X・E・N・O(ゼノ)/Jowls of Dark Demise》

効果モンスター
星2/水属性/悪魔族/攻 200/守 100
リバース:相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択し、
エンドフェイズ時までコントロールを得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは、
このターン相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した水属性悪魔族下級リバースモンスター
 相手モンスターエンドフェイズ時までコントロール奪取し、そのモンスター直接攻撃能力を付与する誘発効果を持つ。

 モンスター効果《心変わり》の強化版であり、コントロール奪取した上に直接攻撃能力を付与する強力な効果を持つ。
 だが、リバースさせなければ使えない効果ゆえに扱いが難しく、自分ターンリバースしなければ直接攻撃効果も活かせず、コントロール奪取したモンスターも活用しにくい。

 《太陽の書》《砂漠の光》等を使い、能動的にリバースさせて遅効性を克服したり、《威嚇する咆哮》等でターンを跨いで守ったりする事で扱いやすくなる。
 もっともエンドフェイズには戻ってしまうため、シンクロ素材エクシーズ素材に活用したり、何らかのコストリリースするカード等で処理したりすると良いだろう。
 安定性には難があるが、《強制終了》ならばコントロール奪取後の処理と防御を1枚で行える。
 なおテキストの差異から、霊使いのように《月の書》等でモンスターを永続的にコントロール奪取できないが、代わりに裏側表示モンスターも奪取できる。

 このカードは類似カードに比べると種族表示形式の指定もない上に追加効果まで付与するが、属性種族レベルの点から、一概に上位互換とは言えない。
 共通のリバースモンスターサポートである《占術姫コインノーマ》に対応せず、ステータスが他と比べ低いため棒立ちになった場合に直接攻撃に等しいダメージが発生する。
 代わりに水属性であるために《サルベージ》に対応し、《魔界発冥界行きバス》サーチできる。
 水属性軸の【追い剥ぎハンデス】ならば、《ペンギン・ソルジャー》《裏ガエル》と多くのサポートカードを共有できる。
 この他、《門前払い》《デスカウンター》があれば、コントロール奪取したモンスター直接攻撃した上で、そのモンスター除去することも可能である。

  • 「XENO」とは「異物」という意味。
    また、英語名の「Jowl」は「顎」、「Demise」は「終焉」を意味する。
    真DM2のグラフィックを見る限り、竜の顎の中にいる寄生体こそが本体のはずなのだが……。
  • コナミのゲーム作品において―
    元々は真DM2で登場したオリジナルカード
    「旧神族」という特殊な種族に分類されるモンスターだった。
    「バトルで破壊されると周囲1マスをウィルス地形に変更する」という旧神族共通効果のほか、「バトルで表に返ると、その相手を永続的にコントロールできる」「そのモンスターがバトルで倒されると、自軍召喚エリアに復活する」という効果も持っていた。
    二重のとして機能したり、地形効果を得た相手の切り札を奪う事で直接攻撃を狙ったりするという利点があり、OCGでもこの使用方法が再現されている。
  • OCGイラストからは分からないが、ゲーム中ではドラゴンの生首から赤い触手が生えているという、グロテスクな外見を持つ。
    攻撃時には生首から目や脚が展開されて蟹のような姿に変形し、ハサミで攻撃する姿が見られる。
    DS版ゲームでも、この攻撃時の姿で描かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上のモンスターコントロールを得て、そのモンスター《亜空間物質転送装置》効果によって一時的に除外しました。
  エンドフェイズ時に戻ってくるモンスターコントロールはどちらになりますか?
  《ヴェルズ・サンダーバード》の自身の効果の場合はどうなりますか?
A:いったん自分フィールド上に戻りますが、その後すぐに元々の持ち主フィールド上にコントロールが戻ります。(13/01/16)

Q:このカードモンスター効果コントロール奪取した相手モンスターを、《皆既日蝕の書》裏側表示にしました。
  このターンエンドフェイズ、このモンスターコントロールはどうなりますか?
A:その場合、エンドフェイズ時にはモンスターコントロールが元に戻ります。(11/06/25)


Tag: 《X・E・N・O》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星2 水属性 悪魔族 攻200 守100

広告