No.(ナンバーズ)77 ザ・セブン・シンズ/Number 77: The Seven Sins》

エクシーズ・効果モンスター
ランク12/闇属性/悪魔族/攻4000/守3000
レベル12モンスター×2
このカードは自分フィールドのランク10・11の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードの(1)の効果は発動できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て除外し、
除外したモンスターの中から1体を選んでこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

 PREMIUM PACK 18で登場した闇属性悪魔族エクシーズモンスター
 ランク10・11の闇属性エクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚できる効果外テキスト特殊召喚されたモンスター除外してエクシーズ素材にする起動効果エクシーズ素材身代わりとした破壊耐性永続効果を持つ。

 レベル12のモンスターは数が少ない上に、《花札衛−桐−》以外は特殊召喚モンスターで、さらに一癖も二癖もあるような召喚条件を持つものばかりなので、通常手順でエクシーズ素材を揃えるのは困難である。
 基本的に、闇属性ランク10か11のエクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚した方が良い。
 《No.84 ペイン・ゲイナー》を経由すれば、ランク8〜9を主体とするデッキからも簡単にエクシーズ召喚できる。
 最も簡単なのは《RR−ラスト・ストリクス》《烏合無象》効果《RR−アルティメット・ファルコン》特殊召喚する方法だが、素材を補充しなければ(1)の効果は使えないため、ほぼアタッカーとしての運用となる。
 この使い方の場合、エクストラデッキさえ埋めておけばメインデッキを圧迫しなくて済むため、【RR】以外でも《RR−ラスト・ストリクス》を中心とした【金華猫】などのデッキにセット採用しても良いだろう。

 レベルを変更する効果を使用すれば通常手順でも出せなくもなく(1)の効果を即座に使える。
 【ガガガ】では墓地レベルモンスターが存在し、フィールド《ガガガカイザー》《ガガガシスター》を揃えることでエクシーズ召喚できる。
 《ガガガシスター》召喚成功時にサーチした《ガガガリベンジ》《ガガガカイザー》蘇生すれば手札消費は1枚で済む。
 【ガガガ】なら様々なランクカードを入れられるため、状況に応じて重ねて出す方法とを使い分けることもできる。
 ただし、【ガガガ】は元々エクストラデッキが枠が非常に厳しく、より気軽に出せる《真竜皇V.F.D.》もいるため、あくまで出せる範囲の一つである。
 それ以外では、自身の効果《闇次元の解放》の様な帰還カードを組み合わせて《D−HERO ディアボリックガイ》2体をフィールドに並べ、《タンホイザーゲート》発動する手もある。
 何らかのレベル12モンスターと適当なモンスターを並べて《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》発動しても良いが、難易度が高すぎるため重ねた方が良い。
 一方、《アルティマヤ・ツィオルキン》を使用するデッキではデュエル中にレベル12のモンスターが2体並ぶ状況が発生しやすいため、このカードを1枚入れておくといざと言う時にアタッカーになることは覚えておきたい。

 (1)の効果対象を取らない全体除外と、除外したモンスターの内1体をエクシーズ素材にできるもの。
 もっとも、デメリットによりこの効果発動できるのは大抵は次の自分ターンとなる。
 大抵は《No.84 ペイン・ゲイナー》を経由し、あちらも全体除去効果も持つため、使えないことがデメリットになることは少ない。
 基本的にこちらの効果はこのカードを守り切れた場合の見返りの様なものと捉えてよい。

 (2)の効果により破壊耐性があるため、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》にも耐えることができる。
 しかし、現環境では破壊以外の除去も蔓延しており決して油断はできないため、万全を期すならば他のカードも用いて防御しておきたい。
 自身の召喚条件効果の関係上、《エクシーズ・ヴェール》との相性はなかなか良い。
 自身の効果対象を取らない除去のため効果の妨げにならず、エクシーズ素材も複数保持しやすいので防御できる機会は多い。

 召喚条件の関係上エクシーズ素材の数が増えやすく、元々の攻撃力の高さも相まって《ストイック・チャレンジ》とは相性が良い。
 闇属性ランク8〜10⇒《No.84 ペイン・ゲイナー》⇒このカードと繋げるだけでエクシーズ素材が4つになるため、攻撃力2400以下のモンスターとの戦闘1ターンキルになる。
 更にこのカード耐性永続効果なので《ストイック・チャレンジ》による自壊も防ぐことが可能になる。

  • 「セブンシンズ」とは「七つの大罪」のことである。
    キリスト教のカトリック教会における用語であり、「罪」そのものというよりは、人間を罪に導く欲望や感情のことを指す。
    元々は「八つの枢要罪」であったのだが、6世紀後半ごろに現在の形に改められている。
    それぞれの罪には対応する悪魔が存在しており、遊戯王OCGでもそれらをモチーフとしたと思わしきカードが何枚か登場している。
    なお、現在のところ「強欲」に対応する悪魔「マモン」をモチーフとしたモンスターのみ登場していない。
  • ただし、上記の大罪や対応する悪魔は日本で一般的に言われているものであり、「傲慢」に対応する悪魔は「ベリアル」であるという説や、「怠惰」に対応する悪魔は「アスタロス」であるという説も存在する。
    また、元の言葉が日本語に翻訳される際に微妙にニュアンスが変わってしまうこともあり、一例として「envy(嫉妬と羨望)」が挙げられる。
  • エクシーズ召喚時の口上は「化天を司る糸よ!儚き無幻となりて我が滅び行く魂を導け!!エクシーズ召喚!!現れろ!!《No.77 ザ・セブン・シンズ》!!!」。

関連カード

―蜘蛛をモチーフとするカードの一覧は《蜘蛛男》を参照。

―七つの大罪関連

このカードのエクシーズ素材にできるランク10・11の闇属性エクシーズモンスター

ランク10

ランク11

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自身の効果特殊召喚した《バトルフェーダー》をこのカードの効果除外しました。
  この《バトルフェーダー》エクシーズ素材としてこのカードの下に重ねる事はできますか?
A:《バトルフェーダー》エクシーズ素材とする事はできません。(16/03/18)

Q:《不知火の宮司》をこのカードの効果除外しました。
  この《不知火の宮司》エクシーズ素材とした場合、《不知火の宮司》除外された場合の効果発動できますか?
A:この場合、《不知火の宮司》効果発動するする事はできません。(17/01/21)


Tag: 《No.77 ザ・セブン・シンズ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク12 闇属性 悪魔族 攻4000 守3000 No.

広告