《ドラゴンを()(ふえ)/The Flute of Summoning Dragon》

通常魔法
(1):手札からドラゴン族モンスターを2体まで特殊召喚する。
この効果はフィールドに「ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−」が存在する場合に発動と処理ができる。

 EXで登場した通常魔法
 《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》専用のサポートカードである。

 ドラゴン族モンスター2体を手札から特殊召喚でき、その後は《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》モンスター効果で守れる。
 《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》《キラー・トマト》《召喚僧サモンプリースト》リクルートできるので、フィールドには出しやすい。

 ドラゴン族を守ることはできないが、サーチ手段の多い《E・HERO プリズマー》カード名をコピーすれば発動条件を緩和できる。
 また、《E・HERO プリズマー》《龍の鏡》《融合呪印生物−闇》起動効果による《竜魔人 キングドラグーン》特殊召喚を補助することもできる。
 ドラゴン族通常モンスターならば《召喚師のスキル》等でサーチできる。
 発動条件を満たせない時は《封印の黄金櫃》で補助したり、《召喚僧サモンプリースト》《賢者ケイローン》等の手札コストにしても良い。

 しかし、貧弱な特定のモンスターフィールドに、複数のドラゴン族手札に揃える必要があり、このカード自体もサーチ手段に乏しいためコンボとしては狙い難い。
 下級ドラゴン族に使う意味も薄く、できるだけ上級ドラゴン族特殊召喚を狙いたいが、上級モンスターを増やしすぎると今度は手札事故が怖い。
 同様に手札からドラゴン族モンスター特殊召喚できる《竜魔人 キングドラグーン》が存在することも、このカードの評価を下げる。
 こちらも《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》フィールドに存在すれば、《融合呪印生物−闇》起動効果特殊召喚できる。

  • 原作「バトルシティ編」の「闇遊戯vs海馬」では、海馬が「ドラゴンを呼ぶ笛が墓地に置かれたのでカードドローさせてもらうぞ」と発言しドローしたシーンはよくネタにされる。
    テキストに書いていない効果の使用自体については、原作で他にも幾度か見られたため然程おかしな点では無い。
    しかしこのシーンの特殊な点は、使用されたのがメインフェイズ1にも関わらず、台詞とドローが次の週に掲載されたメインフェイズ2に行われた点である。
    このドローがなければ、その後のデュエル展開も行うことはできなかったため、急遽辻褄合わせのために手札を補充させたものであろう。
    因みに、これより前に行われたデュエルロボ戦ではこのドローは見られず、手札の枚数に問題のなかったアニメ版でもドローは行われていない。
  • アニメDMでバクラの挑戦を受けた海馬が出したアタッシュケースに入っていたカードの内の1枚。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「カイトvsジンロン」戦でジンロンの手札に確認できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「フィールド上に《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》表側表示で存在する場合」は発動条件ですか?
A:発動条件でもあり、適用条件でもあります。
  効果解決時《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》表側表示で存在しない場合は不発となります。(09/01/20)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果発動できますか?
A:フィールド上に《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》表側表示で存在する時のみ発動できます。
  また、効果解決時《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》フィールド上に表側表示で存在しない場合は不発となります。(12/04/13)


Tag: 《ドラゴンを呼ぶ笛》 魔法 通常魔法

広告