《サイレント・ソードマン LV(レベル)5/Silent Swordsman LV5》

効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻2300/守1000
(1):このカードは相手の魔法カードの効果を受けない。
(2):このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた場合、
次の自分ターンのスタンバイフェイズにフィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから「サイレント・ソードマン LV7」1体を特殊召喚する。

 FLAMING ETERNITYで登場した光属性戦士族上級モンスター
 相手魔法カード効果を受けない永続効果《サイレント・ソードマン LV7》手札デッキから特殊召喚する誘発効果を持つ。

 下級アタッカーには負けない攻撃力を持ちつつ、召喚制限などは一切ないため、サイレント・ソードマンの中では最も汎用性の高い形態となる。
 素材としても使いやすく、《蛮族の狂宴LV5》で2体特殊召喚することで《セイクリッド・プレアデス》エクシーズ召喚できる。
 《トランスターン》下級モンスターからリクルートするのも難しくない。
 《ブリリアント・フュージョン》墓地へ送りつつ《ジェムナイト・セラフィ》特殊召喚し、レベル5を揃えやすくするのも良い。
 こういった点をメリットとし、【光属性】【戦士族】上級モンスターとして採用を検討できるモンスターである。

 (1)の効果で着目したいのは、「相手魔法カード」のみ効果を受けない点である。
 相手の「禁じられた」シリーズや《ブラック・ホール》《超融合》効果を軒並み無力化できる一方で、自分の「禁じられた」シリーズでこのカードを守れる。

 (2)の効果LV7になると、自分魔法カードも阻害するようになる。
 自分魔法カードを使う場合は、あえてレベルアップしない、あるいは最初からLV7を採用しないのも手だろう。

 レベルアップの条件は直接攻撃成功かつ次の自分ターンまで維持するというかなり難しい条件である。
 このカードの効果でレベルアップをする際は、《流星の弓−シール》《Noble Arms - Clarent》を装備させるなどすると、この条件をクリアしやすい。
 だがその場合、返しの相手ターン除去戦闘破壊されないよう、十分な対策が必要となる。
 この効果を使うよりも《レベルアップ!》を使うほうが狙いやすいだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    サイレント・ソードマンの項参照。
    ちなみにこのカードの絵柄は「LV4」の頃のもので、LVアップと共に身長だけでなく剣も進化している。
  • アニメ5D'sの「遊星vs牛尾」(3戦目)において牛尾が使用したカウンター罠《ディスコード・カウンター》のイラストに描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイレント・ソードマン LV5》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 戦士族 攻2300 守1000 LV

広告