《ディメンション・スフィンクス/Dimension Sphinx》

永続罠
自分フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
(1):対象のモンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターに攻撃されたバトルステップ中に1度、
この効果を発動できる。
その攻撃モンスターと対象のモンスターの攻撃力の差分のダメージを相手に与える。
(2):対象のモンスターがフィールドから離れた場合にこのカードは破壊される。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した永続罠
 対象相手攻撃力の差分のダメージを与える効果対象離れた自壊する効果を持つ。

 自分攻撃表示モンスター相手モンスター攻撃力の差分のダメージを与えるが、戦闘そのものは防げない。
 このカードを使える状況の場合、普通なら自分モンスター戦闘破壊されてしまい、このカードは使い切りになってしまう。
 そうなれば自分へのダメージが0になる《ディメンション・ウォール》《魔法の筒》で良い。

 戦闘破壊耐性持ちを使えば2回以上ダメージを与えることもできるが、永続罠のこのカードの存在が判明した以上、相手効果での除去を狙ってくる。
 効果の性質上低攻撃力モンスター攻撃表示で晒さなければならず、何らかのカードと組み合わせなければ大ダメージを免れることは出来ないためリスクも高い。
 更にこのカード除去されれば自分だけが大ダメージを受けてしまう。

 使うのであれば、このカードの穴を突いて欠点を克服できるカードと組み合わせていくことになる。
 戦闘ダメージを受ける必要がないため、《和睦の使者》を使ったり《マッシブ・ウォリアー》対象にすれば相手にだけダメージを与えられる。
 このカードの発動時にだけ攻撃表示であれば良いので、守備表示にするカードの効果チェーンして発動するのも良い。
 《カラクリ樽 真九六》1ターンに1度戦闘破壊耐性チューナーという性質が合わさって複数回攻撃を受けやすいため、相性が良い。
 あるいはダメージバトルステップに発生し、その後の戦闘に影響を与えない点を利用して《オネスト》などのコンバットトリックで返り討ちにすることも狙える。
 攻撃を強制する《ディメンション・ミラージュ》などとも相性が良く、戦闘破壊耐性を持つものと併せてダメージを増やすことができる。
 また、《ブービートラップE》で再利用できるのは類似カードにはない利点と言えるだろう。

収録パック等


Tag: 《ディメンション・スフィンクス》 永続罠

広告