《アーカナイト・マジシャン(スラッシュ)バスター/Arcanite Magician/Assault Mode》

効果モンスター
星9/光属性/魔法使い族/攻 900/守2300
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
このカードに魔力カウンターを2つ置く。
このカードの攻撃力は、このカードに乗っている
魔力カウンターの数×1000ポイントアップする。
このカードに乗っている魔力カウンターを2つ取り除く事で、
相手フィールド上のカードを全て破壊する。
また、フィールド上のこのカードが破壊された時、
自分の墓地の「アーカナイト・マジシャン」1体を選択して特殊召喚できる。 

 CRIMSON CRISISで登場した光属性魔法使い族特殊召喚モンスター
 特殊召喚に成功した時に魔力カウンターを置く誘発効果攻撃力強化する永続効果相手フィールドのカードを全て破壊する起動効果破壊された時に《アーカナイト・マジシャン》蘇生させる任意発動誘発効果を持つ。

 《アーカナイト・マジシャン》《バスター・モード》《バスター・モード・ゼロ》を使用することで特殊召喚できる。
 【バスター・モード】では《サイキック・リフレクター》《バスター・スナイパー》または《黒翼の魔術師》《アーカナイト・マジシャン》シンクロ召喚可能なので、出すこと自体はさほど難しくない。
 また、魔法使い族チューナー《バスター・モード》サーチする《アーケイン・ファイロ》も存在するため、【魔法使い族】寄りの構築にする事も難しくはない。

 特殊召喚時に魔力カウンターが2つ乗るので、2000ポイント自己強化され、基本攻撃力は2900となる。
 そして、自身に乗った魔力カウンターを2つ取り除く事で、相手フィールドカードを全て破壊できる。
 ただし、全体除去後は魔力カウンターを失い攻撃力900になってしまうので、追撃能力がない。
 《魔法都市エンディミオン》による魔力カウンター肩代わりは可能だが、それならば《アーカナイト・マジシャン》でも十分な除去ができてしまう。
 そもそも、《アーカナイト・マジシャン》自体が2枚分の除去効果を持っているため、「/バスター化の準備はできたが、除去すべきカードがない」という状況も起こり得る。
 除去効果を使用して攻撃力の下がった《アーカナイト・マジシャン》リリースして出せる打点要員として、アタッカーとして出すことも視野に入るか。

 また、/バスターの共通効果により、破壊されても《アーカナイト・マジシャン》蘇生できる。
 しかしその場合《アーカナイト・マジシャン》魔力カウンターは乗らないので、攻撃力400のバニラ同然となってしまう。

 総合的に見て、《アーカナイト・マジシャン》を正規で出した上で、手札事故の原因となりうるこのカードを出すメリットは薄いと言える。
 このカードの真価は《青天の霹靂》《バスター・リブート》等で直接このカードを出しても全体除去が行える点にあり、この方法ならば《アーカナイト・マジシャン》と役割が被る欠点も関係ない。
 次のターン《バスター・リブート》デッキに戻せば攻撃力を補いつつ再利用もできる。

関連カード

―類似効果

―《アーカナイト・マジシャン/バスター》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《見習い魔術師》等の効果でこのカード魔力カウンターを乗せられますか?
A:はい、乗せることが可能です。(08/11/18)

Q:乗せることができる魔力カウンターに上限はありますか?
A;上限はありません。(08/11/19)


Tag: 《アーカナイト・マジシャン/バスター》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星9 光属性 魔法使い族 攻900 守2300 /バスター 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告