《ファイアウォール・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
光属性/サイバース族/攻2500
【LINK−4:上/左/右/下】
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、
戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場する光属性サイバース族リンクモンスター
 自分または相手フィールド墓地モンスター持ち主手札戻す効果手札からモンスター1体を特殊召喚する効果を持つ。

 リンク素材自体には縛りが無いが、LINK-4なので通常の手順で出すには4体のモンスターが必要になってしまう。
 モンスタートークンを複数リンク素材にしたり、LINK-3以下を蘇生させてリンク素材にするなどの工夫が必要となる。
 前者なら《クレーンクレーン》《切れぎみ隊長》《ダンディライオン》蘇生させ、《ミセス・レディエント》リンク召喚し、綿毛トークン2体と《ミセス・レディエント》で出すといった方法が考えられる。
 《クラスター・ペンデュラム》《幻銃士》も条件こそあるがトークンを用意しやすい。
 光属性なので《フォトン・サンクチュアリ》特殊召喚されるフォトントークンを使用するのも手。
 《スケープ・ゴート》なら1枚で4体のトークンを用意できるが、相手ターンをまたがねばならない点で遅い。
 後者では《RAMクラウダー》《デコード・トーカー》蘇生させるといった手が考えられる。

 リンクマーカーは上下左右にあり、エクストラモンスターゾーンに出しても自分リンク先は1つしか増えず、相手リンク先も1つ増やしてしまう。
 このため、なるべくメインモンスターゾーンに出したい。
 《リンク・スパイダー》エクストラモンスターゾーンに出してその後ろのメインモンスターゾーンに出すのが楽だろう。
 その《リンク・スパイダー》とは相互リンクになるため(1)の効果発動でき、リンク素材などで墓地へ送れば(2)の効果にも繋がり、あちらの低攻撃力を晒すリスクも抑えられる。

 (1)の効果お互いフィールド墓地から任意のモンスター手札バウンスできるフリーチェーン効果
 相手モンスター除去墓地利用の阻害を狙える他、自分モンスターサルベージも可能。
 ただし、相互リンクしているモンスターの数までという条件が厄介であり、LINK-4のこのカードを出した上で更に別のリンクモンスターが必要となる。
 このカードリンク素材として使用したリンクモンスター蘇生させるのが簡単な方法か。
 また、フィールド表側表示でいる限り1度しか使えず、リンクモンスターの性質上裏側守備表示にすることもできないので、フィールドを1度離さない限り2度目の発動もできない。
 《刻剣の魔術師》であればこのカードを繰り返しフィールドから除外でき、複数回の発動を狙える。

 (2)の効果には回数制限がなく、条件も能動的に使いやすいため、幅広い活躍ができる。
 単純に、各種の素材にした場合にも発生するため、(1)のための後続の展開をはじめとした動きにも大きく貢献する。
 また、《キャノン・ソルジャー》等と組み合わせることで大ダメージを与えられる。
 《グリーン・ガジェット》らを使えば9回コストを確保でき、4500以上のダメージを与えられる。
 また、《暗黒プテラ》等のサルベージ効果持ちを複数枚用意できれば無限ループも可能。
 《B−バスター・ドレイク》ならば1枚でも無限ループに突入できる。

  • ファイアウォールは英語で一般的には防火壁を意味するが、サイバース族であることを考えると、ネットワークにおける不要な通信を妨害するシステムを指すコンピュータ関連用語の方が由来だろう。

関連カード

―類似効果

カード名関連

収録パック等


Tag: 《ファイアウォール・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター LINK4 光属性 サイバース族 攻2500

広告