《ドラゴン・ゾンビ/Dragon Zombie》

通常モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1600/守   0
魔力により蘇ったドラゴン。
はく息は触れるものを腐食させる。

 BOOSTER5で登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 《金色の魔象》融合素材である。

 レベル3以下の通常モンスターとしては主力の1750〜1700ラインに次ぐ攻撃力を持ち、《悪夢再び》で回収できるレベル通常モンスターの中でも最高の攻撃力を持つ。
 更に闇属性アンデット族と、サポートにも恵まれているモンスターである。

 ただその属性種族ゆえに、他のモンスターに活躍の場を奪われやすい。
 【ローレベル】闇属性としては《ジェネクス・コントローラー》《ハウンド・ドラゴン》が存在し、3番手以降に投入される事になる。
 【アンデット族】にしても、蘇生手段が豊富なのでこのカードを戦術に無理に組み込まなくてもよく、アンデット族シンクロモンスター等にも繋ぎにくい。
 また攻撃力が100低いが、リクルーター《補充要員》に対応する《鎧武者ゾンビ》が存在するのも、採用を迷わせる原因となる。
 こちらは《ブラック・ガーデン》には対応する。
 《星に願いを》にしても、あちらに比べて併用しやすいモンスターが少ない。

 とはいえ、100の攻撃力の差は無為にできるものでもないので、《悪夢再び》《オレイカルコス・シュノロス》を使い回すのであれば、是非採用しておきたい。
 《E・HERO プリズマー》墓地へ落として蘇生サルベージにつなげるのも良いだろう。
 なお【ローレベル】でのアンデット族としての利点は少ないが、融合を組み込む場合は《冥界龍 ドラゴネクロ》を組み込める利点がある。

  • アニメオリジナル「デュエルクエスト編」でも《マーダーサーカス・ゾンビ》《鎧武者ゾンビ》と共に墓場に出現する敵として登場しており、また不死性を攻守逆転で突破されている。
    アニメ版「バトルシティ編」の「闇バクラvsゴースト骨塚」では、《金色の魔象》融合素材となった。
    「ドーマ編」の第168話では、ドーマの力で実体化した個体が海馬コーポレーションアメリカ支社で闇遊戯と海馬に襲いかかった。
    海馬の《ブラッド・ヴォルス》を破壊して追いすがるが、海馬コーポレーションのシステムをハッキングしたレベッカに電子扉を閉められ腕を切断されてしまった。

関連カード

融合関連

―《ドラゴン・ゾンビ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ドラゴン・ゾンビ》 モンスター 通常モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻1600 守0

広告