《エレクトロ軍曹(ぐんそう)/Sergeant Electro》

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1600/守1300
(1):1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
このカードは以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
対象のセットされたカードは発動できない。

 Vジャンプ(2009年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した炎属性機械族下級モンスター
 1ターンに1度相手魔法&罠ゾーンセットされたカード対象とする起動効果対象カード発動を封じる永続効果を持つ。

 選択した伏せカード発動を封じることができるが、それがフリーチェーンのものである場合、チェーン発動されることで回避される。
 また、このカード表側表示で存在し続ける必要があるため、除去されたりリリースシンクロ素材エクシーズ素材に使ったりすると拘束が解除されてしまう。
 ノーコストで使える効果なのでそこまで扱いにくくはないが、伏せカード発動を封じるならば、《魔導戦士 ブレイカー》等で直接除去した方が手っ取り早い。
 《魔封じの芳香》とは相性が良く、魔法カードセットされることが多くなり、チェーン発動で逃げられることが少なくなる。

 同じ炎属性機械族《機械軍曹》とはサポートカードが共有しやすい。
 《バーニングブラッド》《リミッター解除》で強化する、《火霊術−「紅」》射出する等のコンボも狙いやすくなる。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画GXの「万丈目&翔vsジム&オブライエン」戦においてオブライエンが使用。
    翔が伏せた罠カード《メカニック魂》の発動を封じ、《ミサイルロイド》を戦闘破壊した。
    返しのターンでは罠カード《エレクトリック・ショック》の発動条件となり、ジムの《レプティア・エッグ》を万丈目の《バーニング・ドラゴン》の攻撃から守るのに貢献した。
    最後は、ジムの《ダーク・アリゲーター》の生け贄となった。
  • なお、《ダーク・アリゲーター》が召喚されたターンで《バーニング・ドラゴン》が蘇生したシーンでは、なぜかオブライエンのフィールドに存在しているのが確認できる。
    その後のシーンでは姿がないため、作画ミスだと思われる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:カードを選択するのは効果発動時ですか?
A:はい、そうです。(10/03/22)

Q:発動できなくなる効果は、このカード表側表示で存在する限り持続しますか?
A:はい、そうなります。(10/03/22)

Q:発動できなくなる効果は選択したカード対象を取り続けますか?
A:はい、対象を取り続けます。(10/04/08)

Q:セットしてあるフィールド魔法を選択できますか?
A:できません。(10/03/22)

Q:選択したカードチェーン発動され、それが永続罠だった場合、以降その永続罠の「効果の発動」はできますか?
A:できます。(10/03/22)

Q:このカード効果で選択したセットされたカード発動できない状態の時に《スキルドレイン》等でこのカード効果無効になり、その後に《スキルドレイン》等の効果適用されなくなった場合、選択したセットされたカードは再び発動できなくなりますか?
A:はい、発動できなくなります。(10/04/11)


Tag: 《エレクトロ軍曹》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 機械族 攻1600 守1300

広告