《ダーク・ヴァルキリア/Dark Valkyria》

デュアルモンスター
星4/闇属性/天使族/攻1800/守1050
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードが表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードに魔力カウンターを1つ置く事ができる。 
このカードの攻撃力は、このカードに乗っている
魔力カウンターの数×300ポイントアップする。
また、このカードに乗っている魔力カウンターを1つ取り除く事で、
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した闇属性天使族下級デュアルモンスター
 デュアルモンスター共通のルール効果を持ち、再度召喚する事で自身に魔力カウンター置く起動効果、自身の攻撃力強化する永続効果フィールド上のモンスター破壊する起動効果を得る。

 再度召喚する事で、モンスター除去版の《魔導戦士 ブレイカー》となる。
 しかし、再度召喚の手間がある以上使い勝手は一段劣っており、さらに《魔導戦士 ブレイカー》以上に効果が妨害されやすい。
 召喚ないし特殊召喚の成功、再度召喚の成功、自身の起動効果含む魔力カウンターを乗せる手段の成功という段階を踏まなければならないのだ。
 また、コントロール奪取系統のカードを使用された場合、攻撃される上に1度しか使えない除去を使用され、たとえ取り戻せたとしても大きな損害を被る。

 《スーペルヴィス》等を使わない限り召喚権を食うので、召喚権が余りやすい構築のデッキで採用すべきである。
 通常召喚の権利を残すため、【天使族】系列なら《神の居城−ヴァルハラ》《堕天使スペルビア》【闇属性】系列なら《闇次元の解放》《ダーク・クリエイター》などで特殊召喚したい。
 【デュアル】なら《思い出のブランコ》《黙する死者》など、通常モンスターサポートも有効。

 自身の効果で乗せられる魔力カウンターは1個だけなので、除去効果を使った後はエクシーズ素材《デュアルスパーク》で消費してしまって構わない。
 ただ、《魔導戦士 ブレイカー》と同様除去効果発動回数に制限が無いため、魔力カウンターを大量に用意すれば相手を一掃できる。
 《魔力掌握》《魔法都市エンディミオン》《クルセイダー・オブ・エンディミオン》などが使えるが、このカード天使族であり他の魔力カウンターモンスターと連携が取りづらいのが辛い所。

関連カード

表側表示で存在する限り1度しか使用できないカードについては三魔神を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:「1度だけ魔力カウンターを乗せる」という効果1ターンに1度だけですか?フィールド上に存在する時に1度だけですか?
A:フィールド上に存在するときに1度だけです。1度この効果を適用したら、表側表示で存在する限りこの効果発動することはできません。(08/02/23)
  他のカード効果再度召喚された状態から通常モンスター扱いに戻った場合は、再び再度召喚された状態にすることでフィールド上に存在するときに1度だけ効果発動することができます。(11/09/03)

Q:再度召喚された状態のこのカードに乗せられる魔力カウンターは1つだけですか?
A:いいえ、乗せられる魔力カウンターの数には上限はありません。
  《見習い魔術師》などの効果で複数個魔力カウンターを乗せることも可能です。(08/02/23)

Q:《見習い魔術師》などの効果再度召喚された状態のこのカード魔力カウンターを乗せることは可能ですか?
A:はい、可能です。(08/02/23)

Q:このカード再度召喚していない通常モンスター扱いの時、このカード魔力カウンターを乗せることはできますか?
A:いいえ、通常モンスター扱いの時は乗せる事はできません。(08/02/23)

Q:通常モンスター扱いの《ダーク・ヴァルキリア》が存在し、《超合魔獣ラプテノス》《スーペルヴィス》再度召喚された状態にして、自身に魔力カウンターを乗せる効果発動しました。
  その後、《超合魔獣ラプテノス》《スーペルヴィス》フィールドを離れて通常モンスター扱いに戻った場合、その魔力カウンターはどうなりますか?
A:取り除かれます。(11/09/03)
  その後に再度召喚された状態になれば、魔力カウンターを乗せる効果発動できます。(11/09/03)   


Tag: 《ダーク・ヴァルキリア》 モンスター 効果モンスター デュアルモンスター 星4 闇属性 天使族 攻1800 守1050

広告