《チューナー・キャプチャー/Tuner Capture》

通常罠
相手がシンクロモンスターのシンクロ召喚に成功した時に発動する事ができる。
そのシンクロ素材にしたチューナー1体を
相手の墓地から自分フィールド上に特殊召喚する。

 RAGING BATTLEで登場した通常罠
 相手シンクロ召喚時に発動し、相手墓地チューナー蘇生する効果を持つ。

 《緊急同調》等の例外を除けば、シンクロ召喚相手メインフェイズに行われる。
 そのタイミングで全体的にステータスが低いチューナー蘇生したところで、使い捨ての程度にしかならない場合がほとんどである。
 仮にそのチューナーを利用してシンクロ召喚を狙うにしても、《リビングデッドの呼び声》などで自分カードを利用した方が遥かに手っ取り早い。
 になる《クレボンス》《ダーク・リゾネーター》相手ターンにもシンクロ召喚を行える《フォーミュラ・シンクロン》《スチーム・シンクロン》等を奪い、シンクロ召喚できればよいのだが、あまりに状況が限定されすぎる。
 ただ、例外としてクリストロンチューナーならシンクロ召喚先は限定されるが、手札モンスターとで即座にシンクロ召喚可能。

 同じシンクロ召喚へのメタカードであれば、《調律師の陰謀》で最初からシンクロモンスターを狙った方が良い。
 《ゾンビキャリア》《スポーア》等の自己再生効果持ちのチューナーを想定した場合も、より範囲が広くタイミングも限定されない《D.D.クロウ》が優先されるだろう。

  • 「キャプチャー(Capture)」とは英語で捕獲するという意味である。
    イラストでもクレーンゲームのクレーンで《C・コイル》が捕獲されている。
  • アニメARC-Vではこのカード融合召喚版と言える《融合輪廻》が登場している。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:対象をとりますか
A:対象をとります。(09/02/19)

Q:カード効果によってチューナーとなったモンスター相手フィールド上に存在します。
  このモンスター素材にしてシンクロ召喚が行われた時このカード発動できますか?
A:カード効果によってチューナーとなったモンスター墓地ではチューナーではなくなるので発動できません。(09/06/29)

Q:《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》等、複数のチューナーシンクロ召喚に使用した時にこのカード発動した場合、どうなりますか?
A:シンクロ召喚に使用したチューナーの中から1体を対象に選択し、特殊召喚します。(12/02/25)


Tag: 《チューナー・キャプチャー》 通常罠

広告