はい、できます。(07/10/28)

Q:《E・HERO ネクロダークマン》が墓地に2体存在するとき、レベル5以上のE・HEROリリースなしで召喚できる回数は2回ですか? それとも1回だけですか?
A:《E・HERO ネクロダークマン》1体につき1体のレベル5以上のE・HEROリリースなしで召喚できます。(10/07/21)


Tag: 《E・HERO ネクロダークマン》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 戦士族 攻1600 守1800 HERO E・HERO

広告