E−HERO(イービルヒーロー) インフェルノ・ウィング/Evil HERO Inferno Wing》

融合・効果モンスター
星6/炎属性/悪魔族/攻2100/守1200
「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ」
このカードは「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の攻撃力と元々の守備力の内、高い方の数値分のダメージを相手に与える。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した炎属性悪魔族融合モンスター
 《ダーク・フュージョン》による融合召喚でしか特殊召喚できない召喚条件貫通ダメージを与える永続効果モンスター戦闘破壊して墓地へ送った場合にその攻撃力または守備力の高い方の数値分のダメージを与える誘発効果を持つ。

 融合素材を同じくする《E・HERO フレイム・ウィングマン》よりも与えるダメージは大きくなりやすいが、その分召喚条件は厳しくなっている。
 《E・HERO フレイム・ウィングマン》と違い、破壊したモンスターステータス表示形式によって、ダメージが減少することがない。
 攻撃が通れば、《E・HERO フレイム・ウィングマン》攻撃させた時以上に、相手に大きなダメージを与えることができる。

 ただし、《E・HERO フレイム・ウィングマン》と同様に攻撃力が低く、肝心の戦闘破壊が難しいのが難点。
 幸い、《覇王城》《E・HERO オネスティ・ネオス》と、大幅な攻撃力アップの効果を備え、サーチも容易なカードが2枚も存在するため、補助自体は難しくない。
 これらの補助を加えれば、相手の大型モンスター戦闘破壊した上でライフの半分近くを削り取れる。
 《覇王城》サーチしつつ単体強化2回攻撃を付与する《フェイバリット・ヒーロー》との相性も非常に良好で、状況によっては1ターンキルも見える。
 とは言え、単体での活躍が難しく戦術も読まれやすいことには違いないため、妨害には気を付けておきたいところ。

 《ゴブリン突撃部隊》等のように、守備力0の高攻撃力モンスターには、貫通ダメージも含めて大打撃を与えられるので相性が良い。
 また、《エネミーコントローラー》《重力解除》《月の書》等で攻守の数値が偏っているモンスター表示形式を操作する事で、大ダメージを与えられる。
 例えば、攻撃力0・守備力3000の《千年の盾》攻撃表示に変更して戦闘破壊した場合、実に5100ものダメージを与える。

 特に、《トーチ・ゴーレム》は上記の「高攻撃力・低守備力守備表示モンスターを能動的に送りつけられる点で非常に相性が良い。
 《トーチ・ゴーレム》守備表示特殊召喚し、このカード戦闘破壊することで、相手に4800ダメージトークンを2体得られる。
 《E・HERO オネスティ・ネオス》の強化を加えれば7300となり、1ターンキルに近い値まで届く。
 《火霊術−「紅」》射出すればそのままゲームエンドに持ちこむことすらできる。

関連カード

効果関連

―同じ融合素材融合モンスター

―《E−HERO インフェルノ・ウィング》の姿の見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:「破壊したモンスター攻撃力守備力」は、戦闘破壊したときの値ですか?墓地での値ですか?
A:墓地での値です。(カードに記載されている値)


Tag: 《E−HERO インフェルノ・ウィング》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 悪魔族 攻2100 守1200 HERO E−HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告