《デスカイザー・ドラゴン/Doomkaiser Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/アンデット族/攻2400/守1500
「ゾンビキャリア」+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上
(1):このカードが特殊召喚に成功した時、
相手の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを自分フィールドに攻撃表示で特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した炎属性アンデット族シンクロモンスター
 特殊召喚に成功した時に相手墓地からアンデット族モンスター蘇生できる誘発効果を持つ。

 あらゆるアンデット族蘇生できるが相手墓地に限定されている。
 アンデット族では採用率の高い《灰流うらら》が狙い目となるが、基本的には《アンデットワールド》との併用が前提となる。

 トリガー特殊召喚全般であり、シンクロ召喚の他蘇生からでも効果を使える。
 《デスカイザー・ドラゴン/バスター》から蘇生した場合も効果を使える利点もあり、専用構築にするのも手だろう。
 《妖刀−不知火》墓地発動効果でこのカード特殊召喚し、《デスカイザー・ドラゴン/バスター》を狙う手もあるが、自分墓地リソース消耗が荒くなる。

 高攻撃力モンスター蘇生すればそのままアタッカーになり、モンスター効果次第では更なるアドバンテージ獲得も狙え得る。
 とは言え、やはり相手依存の面も考えるとそう都合の良いモンスターは奪えないだろう。
 序盤の墓地が肥えていない状況では奪えるモンスターの質も程度が知れているため、特殊召喚のタイミングはある程度見極めたい。
 下級モンスターコントロール奪取ならば《ゾンビ・マスター》でも可能な点も考える必要はある。

 自壊デメリットも考慮すると、適当なモンスターで妥協して各種素材やコストに転用するのも手。
 このカードと共にリンク素材《交血鬼−ヴァンパイア・シェリダン》エクシーズ素材にするのが最も簡単に処理する方法だろう。
 チューナーならばより高レベルシンクロ召喚に繋げる、レベル6ならばランクエクシーズ召喚に繋げる選択肢もある。
 それらの方法で墓地へ送ったこのカード蘇生カードで呼び出せばもう1度同じコンボが行える。

関連カード

特殊召喚したモンスターを道連れにする

収録パック等

FAQ

Q:フィールド上に存在するこのカード《月の書》効果裏側守備表示になった場合、このカードの効果特殊召喚されたモンスター破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(11/01/23)

Q:このカードの効果特殊召喚したモンスターを、《亜空間物質転送装置》等で一度除外したり、《月の書》裏側守備表示にしたりしていた時、その後に《デスカイザー・ドラゴン》が存在しなくなった場合、そのモンスター破壊されますか?
A:いいえ、破壊されずフィールド上に残り続けます。(12/04/21)

Q:《地獄の門番イル・ブラッド》や《デスカイザー・ドラゴン》の蘇生効果チェーンして《サンダー・ブレイク》でそれらのカード破壊された場合、蘇生効果無効になっていませんが蘇生されたモンスターはどうなりますか?
  完全蘇生になりますか? それとも蘇生後すぐ破壊されますか?
A:効果処理時に、自身が破壊される等でフィールド上に存在しなくなった場合でも、モンスター特殊召喚され、破壊されずフィールド上に残ります。(11/05/05)


Tag: 《デスカイザー・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 アンデット族 攻2400 守1500

広告