EM(エンタメイト)スライハンド・マジシャン/Performapal Sleight Hand Magician》

効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻2500/守2000
(1):このカードはPモンスター以外の自分フィールドの
「EM」モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、手札を1枚捨て、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 STARTER DECK(2016)で登場した光属性魔法使い族最上級モンスター
 ペンデュラムモンスター以外のEMリリースして特殊召喚できる召喚ルール効果手札1枚を捨てることで表側表示カード破壊する起動効果を持つ。

 (1)の効果により、【EM】ならば特殊召喚しやすい。
 ただ主要の【EM】ペンデュラムモンスターが中心のため、このカードを採用しても特殊召喚できる機会は少ない。
 もっとも、《EMオッドアイズ・ユニコーン》などを使えばペンデュラム召喚可能であるため、消費も考えれば無理に自身の効果特殊召喚する必要はない。

 《EMフレンドンキー》とは相性が良く、墓地の非ペンデュラムEM蘇生することで、ディスアドバンテージ無しでこのカード特殊召喚できる。
 《EMフレンドンキー》自体もペンデュラムモンスターではないため、場合によってはそちらをリリースしても良いだろう。
 《EMレビュー・ダンサー》特殊召喚しやすく、魔法使い族サポートを併用できる点で相性が良い。

 (2)の効果手札コストの種類に制限がないため発動しやすいが、セットカード破壊できない点がネック。
 一斉攻撃の前の露払いとして不確定なセットカード除去するといった役割は果たせない。
 セットカード除去したいならエクシーズモンスターなどでも十分対応可能のため、あくまでオマケに除去効果があるアタッカーとして使うことになる。

 効果自体は悪くはないため、EMを採用していなくても【魔法使い族】最上級モンスターとして採用できなくもない。
 その場合は、万能な除去である《神聖魔導王 エンディミオン》もいるため、どちらを優先するかはよく考えたい。

  • 「スライハンド」とは英語の「Sleight of Hand」から生まれた和製英語であり、ギミックを仕込んだ道具なしに手先の技術だけで行う手品を指す。
  • 右手にボールを、左手にステッキを持ち、奇術師といった風貌の上半身をしている。
    一方で下半身は鉱物のようであり、ARC-V作中にて榊遊矢が所持するペンダントによく似ている。
  • コナミのゲーム作品において―
    最強カードバトル!ではこのカードと共にSTARTER DECK(2016)カードも収録という触れ込みが為されたが、ゲーム中だけではこのカードは入手できない。
    後にキャンペーンコードが配布されそのコードを入力すれば入手できるのだが、他のDUEL TERMINALで登場していないモンスターたちと同様、ポリゴンなどは用意されていない。

関連カード

―《EMスライハンド・マジシャン》の姿が見られるカード

ペンデュラムモンスター以外のEMモンスター

融合モンスター

収録パック等


Tag: 《EMスライハンド・マジシャン》 モンスター 効果モンスター 星7 光属性 魔法使い族 攻2500 守2000 EM

広告