《ファイアウォール・ドラゴン/Firewall Dragon》

リンク・効果モンスター(禁止カード)
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、
戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した光属性サイバース族リンクモンスター
 自分または相手フィールド墓地モンスター持ち主手札戻す誘発即時効果手札からモンスター1体を特殊召喚する誘発効果を持つ。

 リンク素材自体には縛りが無いが、リンク4なので通常の手順で出すには4体のモンスターが必要になる。
 効果の活用には更にモンスターが必要なため、基本的にモンスターの大量展開が必須となる。
 【インフェルニティ】【ゼンマイ】等、メインモンスターゾーンモンスターを気兼ねなく特殊召喚し大量展開を狙うデッキであれば(1)(2)の効果とも親和性が高いので採用しやすい。
 それ以外のデッキでは以下の方法等を用いて、このモンスターリンク召喚する為の工夫が求められる。

  1. モンスタートークンを複数リンク素材に活用する場合
    (具体例:《クレーンクレーン》又は《切れぎみ隊長》《ダンディライオン》蘇生させ、《ミセス・レディエント》リンク召喚し、綿毛トークン2体と《ミセス・レディエント》リンク召喚を行う)
  2. リンク3以下を蘇生させてリンク素材にする場合
    (具体例:《RAMクラウダー》《デコード・トーカー》蘇生し、《RAMクラウダー》《デコード・トーカー》リンク召喚を行う)
  3. デッキからリンク素材リクルートしてリンク召喚を行う場合
    (具体例:《召喚僧サモンプリースト》《輪廻天狗》リクルートし、リンク2につないで《輪廻天狗》リクルート、同様にリンク3を出して3体目の《輪廻天狗》を出し、リンク召喚を行う)

 この内、1.の方法で出す場合は《クラスター・ペンデュラム》《幻銃士》も条件こそあるがトークンを用意しやすい。
 また光属性なので《フォトン・サンクチュアリ》特殊召喚されるフォトントークンを使用するのも手。
 《スケープ・ゴート》なら1枚で4体のトークンを用意できるが、相手ターンをまたがねばならない点で遅い。

 リンクマーカーは上下左右にあり、エクストラモンスターゾーンに出しても自分リンク先は1つしか増えず、相手リンク先も1つ増やしてしまう。
 このため、なるべくメインモンスターゾーンに出したい。

 (1)の効果お互いフィールド墓地から任意のモンスター手札バウンスできるフリーチェーン効果
 相手モンスター除去墓地利用の阻害を狙える他、自分モンスターサルベージも可能。
 ただし、相互リンクしているモンスターの数までという条件が厄介であり、リンク4のこのカードを出した上で更に別のリンクモンスターが必要となる。
 (ソリティア要素が強くなり、対策され易くなるが)メインモンスターゾーンモンスターを気兼ねなく特殊召喚し大量展開を狙うコンボやギミックを駆使して後続の制圧手段に繋げて、最終的には相手の戦術を封殺する布陣を形成するのが一般的といえる。
 もしくはこのモンスターリンク素材として使用したリンクモンスター蘇生させるのも有効といえる。
 一方、フィールド表側表示でいる限り1度しか使えず、リンクモンスターの性質上裏側守備表示にすることもできないので、フィールドから1度離さない限り2度目の発動もできない。
 《RAMクラウダー》リリースしてすぐに蘇生したり、《サイバネット・バックドア》等で一時的に除外させれば、複数回の発動を狙える。

 (2)の効果には回数制限がなく、条件も能動的に使いやすいため、幅広い活躍ができる。
 単純に、各種の素材にした場合にも発生するため、(1)のための後続の展開をはじめとした動きにも大きく貢献する。
 フィールドから墓地へ送られた場合(またはリンク素材になった場合)にサーチできるモンスターと組むと、そのサーチしたモンスターを即座にこの効果で展開できる。
 (このカードの(2)の効果サーチ効果チェーンを組む事により逆順処理でサーチ後に特殊召喚の処理となる。)

 《プリーステス・オーム》等回数制限のない射出カードと組み合わせることで大ダメージを与えられる。
 特殊召喚に成功した・もしくは墓地へ送られた場合に同名カードや類似効果を持つカードサーチサルベージできるモンスター射出し、手札に加わったカードをこのカードの(2)の効果で特殊召喚するのである。

  • 主人公が使うエースモンスターの規制は史上初であり、それも放送1年目にしての規制は異例とも言える。
    ちなみに制限カード指定の規制時点でこのカードはアニメに2回しか登場しておらず、(2)の効果に至っては放送開始から約1年半後の第63話の「遊作/Playmaker vs鎧坂」戦まで1度も使用されなかった。
    それだけOCGのループコンボを公式側が重く見たという事だろうか。
  • CODE OF THE DUELISTLINK VRAINS BOX収録のイラストでは青と白が基調だが、週刊少年ジャンプ(2017年21・22合併号)ではアニメにおける攻撃時の、翼が分離・変形し背中から円を描くエネルギーを展開し、青い体色部分が赤に変化した姿となっている。
    • 背中から展開されたエネルギーはオレンジ色で揺らめいており、「ファイアウォール」の名称からして、「炎の壁」のイメージと思われる。
      体色が赤くなるのは背後から展開されたエネルギーをチャージしているあるいはコンピュータシステムの警告色のイメージからと思われる。
  • 2019年8月3日に行われた「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」第10期投票では第2位にランクインした。
  • サイバース族であることを考えると、カード名の「ファイアウォール」はネットワークにおける不要な通信を妨害するシステムのことを指しているのだろう。
    通過させてはいけない不要な通信を火に例え、それを食い止めるシステムを「防火壁(英:Firewall)」に見立てたためにこの名がついた。
    (1)の効果で通信を遮断する機能、(2)の効果で通信を通過させる機能を表していると思われる。
  • 攻撃名の「テンペストアタック」とは「Transient Electromagnetic Pulse Surveillance Technology Attack」の略称であり、日本語では「電磁波盗聴攻撃」「電磁波解析攻撃」などと訳される。
    これはコンピューターや周辺機器、ケーブルから漏洩する微弱な電磁波を傍受し、パスワードなどのセキュリティー情報を不正に入手する暗号解読手法のこと。
    セキュリティを突破する手段であり、コンピュータを守る手段であるファイアウォールとは逆の立場のものである。
  • 攻撃時は、羽根が分離・変形し目のアップと共に背中から円を描くエネルギーを展開、青い体色部分が赤に変化してブレスを放つという演出がなされている。
    また、(1)の効果発動時は頭から相互リンクの数だけ電撃をバウンスするモンスターに飛ばす演出になっている。
  • 登場の告知こそされていたが、オープニング映像以外では登場することがないまま次のCIRCUIT BREAKが発売となった。
    VRAINSの放送開始時期との関係が変則的だった点を加味しても、レギュラーパック表紙モンスターが次パック発売を迎えてなお未登場であったというのは非常に珍しい。
    更に言ってしまえばデュエルでの初登場は次パックの表紙モンスターと同じ話数であるというのも異例の事である。
  • 前述のように、初登場のデュエルにてコントロール奪取されてしまうという、主人公が操るエースモンスターとしては史上初の扱いを受けた。
    その第12話のサブタイトルでは「鉄壁の守護竜」と評されているが、その回では(というより番組を通して)「守護竜」と評されるようなシーンや活躍は特になかった。
  • 歴代のエースモンスターはいずれも物語の鍵となったり、主人公と何らかの繋がりがある等、ストーリーに密接に絡んだ要素が盛り込まれていたのだが、このカードには特にその様な要素は無かった。
    (ただし、このカードに限らず、遊作/Playmakerが特定のカードへの思い入れなどを強調する場面は少ない。)
    皮肉にも、ストーリー上で重要な役割が与えられていなかったからこそ途中退場しても物語に影響が無かったとも言える。
    Storm Accessでこのカードを入手する際に他とは違った演出がなされていたり、鴻上博士がこのカードを見て「あのカードか」と驚くような描写がある等、何らかの特異性は示唆されていたが、それが明らかにされることは無かった。

関連カード

カード名・デザイン関連

―類似カード名

―(1)の類似効果

―(2)の類似効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:一度発動した後、《サイバネット・バックドア》等で一定期間だけ除外された場合、再度発動できるようになりますか?
A:再度発動できます。(17/06/26)

(2)の効果について

Q:「チェーン1:このカードの右側のモンスター破壊」「チェーン2:このカードの左側のモンスター破壊」とチェーンが積まれ、解決しました。
  2回に分かれて墓地に行っていますが、このカードの(2)の効果は2回発動できますか?
A:いいえ、発動できるのは1回だけです。(17/10/12)


Tag: 《ファイアウォール・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 光属性 サイバース族 攻2500

広告