E−HERO(イービルヒーロー) インフェルノ・ウィング/Evil HERO Inferno Wing》

融合・効果モンスター
星6/炎属性/悪魔族/攻2100/守1200
「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ」
このモンスターは「ダーク・フュージョン」による融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が越えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターの攻撃力か守備力の高い方の数値分のダメージを相手ライフに与える。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した炎属性悪魔族融合モンスター
 E−HEROの1体であり、貫通ダメージを与える永続効果モンスター戦闘破壊して墓地へ送った場合にその攻撃力または守備力の高い方の数値分のダメージを与える誘発効果を持つ。

 融合素材を同じくする《E・HERO フレイム・ウィングマン》よりも与えるダメージは大きくなりやすいが、その分召喚条件は厳しくなっている。
 《E・HERO フレイム・ウィングマン》と違い、破壊したモンスターステータス表示形式によって、ダメージが減少することがない。
 攻撃が通れば、《E・HERO フレイム・ウィングマン》攻撃させた時以上に、相手に大きなダメージを与えることができる。
 ちなみに、《E・HERO フレイム・ウィングマン》にも言える事だが、破壊したモンスターコントロールダメージに関係無いので、《マジック・ランプ》等の効果によって自分フィールドモンスター破壊した場合でも相手ダメージを与える事は可能。

 《ゴブリン突撃部隊》等のように、守備力0の高攻撃力モンスターには、貫通ダメージも含めて大打撃を与えられるので相性が良い。
 また、《エネミーコントローラー》《重力解除》《月の書》等で攻守の数値が偏っているモンスター表示形式を操作する事で、大ダメージを与えられる。
 例えば、攻撃力0・守備力3000の《千年の盾》攻撃表示に変更して戦闘破壊した場合、実に5100ものダメージを与える。
 これは《E・HERO フレイム・ウィングマン》には真似できない事である。
 また上記のコンボを狙うなら、《トーチ・ゴーレム》を使うのも悪くない。
 《トーチ・ゴーレム》守備表示特殊召喚し、このカード戦闘破壊することで、相手に4800ダメージトークンを2体得られる。
 さらに《フュージョン・ウェポン》等の装備魔法を装備すれば更なるダメージ増加も狙える。
 《火霊術−「紅」》射出すればそのままゲームエンドに持ちこむことすらできる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける、覇王十代の主力モンスター
    主にこのモンスターで異世界を支配していた様だ。
    「覇王十代vsジム」戦にて覇王十代が使用。
    後攻1ターン目からこのモンスター融合召喚し、ジムの《シェル・ナイト》を戦闘破壊して大ダメージを叩き込んだ。
    しかし返しのターンに、ジムの《中生代化石騎士 スカルナイト》に倒された。
    その直後ジムの速攻魔法《ハーフ・ライフ》によって攻撃力が半分になった状態で戦闘破壊無効にされたが、《中生代化石騎士 スカルナイト》の連続攻撃によって戦闘破壊された。
    この際の覇王のライフは公式では1950とあるが、実際は1850であり、これが後に響く事になる。
    なお、アニメGX第139話再放送時には「LP1850」と訂正されていた。
    攻撃名は「インフェルノ・ブラスト」、効果名は「ヘルバック・ファイア」。

関連カード

効果関連

―同じ融合素材融合モンスター

収録パック等

FAQ

Q:「破壊したモンスター攻撃力守備力」は、戦闘破壊したときの値ですか?墓地での値ですか?
A:墓地での値です。(カードに記載されている値)


Tag: 《E−HERO インフェルノ・ウィング》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 悪魔族 攻2100 守1200 HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告