《ストロング・ウィンド・ドラゴン/Strong Wind Dragon》

効果モンスター
星6/風属性/ドラゴン族/攻2400/守1000
(1):ドラゴン族モンスター1体をリリースして
このカードのアドバンス召喚に成功した場合に発動する。
このカードの攻撃力は、リリースした
そのモンスターの元々の攻撃力の半分だけアップする。
(2):このカードは同じ攻撃力のモンスターとの戦闘では破壊されない。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 RAGING BATTLEで登場した風属性ドラゴン族上級モンスター
 ドラゴン族リリースしてアドバンス召喚に成功した時に自身を強化する誘発効果、同じ攻撃力を持つモンスターとの戦闘破壊されない永続効果貫通永続効果を持つ。

 (1)の効果ドラゴン族リリースしてアドバンス召喚することを条件とする自己強化
 《聖刻龍−トフェニドラゴン》《光と闇の竜》など、相性の良いドラゴン族は多く、高い攻撃力を得やすい。
 しかし《偉大魔獣 ガーゼット》よりも上昇率が悪く、《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》よりも汎用性が落ちるため、言ってしまえば中途半端である。
 (3)の効果との結びつきが強いため、セットで考慮すべき特徴である。

 (2)の効果《カイザー・グライダー》と同じ効果
 (1)の効果との相性はあまり良くないが、特殊召喚した際や《ブレイクスルー・スキル》などを受けた返しのターンならば、数多く存在する2400のラインを一方的に処理できる。
 ただこのラインのモンスターの多くはメタから離れつつあり、(1)の効果も加味すると狙って利用する機会に乏しい。
 攻撃力をコピーする冥府の使者カイエントークンなどを相手にする場合にも発揮されるが、基本的におまけと考えたほうが良い。
 一応、相手モンスター攻撃力と同じになる《極星宝ブリージンガ・メン》を使えば相打ちにならず、相手のみ破壊できる。
 忘れがちだが、この効果は自身が守備表示でも適用される。

 (3)は貫通効果
 (1)の効果とのシナジーが濃く、高攻撃力貫通持ちアタッカーとして使うことができる。
 終盤では《F・G・D》等の高攻撃力モンスターリリースしてアドバンス召喚すれば、相手モンスターで場を凌ごうとも一気に決着を付けられる。
 特殊召喚時には強化を利用できないが、貫通効果を利用できる場面で《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》から特殊召喚する際の選択肢に挙げられる。

 然るべきリリースさえ用意できれば、充分に活躍が期待できるカードだが、上述の通り攻撃力が目的であれば他に有用な上級モンスターは存在する。
 貫通にしても、上級モンスターの展開からエクシーズ召喚しやすい《迅雷の騎士ガイアドラグーン》という選択肢がある。
 攻撃力だけで場持ちが保証される事もないため、必要条件を考えると【ドラゴン族】で安易に採用できるカードではない。

  • ジャックのデッキを真似たマックスのデッキにも入っていた。
    OCG化から大分経ってからの再登場だったが、この時初めて公表されたイラストはアニメオリジナルのものであり、ほっそりとしている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではジャックが使用。
    登場してから長らくボイスは用意されていなかったが、第11弾になって追加された。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:リリースしたモンスター墓地に行かなかった(あるいは効果解決時墓地から離れた)場合も有効ですか?
A:有効です。(09/08/30)

Q:リリースしたモンスター攻撃力フィールドでの数値と墓地の数値どちらを参照しますか?
A:カードに記載されている元々の攻撃力を参照します。(09/02/19)

Q:裏側表示ドラゴン族モンスターリリースした場合でも攻撃力はアップしますか?
A:はい、その場合でも攻撃力はアップします。(09/02/20)

Q:《DNA改造手術》の効果でドラゴン族となっているモンスターリリースした場合でも攻撃力はアップしますか?
A:はい、その場合でも攻撃力はアップします。(09/02/20)

Q:《クローン複製》効果特殊召喚した、ドラゴン族攻撃力1900のクローントークンリリースしてアドバンス召喚した場合、このカード攻撃力はどうなりますか?
A:調整中。(17/03/13)


Tag: 《ストロング・ウィンド・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星6 風属性 ドラゴン族 攻2400 守1000

広告