《キメラテック・フォートレス・ドラゴン/Chimeratech Fortress Dragon》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻   0/守   0
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1000になる。

 Vジャンプ(2007年10月号) 付属カードで登場した闇属性機械族融合モンスター
 自分相手フィールド融合素材墓地へ送る召喚条件融合素材にできない効果外テキスト融合素材の数だけ元々の攻撃力を上昇する永続効果を持つ。

 融合召喚できず、決められた手順でエクストラデッキから特殊召喚しなければならない融合モンスターの一体である。
 このカードの最大の特徴は、相手フィールドモンスターをも融合素材にできる事である。
 自分相手問わず《サイバー・ドラゴン》機械族モンスターフィールドに揃えば、それらを融合素材として墓地へ送って特殊召喚できる。
 墓地へ送るのは効果でなく「特殊召喚の条件」であるため、効果を受けない等の耐性を突破して除去が行える。

 基本ルールとして、モンスター通常召喚特殊召喚に成功した場合、相手《奈落の落とし穴》等の発動の有無を確認しなければならない。
 つまり、相手《サイバー・ドラゴン》特殊召喚した直後に《奈落の落とし穴》等でそれを除去すれば、相手はこのモンスター特殊召喚することができなくなり、自分機械族モンスターを守ることができる。
 しかし、このカードを出す側のプレイヤー機械族モンスターは、裏側表示であっても融合素材とすることができるため、《サイバー・ドラゴン》セットすれば、《奈落の落とし穴》にかからずに機械族モンスター除去が行える。
 つまり、相手《サイバー・ドラゴン》特殊召喚時に《月の書》裏側表示にしても、このモンスター特殊召喚は止められない。
 一方自分機械族裏側表示にすれば非公開情報となるため、除去を防ぐことができる。

 (1)は、自身の元々の攻撃力をアップさせる永続効果
 しかし融合素材が2体だけでは《サイバー・ドラゴン》を下回るなど、上昇効率自体は悪い。
 そのため自分機械族モンスターに関しては、攻撃力を集中させるために多数を融合素材にするよりも特殊召喚を成立させるための1体のみに留めるのが基本となる。
 《リミッター解除》自壊対策や相手の大型モンスターを前に多数の機械族特殊召喚できたとしても、エクシーズ召喚リンク召喚などのほうがいい結果を生むことが多いだろう。
 《サイバー・ドラゴン》リンク素材に指定する《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》の存在もあり、自分モンスターのみを素材にこのモンスター特殊召喚する機会はかなり限られる。
 大型モンスター機械族モンスターが並んでいる時も、自分モンスター1体と相手の機械族特殊召喚し、その後は同じである。
 なお守備力は上昇しないため、《エネミーコントローラー》《月の書》等の表示形式を変更するカードには滅法弱い。

 ステータスが両方共0になってしまうものの、墓地からの蘇生は可能である。
 《リサイクル・ジェネクス》とのシンクロ召喚《レアル・ジェネクス・クロキシアン》に、《ネジマキシキガミ》エクシーズ召喚ランク8のエクシーズモンスターに繋げるなどの活用もできる。

  • アニメでの効果は以下の通りで、OCG版とは大きく異なっている。
    融合・効果モンスター
    星8/闇属性/機械族/攻   0/守   0
    「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
    このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。
    このカードの融合召喚に成功した時、
    このカード以外の自分フィールド上のカードを全て墓地へ送る。
    このカードが攻撃する時、ダメージ計算を行わない。
    このカードは融合素材にしたモンスターの数だけ相手モンスターを攻撃する事ができる。
    このカードが攻撃した時、相手プレイヤーに400ポイントのダメージを与える。
    アニメ版の効果OCG化されていたなら、【未来オーバー】のギミックによって《キメラテック・オーバー・ドラゴン》よりも確実に1ターンキルを行えていただろう。
    アニメでは【サイバー・ドラゴン】を更に強力にしていたカードが、OCGではメタカードの一つになろうとは皮肉なものである。

関連カード

《サイバー・ドラゴン》融合素材とするモンスターに関する効果

相手モンスター融合素材にできるカード

融合素材にできないモンスターについては融合素材を参照。

―《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

召喚条件について

Q:《サイバー・ドラゴン》の代わりに融合素材代用モンスター墓地へ送る事はできますか?
A:いいえ、融合素材代用モンスター墓地へ送る事はできません。(07/08/23)

Q:相手フィールド《サイバー・ドラゴン》機械族モンスターのみを融合素材にできますか?
A:はい、できます。(07/08/21)

Q:裏側表示《サイバー・ドラゴン》機械族モンスター融合素材にできますか?
A:自分フィールドのカードはできますが、相手フィールドのカードは何のカードか分かりませんので融合素材にできません。(07/08/21)

Q:装備魔法扱いの《サイバー・ドラゴン》機械族モンスター融合素材にできますか?
A:《サイバー・ドラゴン》装備魔法扱いの場合でもカード名《サイバー・ドラゴン》ですので融合素材にできますが、機械族モンスター装備魔法扱いの場合種族の情報が失われるため融合素材にできません。(08/08/15)

Q:機械族ペンデュラムモンスター融合素材にできますか?
A:いいえ、できません。(14/07/17)

Q:《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を特殊召喚する時に、融合素材として機械族モンスタートークン墓地へ送る事ができますか?
A:モンスタートークンフィールド離れた時点で消滅してしまい、墓地へ送る事ができません。
  よって、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を特殊召喚する際に、融合素材として機械族モンスタートークン墓地へ送る事はできません。(12/07/20)

Q:《DNA改造手術》機械族以外のモンスター宣言している時にこのモンスター特殊召喚できますか?
A:「自分相手フィールド《サイバー・ドラゴン》」と「自分フィールド裏側表示機械族モンスター」を融合素材として特殊召喚できます。

Q:《融合解除》発動した場合、墓地へ送ったモンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、このカード特殊召喚融合召喚ではないので特殊召喚できません。(07/08/22)

融合素材にできない効果外テキストについて

Q:他の《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を特殊召喚するためにこのカード墓地へ送る事はできますか?
A:いいえ、融合素材にできないのでこのカード墓地へ送る事はできません。(07/08/21)

Q:《ヒーロー・マスク》効果カード名《E・HERO ネオス》になっているこのカード《E・HERO アクア・ネオス》等を特殊召喚するためにエクストラデッキ戻す事はできますか?
A:いいえ、融合素材にできないのでこのカード戻す事はできません。(12/06/07)

Q:このカード対象にして《融合識別》発動できますか?
A:はい、発動できます。
  ただし、その場合でも自身の効果外テキストによりこのカード融合素材にはできません。(16/02/11)

(1)の効果について

Q:効果分類は何ですか?
A:永続効果です。(12/09/07)

Q:罠モンスター融合素材とした場合、このカード攻撃力はどうなりますか?
A:罠モンスター融合素材とした場合でも、その罠カード融合素材としたモンスターの数に含みます。
  また、それに伴い攻撃力が変動します。(10/05/31)

Q:4体を融合素材としたこのカード攻撃力4000)に《巨大化》発動した場合どうなりますか?
A:ライフに差がある場合は4000を倍または半分にします。(07/08/21)
  《収縮》でも同じように4000を半分にします。

Q:装備カード状態の《サイバー・ドラゴン》1体と機械族モンスター2体を融合素材としてこのカード特殊召喚した場合、装備カードの状態の《サイバー・ドラゴン》融合素材とした「モンスター」の数に含まれ攻撃力は3000になりますか?
A:はい、その場合でも攻撃力は3000になります。(10/08/29)

Q:《スキルドレイン》によって効果無効化され攻撃力が0になった後《スキルドレイン》破壊された場合、攻撃力はどうなりますか?
A:0のままです。(12/10/06)


Tag: 《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 機械族 攻0 守0 融合召喚不可 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 融合素材にできない

広告