《ザ・カリキュレーター/The Calculator》

効果モンスター
星2/光属性/雷族/攻   ?/守   0
このカードの攻撃力は、自分フィールド上に表側表示で存在する
全てのモンスターのレベルの合計×300になる。

 PHANTOM DARKNESSで登場した光属性雷族下級モンスター
 自分フィールド上の表側表示モンスターレベルに比例して攻撃力が上昇する永続効果を持つ。

 自身もカウントするため、基本攻撃力は600となる。
 攻撃力の増減以外の効果はないので、何の耐性もついておらず、さらに自分フィールド上の状態に依存するため、少々使い勝手が悪い。
 上昇値こそ高いが、逆に言えば1体でも破壊されると一気に形勢を逆転されてしまう。
 また、レベルの合計であるためレベルを持たないエクシーズモンスターと並べても当然攻撃力は上昇しない。

 自分フィールド上にレベル4のモンスター1体で攻撃力1800と、この時点ではただのアタッカーとしてあまりに力不足。
 2体なら一気に3000の大台となり、展開するモンスターが増えるに従い総攻撃力は爆発的に上昇する。
 しかし自身は特殊召喚に長けているわけでもないので、これだけならば《団結の力》等を用いたほうが安定性の面で勝る。
 低レベルなのでロックパーツに引っかからないが、エクシーズ召喚の登場した今、展開したモンスターでそれを行えば大抵事足りる。

 このカードを用いるならばやはり特殊召喚に長けた高レベルモンスターと併用するべきだろう。
 代表格である《サイバー・ドラゴン》と並べれば攻撃力2100と悪くない数値で、光属性なので《霊魂の護送船》《ガーディアン・オブ・オーダー》とも併用できる。

 《究極封印神エクゾディオス》《トラゴエディア》《メタル・リフレクト・スライム》特殊召喚すれば、攻撃力《超伝導恐獣》を越える3600となる。
 《究極封印神エクゾディオス》と相性の良い《ガーディアン・エアトス》と同時に展開すればすさまじい攻撃力を得られる。
 そして、《冥府の使者ゴーズ》冥府の使者カイエントークンが並んだ状態で召喚すれば、レベルの合計は16、攻撃力は4800にまで達する。

 【デミスドーザー】に投入すれば、《終焉の王デミス》《デビルドーザー》と並べる事で5400もの攻撃力になるが、この場合は《巨大化》を用いたほうが良いか。
 《ユベル》との相性も非常によく、《ユベル》の弱点である攻撃力の低さを補う強力なアタッカーとなる。
 《神獣王バルバロス》などの妥協召喚モンスターなどとの相性も非常に良いが、反面《スキルドレイン》とは共存できないため注意が必要。
 《グリード・クエーサー》を利用すれば1度に2体のモンスター攻撃力を上げる事もできる。
 また高レベルモンスターとは噛みあいにくいが、《ジャンク・シンクロン》および《ジャンク・ウォリアー》との相性も良い。
 この場合は前述の《サイバー・ドラゴン》レベルモンスターを中心に利用すると良いだろう。
 このように、使い方次第でとてつもない爆発力を秘めているカードである。

 攻撃宣言時にこのカード以外のモンスターフィールドを離れると、このカード攻撃力が大きく下がってしまい、返り討ちに遭う恐れがある。
 ロックデッキに投入すれば安定するが、同時に展開するモンスターが無駄になりがちである。
 《魂の綱》などで常に場にモンスターを維持するようにすれば、攻撃力の低下を抑えられるだろう。
 また、《ダメージ・コンデンサー》《ユベル》のような高レベル且つ低攻撃力を持つモンスター特殊召喚する方法も使える。
 前述の高レベルモンスターを多用するならば《デーモンとの駆け引き》も有効。
 また2体以上の展開を必須とするので《激流葬》などの全体除去にも注意が必要となる。
 ピンポイントな対策ではあるものの、これを防いだ上で4900もの攻撃力を上乗せできる《スターライト・ロード》は非常に相性が良く、状況によっては自分全体除去に対して発動させる価値すらある。
 《メタル・リフレクト・スライム》を展開している場合、《大嵐》に対するカウンターともなるなど相互的なシナジーも見込める。

  • カリキュレーターというのは、「計算機」のこと。
    このカードの頭部にあたる画面には×300と表示されており、このカードの効果を表している。

関連カード

収録パック等

広告