《カードトレーダー/Card Trader》

永続魔法
自分のスタンバイフェイズ時に手札を1枚デッキに戻す事で、
デッキからカードを1枚ドローする。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 STRIKE OF NEOSで登場した永続魔法
 スタンバイフェイズ毎に手札交換を行うことができる効果を持つ。

 デッキ戻すカードの種類を問わず毎ターン使え、コンボを多用するデッキ事故率の高いデッキでは活躍する。
 《打ち出の小槌》《磨破羅魏》相互互換と言える。
 手札で重複しても自身の効果で交換できるため、複数投入しても手札事故の要因になりにくいのが強み。

 しかし発動して1ターン待たねばならない点がネック。
 除去が豊富な環境では、永続魔法を維持するのは難しい。
 キーカード手札加えるなら、《封印の黄金櫃》を使う方が確実で、《打ち出の小槌》を使った方が早い。
 ゆえに、このカードを採用する場合は「デッキ戻す効果の方に注目することになるだろう。

 デッキからしか特殊召喚できないか、デッキから特殊召喚する方が都合が良いモンスタードローしても、それを死に札にせずに済む。
 【天変地異コントロール】では《天変地異》を軸としたコンボを補助することができ、《降雷皇ハモン》召喚コストにもなる。
 通常モンスターを大量に投入する必要がある【高等儀式術】でも、手札調整に必要となる場合がある。
 《磨破羅魏》との二択になるが、手札事故に悩まされる【パーミッション】でも活用できる。
 また、【除去ガジェット】においてデッキからドローしてしまったガジェットデッキ戻す用途でも使われる。

 《ヴォルカニック・バレット》《E・HERO フォレストマン》等、低コストノーコストサーチ効果を繰り返し使えるカードとのコンボで、手札コストに悩まされず毎ターン確実に1枚ドローが可能。
 《天変地異》《デーモンの宣告》コンボより妨害されにくいが、関連性に欠け、2枚以上のドローが望めない点で劣る。
 《光神テテュス》とのシナジーは抜群で、うまく天使族モンスタードローできれば更に手札を増やせる。

  • イラストの棘の位置やしわの具合を見るに、このモンスター(?)の顔の青い部分が仮面で肌色の部分が素顔のようだ。
  • 近年のOCGモンスターがキャラクターとして登場するゲーム作品では、彼が名前通りカード交換の役割を担っている。
    WCS2008では、イラストの彼とカードを1枚ずつ交換しあうイベントが存在する。
    デュエルリンクスにおいても、ゴールドや宝玉と引き換えにカードを交換してくれる。
    いずれも彼からしか手に入らないレアカードが多く存在している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:この効果は毎ターン必ずですか?それとも使用する/しないを任意で選択できますか?
A:テキストには「手札を1枚デッキに加えてシャッフルする事で」と書かれているため、任意効果となります。
  →「する」と「できる」参照。

Q:手札カード戻すタイミングはいつですか?
A:効果使用時にコストとしてデッキに戻します。
  つまり、発動と同時にカードデッキ戻し、その後チェーンできるタイミングが訪れます。
  ここで《サイクロン》等で破壊されてしまった場合、ドローすることはできず、デッキ戻したカード手札戻しません。(08/04/14)

Q:このカードが複数存在する場合、効果は1ターンに枚数分使用できますか?
A:はい。自分フィールド上に存在するこのカードの枚数分効果を使用できます。(11/02/16)

Q:《カードトレーダー》に《カードガード》ガードカウンターが乗っています。
  スタンバイフェイズ効果の発動時にチェーンが積まれ《虚無を呼ぶ呪文》発動された場合、そのスタンバイフェイズ中にこのカードの効果を改めて発動する事はできますか?
A:《虚無を呼ぶ呪文》効果で、効果の発動効果無効化されません。
  したがって、同一スタンバイフェイズ中に効果を使用できません。(14/10/30)

Q:《カードトレーダー》に《カードガード》ガードカウンターが乗っています。
  スタンバイフェイズ効果の発動時にチェーンして《スターダスト・ドラゴン/バスター》発動された場合、そのスタンバイフェイズ中にこのカード効果を改めて発動する事はできますか?
A:《カードトレーダー》はフィールドに残りますが、同一ターンに再度発動することはできません。(13/05/09)

Q:《エクスチェンジ》効果によって、元々の持ち主相手カード自分手札に加わっています。
  自分ターンスタンバイフェイズに、《カードトレーダー》の効果発動する際に、その元々の持ち主相手カード相手デッキ戻す事はできますか?
A:《カードトレーダー》の効果発動する際にデッキ戻すカードとして、《エクスチェンジ》効果自分手札に加わっている元々の持ち主相手カードを選ぶ事はできます。
その場合、その戻すカードは、そのカードの元々の持ち主である相手デッキ戻す事になります。(15/08/28)


Tag: 《カードトレーダー》 魔法 永続魔法

広告