WW(ウィンド・ウィッチ)−クリスタル・ベル/Windwitch - Crystal Bell》

融合・効果モンスター
星8/風属性/魔法使い族/攻2800/守2400
「WW−ウィンター・ベル」+「WW」モンスター
「WW−クリスタル・ベル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、自分の墓地の、
「WW−ウィンター・ベル」1体とレベル4以下の「WW」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した風属性魔法使い族融合モンスター
 墓地モンスターの名前と効果をコピーする起動効果破壊され墓地へ送られた場合に《WW−ウィンター・ベル》下級WW蘇生する誘発効果を持つ。

 《WW−ウィンター・ベル》WWだけでもシンクロ召喚できるため、融合素材を揃えること自体は難しくはない。
 ただ、シンクロモンスター融合素材にする点は重い
 融合素材代用モンスター《ミラクルシンクロフュージョン》は使えるものの、その場合は(2)の効果蘇生対象が不在になる。
 《WW−ウィンター・ベル》から《パラサイト・フュージョナー》特殊召喚し追撃するのも手である。
 (2)の効果の条件を無理に整えることを考えず、下級WW《パラサイト・フュージョナー》で出してアタッカーとするのも手か。
 《WW−ウィンター・ベル》WWの正規の融合素材で出す場合は(2)の効果フィールド融合しやすいので、融合モンスターを戻しつつドローができる《置換融合》の方が良い。
 《超越融合》を利用するのも手で、《WW−ウィンター・ベル》《WW−スノウ・ベル》の組み合わせならば、同時に《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》も並べる事ができる。

 《轟雷帝ザボルグ》《ゲール・ドグラ》《WW−ウィンター・ベル》2体と《捕食植物キメラフレシア》墓地に送れば《ミラクルシンクロフュージョン》でこのカード融合召喚できる。
 さらにその際、効果をコピーしたいモンスターも一緒に墓地に置けばその効果を利用できる。
 攻撃力が10000アップする《混沌幻魔アーミタイル》やノーコスト除去ができる《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》全体除去相手墓地利用を妨害できる《レインボー・ネオス》が候補。
 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》の名称をコピーして《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》につなげたり、CNo.101〜107から《CX 冀望皇バリアン》といったことも可能。
 《アルティマヤ・ツィオルキン》効果レベルドラゴン族シンクロモンスターを出してそのまま攻撃し、エクシーズ召喚につなげることもできる。
 変わったところでは《ライフ・ストリーム・ドラゴン》を出して《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》につなげることもできる。

 (1)は墓地モンスター効果をコピーする効果
 WWはコピーしても適用できない効果や、カード名を指定する形で1ターンに1度の制限があるカードばかりである。
 また、相手墓地モンスターも選択できるが、都合よく墓地にいるとは限らない。
 コピー効果を積極的に活かすなら自分WW以外のモンスターも併用したい。
 コピー対象を用意する場合はWW《パラサイト・フュージョナー》融合召喚可能な《召喚獣ライディーン》と併用するのも一つの手。
 あちらは《簡易融合》による特殊召喚もできるため、《WW−スノウ・ベル》と他のシンクロ素材にしても良い。

 (2)の効果墓地《WW−ウィンター・ベル》WW下級モンスター1体を蘇生する効果
 融合召喚手段を揃えて再度融合召喚に繋ぐ他、WWチューナー蘇生させ、シンクロモンスターに繋ぐ手も考えられる。

  • リンは2体目のこのカード特殊召喚する際に「クリスタル・ベルを呼び戻す」と発言している。
    台詞だけを聞くと1体目が蘇生された様に勘違いされがちだが、実際の処理ではエクストラデッキから2体目を出しているため「呼び戻す」という表現は余り適切ではない。
  • 融合次元に誘拐される前のリンのデッキには入っていなかったカードである。
    (ユーゴの発言などから、それまでリンは融合召喚をしたことがないはずなので当然ではあるが)

関連カード

カード名効果をコピーする効果を持つカード《ファントム・オブ・カオス》を参照。

収録パック等


Tag: 《WW−クリスタル・ベル》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 風属性 魔法使い族 攻2800 守2400 WW

広告