《ウォーター・ドラゴン−クラスター/Water Dragon Cluster》

特殊召喚・効果モンスター
星10/水属性/海竜族/攻2800/守2600
このカードは通常召喚できない。
「ボンディング」魔法・罠カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの効果モンスターはターン終了時まで、
攻撃力が0になり、効果を発動できない。
(2):このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「ウォーター・ドラゴン」2体を
召喚条件を無視して守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−で登場した水属性海竜族特殊召喚モンスター
 特殊召喚に成功した場合に相手効果モンスター攻撃力を0にして効果の発動を封じる誘発効果、自身をリリースして《ウォーター・ドラゴン》2体を特殊召喚する誘発即時効果を持つ。

 ボンディング効果で特定のモンスターを複数必要とする特殊召喚モンスターであり、重い
 《デューテリオン》ボンディングサーチでき、他のモンスター共々恐竜族なので、そのサポートを利用したい。

 (1)は特殊召喚したターンのみ、相手効果モンスター攻撃力を0にして、効果発動も封じる。
 永続効果には対応できないが、大抵のモンスターを無力化して戦闘破壊可能。
 モンスターが1体でも存在すればこのカードだけでも2800もの戦闘ダメージを与えることが可能であり、他にモンスターが存在すれば追撃でさらにダメージを与えられる。
 《カオス・インフィニティ》《最終突撃命令》があれば(2)の効果モンスターを出して追撃も狙える。

 (2)はフリーチェーン《ウォーター・ドラゴン》2体を守備表示特殊召喚できる効果
 フリーチェーンなのでサクリファイス・エスケープに使えるほか、自分メインフェイズ発動してランク8のエクシーズ素材に利用する手もある。
 このカード墓地に置いて《ファントム・オブ・カオス》除外して効果をコピーし、(2)の効果のみを狙っても良い。
 ただし、《ウォーター・ドラゴン》自体は重い特殊召喚モンスターであり、腐る可能性が高く、デッキに投入する枚数は吟味する必要がある。
 しかも手札デッキから必ず2体特殊召喚しなければならないので、《ウォーター・ドラゴン》が足りなくなれば発動できなくなり、残った《ウォーター・ドラゴン》共々腐ってしまう。
 このためこの効果を複数回使うのであれば、墓地《ウォーター・ドラゴン》を回収する手段も必須となる。
 また、フリーチェーンで同時に2体特殊召喚することから《奈落の落とし穴》に対しては滅法弱い。
 この効果の存在のせいでこのカードに通用しない以上、2体の《ウォーター・ドラゴン》はその格好の餌食になってしまう。
 もし《ウォーター・ドラゴン》が2体とも除外されてしまえば完全に腐ってしまうので、伏せカードには万全の注意を払いたい。

 《ウォーター・ドラゴン》自体にも分離効果が存在するが、発動条件が厳しいため無理に狙わずに、アタッカーや各種素材として処理した方がいいだろう。

  • クラスター(cluster)とは英語で「房(ふさ)、群れ、集団」を意味する。
    物質科学においては同種の原子あるいは分子が相互作用によって数個〜数十個、もしくはそれ以上の数が結合した物体を指す。
    《ウォーター・ドラゴン》が水分子をイメージしていることから、その結合体のイメージと思われる。
    しかしながらレベルこそ上がっているものの攻撃力守備力は一切変わっていない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ウォーター・ドラゴン−クラスター》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 水属性 海竜族 攻2800 守2600 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告