《カズーラの蟲惑魔(こわくま)/Traptrix Nepenthes》

効果モンスター
星4/地属性/植物族/攻 800/守2000
このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードの効果を受けない。
自分が「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードを発動した場合、
デッキから「カズーラの蟲惑魔」以外の「蟲惑魔」と名のついたモンスター1体を選び、
手札に加えるか特殊召喚できる。
「カズーラの蟲惑魔」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した地属性植物族下級モンスター
 蟲惑魔共通の耐性落とし穴またはホールと名のついた通常罠自分が使用した場合に蟲惑魔サーチもしくはリクルートする誘発効果を持つ。

 落とし穴またはホールと名のついた通常罠召喚特殊召喚反転召喚トリガーとするものが多いため、このカード伏せカードが揃っている場合、展開前に除去を狙ってくることが予想される。
 そのため、モンスター効果の発動を狙う際には、汎用性の高い《奈落の落とし穴》だけでなく、フリーチェーン《硫酸のたまった落とし穴》も活用したい。
 《狡猾な落とし穴》フリーチェーンだが、落とし穴を複数採用する事になる蟲惑魔で使うのは難しいか。
 適当なカードブラフとしてセットし、除去を無駄撃ちさせる戦術も良いだろう。
 なお、《フレシアの蟲惑魔》効果発動した場合、通常罠発動した扱いにはならないので、このカードの効果発動できない。

 リクルートまたはサーチできるモンスターは3種類しか存在しないが、どの蟲惑魔落とし穴トリガーとするこのカードと相性がいい。
 《トリオンの蟲惑魔》《ティオの蟲惑魔》なら召喚に成功した時の効果特殊召喚に成功した時の効果を使い分けられ、《アトラの蟲惑魔》なら手札落とし穴発動可能になる。
 ただ1ターンに1度しか使えないため、守って効果を再利用するか、即座にエクシーズ素材にするかはあらかじめ決めておきたい。
 種族植物族であり、昆虫族である《アトラの蟲惑魔》《トリオンの蟲惑魔》種族サポートを併用するには、《ギガプラント》を絡める等、一工夫する必要がある。
 一方で同じ植物族である《ティオの蟲惑魔》とは種族サポートを共有でき、このカード自身を表側守備表示で容易に特殊召喚できるため相性は良好。

  • 元ネタは食虫植物の一種「ウツボカズラ」。
    消化液の溜まった袋状の器官を持ち、中に落ちた昆虫を消化して栄養にする、文字通り落とし穴を武器とする植物である。
    このカードにもウツボカズラらしき植物と、そこに誘い込まれた蝶が描かれている。
    袋の中からは常時虫を呼ぶ香りを発しており、獲物を誘惑して落とし穴に落とす蟲惑魔にぴったりなモチーフと言えるだろう。

関連カード

―《カズーラの蟲惑魔》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:《二重の落とし穴》発動した場合にこのカード効果発動できますか?
A:いいえ、ダメージステップ中にこのカード効果発動できません。(13/04/22)

Q:《落とし穴》《激流葬》チェーンされ、このカードフィールド上に存在しなくなった場合、このカードの効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(13/04/24)

Q:《ライオウ》フィールド上に存在する時に「蟲惑魔」と名のついたモンスター手札に加えるか特殊召喚できる効果発動できますか?
A:はい、発動でき、その場合必ず特殊召喚する効果の方を適用する事になります。(13/05/11)

Q:自分ホールまたは落とし穴と名のついた通常罠カード発動した時に、どのタイミングでこのカード効果発動する事ができますか?
  例えば、自分フィールド上にこのカードが存在する時、自分《落とし穴》発動した場合、《カズーラの蟲惑魔》の効果チェーンにて発動するのでしょうか?
A:《カズーラの蟲惑魔》の効果は、「自分ホールまたは落とし穴と名のついた通常罠カード発動した場合」に、その一連のチェーン処理後に改めて発動する効果になります。
  したがって、質問の状況のように、自分フィールド上に《カズーラの蟲惑魔》が存在する時に、自分《落とし穴》発動した場合、《落とし穴》の処理が完了した後に、改めてチェーン1として《カズーラの蟲惑魔》の効果発動します。
  (《落とし穴》発動チェーンして《カズーラの蟲惑魔》が発動する、という事ではありません。) (13/05/16)


Tag: 《カズーラの蟲惑魔》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 植物族 攻800 守2000 蟲惑魔

広告