《コズミック・サイクロン/Cosmic Cyclone》

速攻魔法
(1):1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場した速攻魔法
 1000ライフコスト魔法・罠カード1枚を除外する効果を持つ。

 《サイクロン》とは違い、破壊ではなく除外であるため、ペンデュラムゾーンカードや、破壊された時に発動するカードを安全に処理できる。
 また、《ブレイクスルー・スキル》等の墓地発動する効果を持つカードにも強い。
 効果無効にできないが、再利用阻止狙いで《ジェムナイト・フュージョン》等に対して発動するのも手だろう。
 《サイクロン》同様自分カードにも発動できるため、《エクシーズ・ディメンション・スプラッシュ》発動条件を満たすことも可能。
 元々《サイクロン》カウンター罠等での妨害を受け難く、こちらも同じかそれ以上に除去を通す事ができるだろう。

 便利な一方、《サイクロン》では不要であったライフコストが必要になる。
 ライフコストは軽視されがちであるが、1000ライフは決して無視できるものではない。
 複数積みは元より、大量のライフコストを必要とするカウンター罠である《神の宣告》《神の警告》《神の通告》と併用すると、負担が大きくなってくる。
 自分ライフが1000以下だと使えなくなるのも欠点といえる。

 現在の環境では高速化が進み、魔法・罠カードは回収まで手を回す機会が少ないが、墓地発動魔法・罠カードも増え続けている。
 ただ、セットされた《強制脱出装置》のような使い切りの罠カードに対しては、除外破壊で差がほとんどない場合が多い。
 そのようなカードに使うとライフコストの払い損になってしまい、《サイクロン》とこちらのどちらを優先すべきかは環境によるところが大きい。
 破壊されない耐性や、墓地発動カードが多い環境で優先されると言える。
 環境のインフレに伴い、破壊耐性を持つものや墓地へ送られた場合の効果を持つものが増加する傾向にあり、現環境ではこのカードのみがメインデッキに入るケースが多い。

 全体的にはライフコストのリスクで《サイクロン》以上の汎用除去能力を買うカードと言える。
 ライフロスを逆用できる手段があればなお良いだろう。
 ライフポイントを消費しながら除去を行う事で、《巨大化》を装備させ攻撃を通し易くする事もできる。
 《宮廷のしきたり》を採用しているデッキ相手永続罠除去する手段としても役立つ。

  • 「コズミック(Cosmic)」とは、宇宙の、広大無辺なという意味。
    Spaceとは似た意味だが、あちらは空間という意味も含む。

関連カード

収録パック等


Tag: 《コズミック・サイクロン》 魔法 速攻魔法

広告