《トライアングルパワー/Triangle Power》

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する、
全てのレベル1通常モンスター(トークンを除く)の
元々の攻撃力と守備力は2000ポイントアップする。
エンドフェイズ時に自分フィールド上に存在する
レベル1通常モンスターを全て破壊する。

 ファラオの遺産で登場した通常魔法
 自分フィールド表側表示で存在するレベル1の通常モンスター攻撃力全体強化する効果を持つ。

 レベル通常モンスターを並べる必要があるものの、3体並べるなら《キング・もけもけ》《プロンプトホーン》《雲魔物−タービュランス》を用いて《雲魔物−スモークボール》を並べるといった方法を使える。
 汎用サポートでも、《トレジャー・パンダー》なら墓地魔法・罠カードの消費だけで良い他、《同姓同名同盟》《人海戦術》《トライワイトゾーン》なども使える。
 《青眼の白龍》なども《超量妖精アルファン》レベル1にすれば強化できる。
 更に《デルタ・アタッカー》《団結の力》《リミッター解除》等を併用すれば、より多くのダメージを与えられる。

 強化されたモンスターエンドフェイズ自壊するため、攻撃が終わったメインフェイズ2でリンク素材エクシーズ素材などに使い、補うようにしたい。

 レベル通常モンスターを5体並べ、このカード全体強化してから《弱肉一色》を使うことで1ターンキルに持ち込むことも狙える。
 手札《バトルフェーダー》《速攻のかかし》による対処は回避できるが、墓地カードフリーチェーンに弱いのがネック。

 エクゾディアパーツ《魔神火炎砲》墓地に送りつつモンスター除去してから蘇生発動する事で、大ダメージを与えられる。
 レベル1の魔法使い族である事からサポートも多く、カテゴリサポートも受けられるので、特殊勝利を度外視してビートダウンによる勝利すら狙える。

  • イラストの背景にピラミッドが描かれていることから、直接のモチーフは「ピラミッドパワー」であると思われる。
    これはピラミッドの形をした物体に宿る不思議な力のことで、1930年代にフランスのアントワーヌ・ボビーによって唱えられた。
    1970年代に世界中に広まり、日本でも70〜80年代にかけてブームとなった。
    なお、科学的な根拠のないオカルトであるという見方が一般的である。

関連カード

効果関連

イラスト関連

レベル1の通常モンスターについては《眠れる巨人ズシン》を参照

収録パック等

FAQ

Q:《トライアングルパワー》および《サウザンドエナジー》効果によって上昇した攻撃力守備力元々の攻撃力(守備力)として扱いますか?
また、これらのカードの効果を受けて、攻撃力守備力が上がったモンスターレベルが変更された場合、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:ご質問のカードの場合、どちらも元々の攻撃力・元々の守備力としては扱いません。
また、レベルが変わったとしても、アップした数値は変わらず、エンドフェイズ時にレベルが該当のレベルではなくなっていたのであれば、破壊されません。(16/05/14)

Q:《海皇の長槍兵》が存在する時に《能力調整》発動し、その後に《トライアングルパワー》を発動した場合、エンドフェイズ《海皇の長槍兵》破壊されますか?
  破壊されない場合、攻撃力はどうなりますか?
A:エンドフェイズに《トライアングルパワー》より先に《能力調整》効果の処理を終了した場合、《海皇の長槍兵》破壊されません。
  また、《海皇の長槍兵》攻撃力守備力は元に戻ります。(14/02/24)

Q:効果処理後に召喚した通常モンスター攻撃力守備力は上昇しますか?
A:いいえ、効果処理時フィールド上に表側表示で存在する通常モンスターにのみ効果適用されます。(12/02/08)

Q:《強化支援メカ・ヘビーウェポン》を装備した機械族モンスターがいる状態で、《トライアングルパワー》を発動しました。
  この場合、《強化支援メカ・ヘビーウェポン》効果で、エンドフェイズ破壊を免れますか?
  破壊されない場合、次のターン以降も攻撃力守備力は上昇したままですか?
A:その場合破壊されません。
  攻撃力守備力は元々の数値に戻ります。(14/08/24)


Tag: 《トライアングルパワー》 魔法 通常魔法

広告