《エクスクローラー・クオリアーク》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「クローラー」モンスター2体
(1):自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって以下を適用する。
●2体以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●4体以上:相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。
●6体以上:自分のモンスターは直接攻撃できる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、
自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

 CIRCUIT BREAKで登場する地属性昆虫族リンクモンスター
 自分フィールドクローラーモンスターの数によって適用する効果クローラーリンクモンスター共通の蘇生効果を持つ。

 エクストラモンスターゾーンに出した場合、クローラーリンクモンスターの中では唯一リンクマーカーメインモンスターゾーンに向く。
 連続リンク召喚を狙う場合はまずこのカードエクストラモンスターゾーンに置くことになる。

 固有効果クローラーモンスターの数に応じて得られる効果
 このカードクローラーの1体としてカウントされるため、他に1体でもいれば適用される。
 いずれも攻撃に関わるものであり、クローラー全体の戦闘ダメージを増やすことができる。
 「●2体以上:」は全体強化であり、クローラー以外にも適用される。
 数値自体は小さいが、クローラーはいずれも2体を展開する効果を持ち、《星遺物に差す影》などと併用すれば総合的には大きな強化となる。
 「●4体以上:」は相手バトルフェイズ効果の使用制限。
 攻撃を妨害するカードの多くを封印し、こちらの攻撃を安全に通すことが可能。
 「●6体以上:」は直接攻撃可能にする効果
 クローラーの展開力なら狙うことも不可能ではなく、6体も展開していれば「●2体以上:」の効果も併せて1ターンキルを狙えるダメージを与えられる。

 (2)はクローラーリンクモンスター共通の効果
 相手による除去に対する牽制、備えの他、自爆特攻を行って能動的に使用することも可能。
 リンク素材としたクローラー下級モンスター蘇生対象となる。

 セットした状態で出されるため、リバースした場合の効果を狙える利点がある。
 半面、即座に次のリンク素材にも使えない、クローラー下級モンスターフィールド離れた場合の効果の条件を満たせないなどのデメリットが生じるため、即座にリバースできるカードとの併用はほぼ必須と言える。
 また、リンクモンスター攻撃表示でしか蘇生できないため、クローラーリンクモンスター蘇生させることはできない。

  • 他のクローラーが神経に関する名称をしていることを考えると、名前の由来は「クオリア(qualia、qualeの複数形)」だろう。
    日本語では「感覚質」と呼ばれ、感覚器で生じた電気信号が神経を伝わり脳に届いた際に生じる感覚の、個人個人それぞれの感じ方を意味する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エクスクローラー・クオリアーク》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 地属性 昆虫族 攻2000 クローラー

広告