RUM(ランクアップマジック)七皇の剣(ザ・セブンス・ワン)/Rank-Up-Magic - The Seventh One》

通常魔法
自分のドローフェイズ時に通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、
そのターンのメインフェイズ1の開始時に発動できる。
「CNo.」以外の「No.101」〜「No.107」の
いずれかをカード名に含むモンスター1体を、
自分のエクストラデッキ・墓地から特殊召喚し、
そのモンスターと同じ「No.」の数字を持つ「CNo.」と名のついたモンスターを
その特殊召喚したモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
「RUM−七皇の剣」の効果はデュエル中に1度しか適用できない。

 PRIMAL ORIGINで登場した通常魔法
 通常のドロー手札に加えた自身をメインフェイズ1開始時まで公開することで発動でき、特定のCNo.エクシーズ召喚する効果を持つ。

 デュエル中に1度しか効果適用できない上、特別な処理により簡単には発動できない。
 通常のドローをしたこのカード公開する必要があるため、カード効果ドローした場合や、《魔導雑貨商人》等で手札に加えた場合は勿論、初手に含まれていた場合も発動できない。
 通常のドロードローできても、公開したところを《マインドクラッシュ》で落とされる可能性もある。

 ドローしやすくするために複数枚投入すると事故の危険を高めるので、1枚だけ投入し、引ければラッキーという感覚で運用したほうが良い。
 《ゾンビキャリア》《エッジインプ・シザー》などによるデッキトップ操作を組み合わせるか、魔法カードコストにできるカードを採用して無駄をなくすことができればなお良い。
 《森羅の施し》《フラボット》を採用する【森羅】《エッジインプ・シザー》を採用する【ファーニマル】等のデッキでは、デッキトップを操作しやすいので発動を成功させやすい。
 その他、《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》《SNo.0 ホープ・ゼアル》を使用する【希望皇ホープ】【金華猫】のようなデッキでも手札コストとして処理できるため相性が良い。

 ただし普通のデュエルでは、デュエル中に引いて発動できる確率よりも初手に来てしまう確率の方が高い。
 このカードは初手に来た時点で腐ることとなり、デッキに戻すカードがなければブラフコストにしか使えない。
 一枚でも機能するカードと言えば聞こえは良いが、上述したカード群との組み合わせを構築段階で考慮しておくべきだろう。
 またドローではなくサーチ効果を多用するデッキならば、このカード通常のドローで引く確率は高まるので、その様なデッキピン挿しすることも考えられる。

 発動条件が厳しい分、追加効果発動条件を満たしたCNo.をたった1枚で即座に出せる。
 一度発動してしまえばデメリット無しで大型モンスターを扱えるため、詰めの一手にも逆転の切り札としても十分に力を発揮できる。
 ただし、エクシーズ素材は1つしかないので、ほとんどのCNo.は1度だけしか効果発動できない。

  • このカード公開は、適用のうちには含まれない。
    そのため、公開した後何らかの事情で適用しなかった、もしくはできなかった場合は、2枚目以降の《RUM−七皇の剣》を適用することはできる。
    また、公開しなければならないため、《二重魔法》で選択すること自体できない。(14/02/22)
  • アニメにおけるテキストは以下の通り。
    自分のエクストラデッキ・フィールド上・墓地の「No.10X」と名のついた 
    モンスターエクシーズ1体を選択して発動できる。(Xは1〜7の任意の数値) 
    選択したモンスターがエクストラデッキ・墓地に存在する場合、 
    選択したモンスターを召喚条件を無視して自分フィールド上に特殊召喚する。 
    この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 
    その後、選択したモンスターよりランクが1つ高い「C」と名のついたモンスターエクシーズ1体を、 
    自分のエクストラデッキから、選択モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できる。
    型破りなテキストと強力な効果からOCG化は難しいと考えられていたが、アニメでの効果をほぼ忠実に再現してのOCG化となった。
    また、OCGイラストはアニメよりも赤い光が輝きを増すように描き直されている。
  • ナッシュが使用した速攻魔法《サーフェース・ランクアップ》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE SPでは「Dドローシステム」により、あらかじめ設定しておけばデュエル後半では容易に発動条件を満たせるパワーカードとなっている。
    また七皇の他、真月も正体の兼ね合いからかこのカードを使用しDドローに指定している。

関連カード

メインフェイズ1の開始時に発動できるカード《大寒波》を参照

対象カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ドローフェイズにこのカード公開するのは効果ですか、それともコストですか?
A:このカード発動するためのコストカードの効果ではなく、このカード発動するための手順となります。(14/02/17)

Q:ドローフェイズにこのカード公開する効果の種別はなんですか?
  また、このカード公開する効果を使った後、《マインドクラッシュ》によって効果発動できなかった場合、次のターン以降で2枚目の《RUM−七皇の剣》を発動できますか?
A:魔法カードとなるため、モンスター効果のような種別はありません。
  手札から発動する前に捨てられた場合、次のターン以降でドローフェイズからの手順を踏んだ場合、2枚目を発動することができます。(14/02/15)

Q:正規の手順で発動する場合、メインフェイズ1の開始時の発動カードの発動として扱われますか?効果の発動として扱われますか?
A:カードの発動として扱います。(14/02/21)

Q:このカード公開してそのターンメインフェイズ1の開始時に発動しなかった場合、公開したこのカード相手に見えないように裏向きの状態に戻しますか?
A:はい、裏向きに戻し、そのカードは次のターン以降に発動する事ができなくなります。(14/02/15)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》《連続魔法》効果によってこのカード効果を使うことはできますか?
A:できますが、それらを含めてデュエル中一度しかこのカード効果適用することはできません。(14/02/15)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果メインフェイズ1の開始時以外のメインフェイズのタイミングで墓地のこのカードの効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/02/19)

Q:フィールド上に《クリアー・ワールド》が存在し、自分フィールド上に光属性モンスターが存在します。
  この時、通常のドローで《RUM−七皇の剣》をドローした場合、《RUM−七皇の剣》を発動はできますか?
A:ご質問の状況の場合でも、《RUM−七皇の剣》は通常通り発動する事ができます。(14/02/19)

Q:《正々堂々》などの効果によって手札公開されている場合も発動できますか?
A:はい、その場合でも発動できます。(14/02/19)

Q:手札から公開する効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、公開する際にチェーンブロックは作られません。(14/02/16)

Q:このカード発動効果無効にされた場合、発動条件を満たした2枚目のこのカード発動することはできますか?
A:はい、2枚目のこのカード発動することができ、効果適用されます。(14/04/03)

Q:このカード効果解決時《虚無空間》発動され特殊召喚する処理ができなった場合、このデュエル中にもう1度このカード発動する事ができますか?
A:いいえ、できません。(14/02/19)

Q:《ナチュル・バンブーシュート》などの効果で、魔法カード発動ができない状況の場合、ドローしたこのカード公開する事はできますか?
A:はい、その場合でも公開できます。(14/02/27)

Q:相手《サイバー・ブレイダー》の『このカード相手魔法効果モンスター効果無効にする』効果適用中に、自分ドローしたこのカード公開する事はできますか?
A:はい、その場合でも公開できます。(14/02/27)

Q:既に効果適用したデュエル中に、このカード発動空撃ち)する事はできますか?
A:いいえ、できません。(14/02/21)

Q:フィールド上に《ブラック・ガーデン》が存在し、このカード発動しました。
  その場合ローズ・トークンは何体特殊召喚されますか?
A:その場合、エクシーズ召喚《ブラック・ガーデン》効果は2回発動し、ローズ・トークンが2体特殊召喚されます。(14/02/27)

Q:相手もしくは自分フィールド上に《オシリスの天空竜》が存在します。
  自分もしくは相手がこのカード発動した場合、先にエクシーズ素材として特殊召喚するモンスター《オシリスの天空竜》効果を受けますか?
A:ご質問の状況の場合、エクシーズ召喚後に《オシリスの天空竜》効果は2回発動します。
  なお、《オシリスの天空竜》効果攻撃力が下がるのは、特殊召喚されたエクシーズモンスターのみとなります。(14/02/27)

Q:《サモンリミッター》適用中、自分ドローフェイズ《リビングデッドの呼び声》モンスターを1体特殊召喚しました。
  この時ドローしていたこのカード公開して発動した場合、No.特殊召喚した後にCNo.エクシーズ召喚されますか?
A:その場合、このカード発動することはできません。(14/03/15)

Q:《御前試合》適用中、フィールド《閃光の結界像》が存在しています。
  エクストラデッキ《No.104 仮面魔踏士シャイニング》《CNo.104 仮面魔踏士アンブラル》のみが存在する場合、発動できますか?
A:その場合、このカード発動することはできません。(16/07/23)

Q:《御前試合》適用中、フィールド《閃光の結界像》が存在しています。
  エクストラデッキ《No.104 仮面魔踏士シャイニング》《CNo.104 仮面魔踏士アンブラル》《No.107 銀河眼の時空竜》《CNo.107 超銀河眼の時空龍》のみが存在する場合、《No.104 仮面魔踏士シャイニング》特殊召喚できますか?
A:その場合、必ず《No.107 銀河眼の時空竜》《CNo.107 超銀河眼の時空龍》特殊召喚しなければいけません。(16/07/23)

Q:自分ドローフェイズ通常のドローをしたこのカード公開した後、相手スタンバイフェイズ《氷結界の龍 トリシューラ》シンクロ召喚し、その効果によって自分手札の別のカードランダムに1枚除外されました。この時、公開していたこのカードランダム手札を1枚選ぶために非公開状態となりましたが、その後、このカードを改めて公開し直し、メインフェイズ1の開始時に発動することはできますか?
A:ご質問の状況の場合でも、このカード発動する事ができます。(17/03/15)


Tag: 《RUM−七皇の剣》 魔法 通常魔法 RUM

広告