《セレモニーベル/Ceremonial Bell》

効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻   0/守1850
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いのプレイヤーは手札を全て公開し続ける。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 お互いプレイヤー手札公開を強いる永続効果を持つ。

 お互い手札公開した状態にするため、伏せカードの読み合いなどが少なくなり、通常のデュエルとは状況が大きく変わる。
 効果の都合上、フィールドに出す前になるべくセットし、相手にプレッシャーをかけておくといいだろう。
 ただしその場合、《ハーピィの羽根帚》のような魔法・罠除去には注意する必要がある。
 《スターライト・ロード》等を採用するか、《マインドクラッシュ》ハンデスするなど、採用する魔法・罠カードを工夫したい。
 《マインドクラッシュ》《異次元の指名者》等とはコンボが可能で、手札を覚えておけば維持できなくとも後引きでも当てやすくなる。
 守備力は比較的高く戦闘破壊されにくいが、攻撃力1900以上のモンスターには普通に倒されるので、長く維持するのは難しいだろう。

 攻撃力の低さから《デブリ・ドラゴン》《リミット・リバース》による特殊召喚が可能。
 相手手札を確認した後はシンクロ素材エクシーズ素材にしてしまおう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの徳之助の回想シーンにおいて、徳之助が所持していた。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「祝福の時に使われる このベルの音をきくと心が和む」と書かれている。
    WCS2009からはこのカードが収録されており、CPU相手には手札を見透かされる影響が薄いことを利用し、序盤からピーピング兼高守備力として使える。

関連カード

収録パック等


Tag: 《セレモニーベル》 モンスター 効果モンスター 星3 光属性 魔法使い族 攻0 守1850

広告