《ジェネティック・ワーウルフ/Gene-Warped Warwolf》

通常モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻2000/守 100
遺伝子操作により強化された人狼。
本来の優しき心は完全に破壊され、
闘う事でしか生きる事ができない体になってしまった。
その破壊力は計り知れない。

 STRIKE OF NEOSで登場した地属性獣戦士族下級モンスター

 下級通常モンスター、並びにデメリットのない下級モンスターとして最高の攻撃力を持つ。
 だが、単に攻撃力の高いモンスターが欲しいなら、自己特殊召喚効果を持つ《フォトン・スラッシャー》等の方が扱いやすい。
 したがって、《レスキューラビット》《予想GUY》など、通常モンスターサポートカードを活用する事が必要となる。
 獣戦士族であることを活かして炎舞でサポートできる点も長所だが、サポートカードが豊富な闇属性である《ブラッド・ヴォルス》と枠をあらそいがちである。

  • 高いポテンシャルを秘めているカードであるが、これまで再録の機会に恵まれなかった。
    ついには絶版状態となるが、後にSTARTER DECK(2011)で再録された。
  • 「ジェネティック(Genetic)」とは「遺伝的」、英語名の「Warped」は「歪んだ」を意味する。
    「ワーウルフ(Werewolf)」については、《漆黒の戦士 ワーウルフ》を参照。
    4本の腕やフクロウの様に見える顔は、どう見ても「人狼」に見えない。
    遺伝子操作により「歪んで」しまったのだろうか。
  • アニメ5D'sのチーム・サティスファクション時代の回想シーンにおいて鬼柳が使用していた。
  • 「十代vs遊戯」戦において十代が使用した罠カード《デス・アンド・リバース》のイラストにも確認できる。

関連カード

―名前関連

攻撃力2000の通常召喚可能な下級モンスター

収録パック等


Tag: 《ジェネティック・ワーウルフ》 通常モンスター モンスター 星4 地属性 獣戦士族 攻2000 守100

広告