《ジャジメント・ザ・ハンド/The Judgement Hand》

通常モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1400/守 700
神が宿った手で最後の審判を下し、激しい攻撃を加える。

 BOOSTER3で登場した地属性戦士族下級モンスター

 レベル3・戦士族通常モンスターとしては、攻撃力で勝りチューナーでもある《チューン・ウォリアー》の方が有用である。
 《奈落の落とし穴》にかからないため、《発条機雷ゼンマイン》を用いる場合などで効力を発揮するものの、この点は攻撃力がほとんど変わらない《岩石の巨兵》や、同種族《六武衆の侍従》にも言える事であり、これらは守備力の高さからある程度の場もちが期待できる。

 《レベル制限B地区》《下克上の首飾り》《窮鼠の進撃》を併用するならば、《奈落の落とし穴》にかからないまま、戦闘をこなす事もできる。
 しかしその場合でも《岩石の巨兵》《ジェネクス・コントローラー》との差別化を見出せなければ優先度は下がる。
 【戦士族】の要素を組み込んだ【ローレベル】ならば《一族の結束》等を活かせるが、2種のデッキ間でシナジーが見込めるものは少なく、構築難度は高い。

 このように優先される状況こそ限られるが、地属性レベル3・通常モンスターという条件では第3位の攻撃力を持っており、【ローレベル】においては自然に採用できるカードではある。
 同デッキにおいては《魔の試着部屋》《虚空海竜リヴァイエール》による《レスキューラビット》の使いまわしを考慮すると、《チューン・ウォリアー》《岩石の巨兵》《ジェリービーンズマン》に加えて4種目のカードにスロットを割く事が考えられるためである。

 他属性には《マッド・ロブスター》攻撃力で優るモンスターは多いが、こちらは《XX−セイバー ガトムズ》《ナチュル・パルキオン》《銀嶺の巨神》の素材となる事ができる。
 《氷結界の虎王ドゥローレン》《ブラック・レイ・ランサー》等を扱えなくなるが、上記3種の特殊召喚経路が増え、他のモンスターステータスで秀でるため、デッキ全体の安定性向上が期待できる。

  • 《ジャジメント・ザ・ハンド》ではない。
    《裁きの龍》等の例があるので大変間違えやすい。
    なお、英語名も他と差別化するためか、"Judgement"となっている。(他のスペルは"Judgment")
  • 「片手だけで攻撃力1400ならば全体では…」とヴァリュアブルブックで突っ込まれている。
    しかし、下記の通りイラストには描かれてないだけで実際には全身がある。

関連カード

―手だけのモンスター

収録パック等


Tag: 《ジャジメント・ザ・ハンド》 通常モンスター モンスター 星3 地属性 戦士族 攻1400 守700

広告