《クラスター・ペンデュラム/Cosmic Compass》

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 300
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドのモンスターの数まで、
自分フィールドに「ペンデュラム・トークン」(機械族・地・星1・攻/守0)を特殊召喚する。

 STORM OF RAGNAROKで登場した地属性機械族下級モンスター
 召喚に成功した時、ペンデュラム・トークン特殊召喚する誘発効果を持つ。

 相手モンスターの数までペンデュラム・トークン特殊召喚でき、最大4体の生成が可能。
 リンク素材生成要員としては中々の性能と言える。
 生成するトークン攻撃力守備力が0なため、表示形式変更や貫通効果に弱いものの、全てリンク素材にしてしまえば攻撃の的を残す心配もない。

 トークンも自身も地属性機械族なので、これらをリンク素材に指定するリンクモンスターにつなぐ事ができる。
 地属性指定には《ミセス・レディエント》機械族指定には《クリフォート・ゲニウス》《プラチナ・ガジェット》《ギミック・パペット−キメラ・ドール》等がある。
 また自身もトークンレベル1なので《リンクリボー》にも繋がる。

 効果の有用性が増す条件と連続攻撃効果が合致するため、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合素材とするのも手か。
 《ブラック・ガーデン》影響下においては相手モンスターが1体いれば、ローズ・トークンと合わせて2体のペンデュラム・トークンを確保でき、《サイバー・ドラゴン》などを先に出せば3体展開できる。
 また《トークン復活祭》コンボすれば、相手モンスターが存在していればしているだけ痛手を与えられる。
 融合素材にして《始祖竜ワイアーム》《ペアサイクロイド》を出すのも手である。

 《リバイバル・ギフト》とは好相性で、蘇生するチューナーにもよるが、シンクロ召喚の柔軟性が高まる。
 シンクロ素材を多く使う事で効果が高まる《ジャンク・デストロイヤー》《シンクロ・ストライク》に繋ぐのも面白い。
 《スウィッチヒーロー》とも相性が良く、相手モンスターと同じ数になるようにトークンの数を調整する事で発動条件を満たせる。

 いずれも単体で使うだけでは旨みが少ないため、コンボによって初めてその真価を発揮するカードである。

  • 「クラスター(Cluster)」とは英語で「房」「集団」、一方の「ペンデュラム」は「振り子」を意味する。
    後者の多くは占いのダウジングに使用される振り子のことを指す。
    英語名は「宇宙の羅針盤」となっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚するトークンの数を決定するのはいつですか?
A:効果処理時です。(10/11/13)


Tag: 《クラスター・ペンデュラム》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 機械族 攻100 守300

広告