《ダーク・グレファー/Dark Grepher》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1700/守1600
このカードは手札からレベル5以上の闇属性モンスター1体を捨てて、
手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、手札から闇属性モンスター1体を捨てる事で、
自分のデッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

 EXTRA PACKで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 手札から自身を特殊召喚する召喚ルール効果デッキから闇属性墓地へ送る起動効果を持つ。

 1つ目の手札から自身を特殊召喚する効果は、手札コストが必要であり、加えてレベル5以上の闇属性モンスターと限定されているので、無理に使用する必要はない。
 墓地調整や伏せカードの警戒等、状況を読んで使っていくことになる。
 このカードを警戒させて《奈落の落とし穴》などを使わせ、捨てたモンスター《リビングデッドの呼び声》蘇生するといった戦術も取れる。
 状況によっては、特殊召喚してモンスターを並べて総攻撃をかけたり、シンクロ召喚エクシーズ召喚に活用したりすることもできる。
 手札コスト《プリズンクインデーモン》等の墓地に存在する方が良い高レベルモンスター捨てると良いだろう。

 2つ目の効果闇属性モンスターデッキから直接墓地へ送る効果
 類似する効果を持つ《終末の騎士》と比較すると、ステータスが高くフィールドに残り続ければ複数回効果発動できる点で勝る。
 逆にモンスター効果の発動には手札コストを必要とする点で劣る。
 この効果起動効果であり、効果発動するタイミングを選べるという長所があるが、《奈落の落とし穴》等の召喚反応型罠カード除去された場合は起動効果発動できないという短所がある。

 効果は使い方次第では1〜3枚の闇属性モンスター墓地へ送ることができるので、ダークモンスターを主軸とするデッキとは相性が良い。
 《ダーク・クリエイター》等のダークモンスター召喚条件を高速で揃えることができる。
 【ユベル】においては手札にきた《ユベル》を処理しつつ、デッキ内の進化形態や《魔族召喚師》等の闇属性モンスター墓地へ送ることができる。
 手札消費が激しいが、《堕天使ゼラート》との相性が良く、その召喚条件となる闇属性モンスター墓地に貯めつつ特殊召喚し、そのままアドバンス召喚に繋げられる。

 その墓地を肥やす能力から【闇属性】系統のデッキで採用できる。
 コストすらメリットとなる【インフェルニティ】とは相性が良い。
 【シンクロダーク】【墓地BF】では、高速でキーカード墓地に揃える起点となった。
 【シンクロダーク】では《D−HERO ディアボリックガイ》《ゾンビキャリア》【BF】では《BF−大旆のヴァーユ》《BF−暁のシロッコ》(または《BF−漆黒のエルフェン》)がその対象になった。

  • 海外で公開されたこのカードの試作品の画像は、種族獣族と表記されていた。

関連カード

―《ダーク・グレファー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:通常召喚は可能ですか?
A:可能です。(08/09/13)

Q:特殊召喚効果分類は何になりますか、また手札捨てることはコストを払う行為にあたりますか?
A:この特殊召喚は特に分類のない効果召喚ルール効果)で、手札捨てる行為は自身の効果特殊召喚を行うための手順であり、コストを払う行為にあたりません。(13/02/04)

Q:デッキから闇属性モンスター墓地へ送る効果効果分類は何ですか、また手札捨てることはコストですか?
A:この効果起動効果で、手札捨てることはコストになります。(08/09/13)

Q:捨てる行為は両方とも暗黒界特殊召喚することができませんか?
A:両方ともカード効果で捨てている訳ではありませんのでできません。(08/09/13)

広告