《コストダウン/Cost Down》

通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
このターン、自分の手札のモンスターのレベルを2つ下げる。

 ガーディアンの力で登場した通常魔法
 発動ターンの終了時まで、手札モンスター全てのレベルを2下げる効果を持つ。

 レベル5〜8までのモンスター適用させれば、アドバンス召喚に必要なリリースを1体減らせる。
 しかし、このカードに加え手札コスト1枚が必要になり、1体リリースを減らすのに2枚のカードを費やしているため、実際はコストアップしてしまう。
 このカードの利点は複数のモンスター適用できる事なのだが、《血の代償》禁止カードであり、召喚権を増やせるカテゴリは他の特殊召喚サポートや下級レベルを揃える事を目的としているものも多く、その利点を活かすのは難しい。
 ペンデュラム召喚を狙う場合も、《ペンデュラム・ターン》ペンデュラムスケールを変えてしまえばレベル9までのモンスターを一気に出せてしまう。

  • 「コストダウン」とは生産の様々な無駄を省き、利益を上げること。
    たしかにアドバンス召喚リリースを減らすことができるが、このカード手札コストがかかるので、結果的に「コストアップ」してしまっている。
  • 英語版では基本的にイラストに描かれているカードが現存する場合、海外仕様に変更されるのが通例だが、日本版のままとなっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」における「闇遊戯vs海馬」戦において海馬が使用し、遊戯の予想を上回る速さで《青眼の白龍》召喚した。
    原作では手札コストは必要なかった分OCGよりも使いやすかった。
  • アニメオリジナルでも海馬は度々使用。
    バトルシティ3位決定戦「城之内vs海馬」戦でも《青眼の白龍》召喚に使用。
    その後「ドーマ編」以降では実物のものに修正されている。
    「KCグランプリ編」の「闇遊戯vsデュエルコンピューター」戦ではデュエルコンピューターが使用。
    《天空騎士パーシアス》レベルを下げ、生け贄無しで召喚した。
    アニメ版DMでは、戦いの儀の前に海馬が遊戯に差し出したジュラルミンケースの中に入っていたカードの1枚として確認できる。
  • 遊戯王Rの「海馬vsウィラー・メット」戦でも海馬が使用し、こちらでも《青眼の白龍》召喚しており、ウィラーに「1ターンで呼んだのには驚いた」と言わしめている。
  • 海外のアニメZEXALの「カイトvs(ブイ)」戦ではVの手札に存在する事が確認できる。
    彼のデッキには上級モンスターが殆どを占めているため、海外版での差し替えカードの中では納得のいく改変である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:儀式モンスターレベルを下げた場合、リリースするモンスターレベル合計はどうなりますか?
A:変化した値に合わせます。(12/03/11)

Q:自分手札モンスターカードが存在しない場合でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/10/10)

Q:発動後になんらかの効果ドローするなどして手札に加わったモンスターレベルもさがりますか?
A:はい、下がります。(08/06/17)

Q:手札レベルが下がったモンスターフィールドに出した後もそのモンスターターン終了時までレベルが下がったままですか?
A:はい、下がったままです。(14/10/09)

Q:手札レベルが下がったモンスターセットし、そのモンスターがそのターン表側表示になった場合でもレベルは下がったままですか?
A:はい、下がったままです。(14/10/09)

Q:発動後に手札から捨てたり、召喚後に破壊されて墓地へ送られたモンスターレベルは下がったままですか?
A:墓地に送られた時点でレベルは元に戻ります。(08/08/02)


Tag: 《コストダウン》 魔法 通常魔法

広告