《アーカナイト・マジシャン(スラッシュ)バスター/Arcanite Magician/Assault Mode》

効果モンスター
星9/光属性/魔法使い族/攻 900/守2300
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
このカードに魔力カウンターを2つ置く。
このカードの攻撃力は、このカードに乗っている
魔力カウンターの数×1000ポイントアップする。
このカードに乗っている魔力カウンターを2つ取り除く事で、
相手フィールド上のカードを全て破壊する。
また、フィールド上のこのカードが破壊された時、
自分の墓地の「アーカナイト・マジシャン」1体を選択して特殊召喚できる。 

 CRIMSON CRISISで登場した光属性魔法使い族特殊召喚モンスター
 特殊召喚に成功した時に魔力カウンターを置く誘発効果攻撃力強化する永続効果相手フィールド上のカードを全て破壊する起動効果破壊された時に《アーカナイト・マジシャン》蘇生させる任意発動誘発効果を持つ。

 実質コスト魔力カウンター2個になった《メガトン魔導キャノン》
 魔法使い族チューナー《バスター・モード》サーチする《アーケイン・ファイロ》が存在する点から、/バスターの中でも比較的特殊召喚を狙いやすい。

 ただし相手フィールド全体除去をした後は攻撃力が大幅にダウンする欠点があり、追撃要員としては適さない。
 直接攻撃を決めても、《冥府の使者ゴーズ》《トラゴエディア》を呼ばれる可能性もある。

 また、《アーカナイト・マジシャン》自体が除去効果を持っているため、場合によっては「/バスター化の準備はできたが、除去すべきカードがない」という状況も発生しやすい。
 逆に言えば《アーカナイト・マジシャン》効果攻撃力低下デメリットを気にせず使えるようにできるとも言えるため、効果にこだわるよりはアタッカーとして出すことを視野に入れたい。

 《アーカナイト・マジシャン》とは違い、自分フィールド上に存在する魔力カウンターではなく、このカードに乗っている魔力カウンターでないと効果発動できない。
 《魔法都市エンディミオン》魔力カウンターを肩代わりしてもらうことができるが、《魔法都市エンディミオン》が存在するならそれこそ《アーカナイト・マジシャン》攻撃力をキープしつつ根こそぎ相手のカード破壊してしまえるため一層出す意味が薄くなる。

 また破壊されても《アーカナイト・マジシャン》蘇生できるが、その場合《アーカナイト・マジシャン》魔力カウンターは乗らない。
 魔力カウンターを持たない《アーカナイト・マジシャン》ステータスの低いバニラ同然のモンスターとなるため何らかのサポートが必要となり、他の/バスターに比べて余計な手間がかかる。

 結局のところ事故率が上がるにもかかわらず、《アーカナイト・マジシャン》の性質や/バスターの性質とかみ合ってなく使いづらいカードである。
 効果を使った《アーカナイト・マジシャン》の処理に困ったとしても、シンクロ素材エクシーズ素材にする、《ミラクルシンクロフュージョン》《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》融合召喚するなど手段はいくらでもある。

関連カード

―《アーカナイト・マジシャン/バスター》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《見習い魔術師》等の効果でこのカード魔力カウンターを乗せられますか?
A:はい、乗せることが可能です。(08/11/18)

Q:乗せることができる魔力カウンターに上限はありますか?
A;上限はありません。(08/11/19)


Tag: 《アーカナイト・マジシャン/バスター》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星9 光属性 魔法使い族 攻900 守2300 /バスター 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告