No.(ナンバーズ)107 銀河眼の時空竜(ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン)/Number 107: Galaxy-Eyes Tachyon Dragon》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
レベル8モンスター×2
自分のバトルフェイズ開始時に1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの効果は無効化され、
その攻撃力・守備力は元々の数値になる。
この効果を適用したターンのバトルフェイズ中に相手のカードの効果が発動する度に、
このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで1000ポイントアップし、
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した光属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 バトルフェイズ開始時発動できる誘発効果を持つ。
 効果解決時に自身以外の全てのモンスター効果無効にし、攻撃力守備力リセットする。
 また、その後相手カードの効果発動するとチェーンブロックを作らず攻撃力を上げ、2回攻撃が可能となる(残存効果)。

 自身以外の全ての表側表示モンスター効果を永続的に無効にし、更にステータスを元々の数値に戻すためにモンスターに与える影響力は大きい。
 相手モンスターに対して発動する場合は、破壊耐性を持つモンスター効果ステータスを決める攻撃力?のモンスター等に強い。
 この効果対象を取らないため、《神縛りの塚》と併用されている《邪神アバター》の様な強固な耐性戦闘能力を誇るモンスターをも容易に無力化できる。
 モンスター効果以外の要因でステータスが変化している場合にも有効であるため、装備カードモンスター強化を行うデッキに対しても効果的である。
 ただし、無効にしたいモンスターが1体だけならば、相手ターンにもけん制できる《神竜騎士フェルグラント》を優先した方が良い。

 自分モンスターに対して使用する場合は、《フォトン・スラッシャー》等のデメリット効果を持つモンスターと併用することでデメリットを打ち消せる。
 ステータスがダウンするモンスターに使用すれば本来の高い攻撃力に戻すことができ、特に自身のエクシーズ素材にもなる《神獣王バルバロス》《銀河騎士》とは好相性である。
 その他ではドラゴン族通常モンスターステータスを0にして特殊召喚する聖刻や、敵味方問わず攻撃力を半減する《ブラック・ガーデン》と組ませてもいい働きをする。

 誘発効果適用後のバトルフェイズ中に相手カード発動した場合は、攻撃力を上昇させて2回攻撃を可能にする効果も持つ。
 もっともこの効果相手に依存するので扱いにくく、相手発動したカード《次元幽閉》等でこのカード除去されれば、攻撃力アップも2回攻撃も意味がない。
 戦況にもよるが、《A・O・J カタストル》マドルチェ等の強制効果を持つモンスターは、無効効果と合わせて絶好の標的となる。
 攻撃しているこのカード除去しようとして相手魔法・罠カードを使ってきた時に《禁じられた聖槍》耐性を与えてやれば攻撃力ダウンを帳消しにしつつ2回攻撃できるので相性が良い。
 だが、そもそもこのカードに重ねられる《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》が条件なしに2回攻撃できるため、こちらの効果を優先する意義は薄い。
 実際に使用する機会が少ない効果のため、あくまで無効効果を主軸と考えこちらの効果発動できればラッキーと思った方がいいだろう。

 レベルモンスター2体というエクシーズ召喚が行いやすいギャラクシーアイズであるため、《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》に繋ぎやすいのもこのカードの特徴である。
 同様の事は《銀河眼の光波竜》《No.62 銀河眼の光子竜皇》にも言えることであるため、そちらの用途で採用する場合は各々の特徴を見て採用する方を決めると良いだろう。
 こちらは《RUM−七皇の剣》への対応と《タキオン・トランスミグレイション》手札からの発動に対応しているのが利点である。

 レベルモンスターを並べる手段が豊富でありサポートカードにも対応して【ギャラクシー】ではほぼ採用されるモンスターである。
 前述のようにデメリット効果を持つ《フォトン・スラッシャー》ステータスダウンが生じる《銀河騎士》も採用しやすいデッキであるため、状況次第では一気にラッシュをかけられる。
 このカード自体もギャラクシーであるため《銀河騎士》妥協召喚の条件を満たすことができ、その場合は2体のランクモンスターが並ぶのでゲームエンドにも容易に持って行ける。
 特に《銀河零式》とは抜群の相性であり、蘇生させた攻撃力0のモンスター攻撃力を元に戻せたり、このカード自身を蘇生させて《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》に繋げることが可能である。

 この他にはレベルモンスターが多く効果無効化がメリットになることが多い【Sin】や、ステータスリセットメリットとなる【聖刻】でも採用が期待できる。
 後者ではレベル8軸は勿論の事、レベル6軸であっても《聖刻龍王−アトゥムス》《RUM−アストラル・フォース》を使用する方法でもエクシーズ召喚可能である。
 エクストラデッキは圧迫するが、このカードから繋げる2種のギャラクシーアイズ《RUM−七皇の剣》及び《CNo.107 超銀河眼の時空龍》と合わせる形で採用すれば高い爆発力を生み出す。
 【ギミック・パペット】等のランク8を得意とするデッキでもその点を踏まえれば採用候補になり得るだろう。
 専用カウンター罠である《タキオン・トランスミグレイション》を最大限利用するために、レベル8である《冥王竜ヴァンダルギオン》を採用した【パーミッション】に採用しても面白い。

  • 「タキオン(Tachyon、ギリシャ語の「速い」の意より)」とは、超光速で動き、時間を逆行するとされる仮想の粒子である。
    アストラルがアニメ版の効果を「過去に戻って、そこで自分に有利な未来を選択する」と評したのもこれが理由だろう。
    今のところ実在は確認されておらず、今日ではもっぱらSF作品に登場することが多い用語である。
  • イラストでは、頭部の右側に自身のナンバーである「107」が書かれている。
  • エクシーズ召喚時の口上は「宇宙を貫く雄叫びよ、遥かなる時をさかのぼり銀河の源よりよみがえれ!顕現せよ、そして我を勝利へと導け!《No.107 銀河眼の時空竜》!」。
  • アニメでは「時空竜(タキオン・ドラゴン)」と名のついたモンスターをサポートする速攻魔法《タキオン・ドライブ》が登場し、そのイラストに描かれている。
    また、通常罠《ニュートリノ・ダウジング》や永続罠時空陽炎翼(タキオン・フレア・ウィング)》にも描かれている。

関連カード

―《No.107 銀河眼の時空竜》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エクシーズ素材を外すだけで2回攻撃を行うことができますか?
A:いいえ、できません。(16/02/25)

Q:相手カード効果発動する度に攻撃力が上昇する処理は、チェーンブロックを作りますか?
A:このモンスターが持つ効果は、バトルフェイズ開始時に発動できる誘発効果一つのみです。
  他の部分は誘発効果に付随する処理であり、チェーンブロックを作りません。(13/02/16)

Q:無効化は、そのカード墓地に送られた後発動する効果無効化できますか?
A:いいえ、無効化されません。(13/02/16)

Q:《闇》が存在する時に、元々の攻撃力が2000の悪魔族無効化・数値変化効果を受けました。
  攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は2000になります。なお、その状態で《闇》破壊されても攻撃力は2000のままとなります。(13/02/16)

Q:フィールドにこのモンスターしか存在しない時、効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/02/17)

Q:フィールドにこのモンスターと「数値が変動していない通常モンスター」しか存在しない時、効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/02/17)

Q:フィールドにこのモンスターと「《突進》効果を受け数値が変動した通常モンスター」しか存在しない時、効果発動できますか?
A:はい、できます。(13/02/17)

Q:フィールドにこのモンスター《サイバー・ドラゴン》しか存在しない時、効果発動できますか?
A:発動できます。(13/02/23)

Q:フィールドにこのモンスター《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》(効果として扱わないテキストのみを持つ)しか存在しない時、効果発動できますか?
A:発動できます。(13/03/14)

Q:フィールドにこのモンスターと数値が変動していない《E・HERO マッドボールマン》しか存在しない時、効果発動できますか?
A:発動できます。(13/03/14)

Q:フィールドにこのモンスター《進化する人類》の効果で元々の攻撃力が2400となった通常モンスターしか存在しない時、効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/02/24)

Q:フィールドにこのモンスターと数値が変動していない《クリッター》しか存在しない時、効果発動できますか?
A:発動できます。(13/02/24)

Q:フィールドにこのモンスターと既にこのモンスター効果適用されたモンスターのみが存在する場合、効果発動できますか?
A:発動できません。(13/02/24)

Q:フィールドにこのモンスターと、《デモンズ・チェーン》によって効果無効になっている攻守の変動していないモンスターのみが存在する場合、効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/03/14)

Q:無効効果を受けた《スターダスト・ドラゴン》効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  ただし効果無効となっているため適用されず、自身をリリースして発動する効果無効となっているためエンドフェイズに自身を特殊召喚する効果発動しません。(13/02/22)

Q:「《進化する人類》効果を受け元々の攻撃力が1000となった《カース・オブ・ドラゴン》」が数値変動効果を受けた場合、数値はどうなりますか?
A:1000のままとなります。(13/02/20)

Q:このカードバトルフェイズ開始時に発動した効果の処理時にフィールド上にこのカード以外の全てのモンスター表側表示で存在しなくなり、効果無効にして攻撃力守備力を元々の数値にする処理ができなかった場合でも、「この効果適用したターンバトルフェイズ中」の効果適用されますか?
A:はい、その場合でも相手カードの効果発動した場合適用されます。(13/02/22)

Q:バトルフェイズ開始時に発動した効果適用された後で相手《スキルドレイン》発動した場合、このカード攻撃力がアップする効果と2回攻撃できる効果無効になりますか?
A:その場合、攻撃力がアップする効果無効になりますが、2回攻撃できる効果適用され2回攻撃できます。(13/03/02)

Q:誘発効果適用中、相手カード発動した際に自分カウンター罠でその発動無効にした場合、1000アップと2回攻撃適用されますか?
A:本来であれば相手効果の解決時に1000アップと2回攻撃適用されますが、発動無効となった場合1000アップと2回攻撃適用されません。(16/01/10)


Tag: 《No.107 銀河眼の時空竜》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 No. ギャラクシー ギャラクシーアイズ ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン

広告