《クリフォート・アセンブラ/Qliphort Monolith》

ペンデュラム・通常モンスター
星5/地属性/機械族/攻2400/守1000
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):自分がアドバンス召喚に成功したターンのエンドフェイズに発動できる。
このターン自分がアドバンス召喚のためにリリースした「クリフォート」モンスターの数だけ、
自分はデッキからドローする。
【モンスター情報】
qliphoth.exe の 0x1i-666 でハンドルされていない例外を確認。
場所 0x00-000 に書き込み中にアクセス違反が発生しました。
このエラーを無視し、続行しますか? <Y/N>...[ ]
===CARNAGE===
たッgなnトiのoモdる知rヲu悪o善yりナnにoウよyノrりgトnひaノれsワiれワdはo人Gヨ見
イdなoレo知lもfカるeキr生iにf久永gベn食iてrッb取もoラtか木tノn命aベw伸ヲd手nはa彼

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した地属性機械族上級ペンデュラムモンスター
 クリフォート以外の特殊召喚を封じ、アドバンス召喚のためにリリースしたクリフォートの数だけドローを行うペンデュラム効果を持つ。

 ペンデュラム効果《超再生能力》に近いドロー効果
 《アポクリフォート・キラー》を出したターンに使ったり、《機殻の要塞》等で複数体アドバンス召喚すれば大量ドローが可能。
 ペンデュラムスケール9の《クリフォート・ツール》と共に並べれば、ペンデュラム召喚しつつ大量のアドバンテージを生み出すドローエンジンとなる。
 《召喚師のスキル》を共有できる上に、《クリフォート・ツール》からサーチすることもできるので、揃えるのは容易である。
 ペンデュラムモンスターの性質上、中盤以降はエクストラデッキからの特殊召喚からアドバンス召喚に毎ターン繋げやすいため、毎ターンドローも狙いやすい。
 《連撃の帝王》があれば相手ターンアドバンス召喚で相手のエンドフェイズドローできる。

 なお、《クリフォート・ツール》と同じくクリフォート共通のモンスター効果を持たないため、特殊召喚しても攻撃力は元々の数値のままである。
 こちらは元々の攻撃力が2400もあるため、《クリフォート・ツール》と違って使い減りしないアタッカーとしても役に立つ。
 特に《クリフォート・ディスク》アドバンス召喚した際のリクルート能力で2枚出てくると総攻撃力7600に達し、《スキルドレイン》等のサポート無しで勝負を決めることが可能である。

  • 前半部分にはメモリアドレスを指していると思われるコード「0x1i-666」および「0x00-000」が見られるが、「0x」で始まるアドレスは16進記数法(0〜9およびA〜Fで数を表す方法)で記されるので、「i」が出現することは通常考えられない。
    クリフォートがクリフォトをモチーフにしているであろうことを考えると、これは虚数単位を表しているのだろう。
    また「666」は新約聖書においてサタンにつながると言われる「獣の数字」であり、転じて悪魔、「ヨハネの黙示録」においては人間を指す数字とされている。
    これらを総合すると、「0x1i」は第一クリファであるバチカルを、「0x1i-666」はバチカルに割り当てられた悪魔であるサタンを指していると考えられる。
  • メモリアドレスの下1桁が「6」になるのは8ビットOSか16ビットOSであるため、「qliphoth.exe」の動作環境はそのいずれかであると推測される。
    ちなみに、実在するDUEL TERMINALは32ビットOSで動いており、メモリアドレスの下1桁が「6」にはなることはない。
  • 「0x00-000」のように仮想アドレスが全て0で示されるメモリ(0番地)は、殆どのOSではアクセス不能な領域としてマッピングされており、プログラミング言語では無効なポインタとしてこのアドレスを示すことが多い。
    このフレイバー・テキストのように0番地の書き込み・読み込みを行おうとして発生するエラーの原因は大抵プログラムそのものの欠陥なのだが、「qliphoth.exe」はバグを抱えたアプリケーションなのだろうか。
  • 0・00・000は、生命の樹において「Ain(無)」・「Ain Soph(無限)」・「Ain Soph Aur(無限光)」(これら3つについては《Z−ONE/罠C》を参照。)を数字で表したものであり、邪悪の樹においては、「Tohu(無形)」・「Bohu(虚無)」・「Chasek(闇)」を数字で表したものとされる。
  • 後半部分は漢字・カタカナ・ひらがな・英字が入り混じった、一見すると文字化けを起こした文章だが、英字とそれ以外に分割して《ヴェルズ・ヘリオロープ》のように逆から読むと意味が通るようになっている。
    見よ人は我々の一人のようになり善悪を知るものとなった
    彼は手を伸べ命の木からも取って食べ永久に生きるかもしれない
    God is angry on your doing
    and want to bring fire flood
    日本語の一節は、旧約聖書における「生命の樹」から引用されている。
    また英語の一節は、旧約聖書における「ノアの方舟(洪水)」を元にしている。
    英語を聖書に即して訳すると「神は人の行いに激怒し 火の洪水をもたらすことを欲している」となるが、この「fire flood」がインフェルノイドなのだろうか。
    マスターガイド5によれば、日本語部分はクリフォートの、英語部分はインフェルノイドの行動原理を説明したものであるとのこと。
  • 英語版では、後半部分が以下のように変更されている。
    Xlmgzxg drgs gsv Hzxivw Givv rh uliyrwwvm. 
    Gsv hxlfitv szh yvvm fmovzhsvw.
    この英字の羅列は、アトバシュ暗号(AをZ、BをYと言った具合にアルファベットの順番を反転させたもの)に即して変換すると意味の通る文章になる。
    Contact with the Sacred Tree is forbidden.
    The Scourge has been unleashed.
    旧約聖書絡みの記述ではなく、端末世界の状況を端的に記した内容となっている。
  • 二節を区切っている「carnage」は英語で「大虐殺、大量殺戮」を意味する。
    なお、英語版では宗教上の理由などから区切りの「===CARNAGE===」が丸ごと削除されている。
  • 「アセンブラ」とはアセンブリコード(人間が読めるような形の低レベル言語コード)をネイティヴコード(実際にコンピュータが処理する機械語コード)に変換するプログラムのこと。
    かつてのプログラミング分野では開発者が直接用いることが多かったが、現在はより読みやすい形に定義された高レベル言語のコンパイラが実行データを生成する段階で中間的に採用する程度にとどまっており、人間が直接利用する機会は大幅に減っている。
    ちなみにこの逆を行うプログラムを「逆アセンブラ」と呼ぶが、前述の通り、このカードフレイバー・テキストは逆読みで意味が通る。
  • クリフォト側のモチーフは、クリフォトを構成する第九のクリファ「アィーアツブス(Aiyatsbus - 不安定)」だろう。

関連カード

―《クリフォート・アセンブラ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動する前にアドバンス召喚のためにリリースされたクリフォートモンスターも(2)の効果でカウントされますか?
A:はい、されます。(14/11/14)

Q:《機殻の生贄》を装備したクリフォートモンスターを2体分のモンスターとしてリリースした場合、ドローできる枚数は何枚ですか?
A:その場合でも1枚のみになります。(14/11/14)

Q:裏側表示クリフォートモンスターアドバンス召喚のためにリリースされた場合でも、(2)の効果でカウントされますか?
A:はい、されます。(14/11/14)

Q:《ファントム・オブ・カオス》が自身の効果カード名クリフォートモンスターの状態の時にアドバンス召喚のためにリリースされた場合でも、(2)の効果でカウントされますか?
A:はい、されます。(14/11/14)


Tag: 《クリフォート・アセンブラ》 ペンデュラムモンスター 通常モンスター モンスター 星5 地属性 機械族 攻2400 守1000 スケール1 クリフォート

広告