《フェアリー・アーチャー/Fairy Archer》

効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1400/守 600
自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分フィールド上の光属性モンスターの数×400ポイントダメージを相手ライフに与える。
「フェアリー・アーチャー」の効果は1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 THE SHINING DARKNESSで登場した光属性天使族下級モンスター
 相手ライフダメージを与える起動効果を持つ。

 《ソーラーレイ》内蔵したモンスターであり、自身も光属性であることから、少なくとも400のダメージは与えることができる。
 《サイバー・ドラゴン》など特殊召喚できるモンスター《マシュマロン》などの場持ちの良いモンスター《フォトン・サンクチュアリ》などのトークンを展開するカードと組み合わせることでより大きいダメージを期待できる。

 とはいえ、単体では場持ちが悪く、《ファイヤー・トルーパー》《仕込みマシンガン》あたりの使い捨て火力よりも使い勝手は悪い。
 《一族の結束》《団結の力》強化すれば戦闘ダメージと合わせ大きなダメージになり、次のターンまで生存しやすくなる。

 あるいは効果使用後にシンクロ素材エクシーズ素材とするのも手か。
 《神聖なる球体》から《トランスターン》リクルートできるため、コンボとなる。
 《創造の代行者 ヴィーナス》《神聖なる球体》を3体展開し、内1体をコストリクルートすれば1600のダメージが入る。
 加えてレベル3・レベル2が丁度2体ずつになるため、エクシーズ召喚で様々な動きが可能。
 《セイクリッド・ヒアデス》《セイクリッド・トレミスM7》《迅雷の騎士ガイアドラグーン》と繋いで、《ダイガスタ・フェニクス》2回攻撃を付与すれば、先のバーンとあわせ1ターンキルとなる。
 相手フィールドモンスターがいる場合でも、表示形式変更からの貫通で大ダメージを与えられる点に変わりはない。
 ちなみに《A・ジェネクス・バードマン》があれば《神聖なる球体》バウンス《創造の代行者 ヴィーナス》で再特殊召喚《ミスト・ウォーム》《ダイガスタ・フェニクス》フィールドをこじ開けた上で合計9000ダメージとなる。
 どちらもこのカードありきの1ターンキルであり、自身はピン挿しで良いため【代行者】《トランスターン》を組み込む場合は覚えておくと良い。

関連カード

―「アーチャー」と名の付くモンスター《アマゾネスの射手》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果になります。(10/02/20)

Q:このカード《ヒーロー・マスク》使用すると《フェアリー・アーチャー》ではなくなりますが、効果を何度でも使うことができますか?
A:いいえ。元々の名前が「フェアリー・アーチャー」であるため、その場合も1ターンに1度しか使用できません。(10/02/21)

Q:このカード《ヒーロー・マスク》使用して《フェアリー・アーチャー》でない状態で効果発動して、同じターンに別の《フェアリー・アーチャー》の効果を1回だけ発動できますか?
A:いいえ、その場合でも《フェアリー・アーチャー》の効果発動できません。(10/02/20)

Q:カード名効果を複製した《ファントム・オブ・カオス》《ヒーロー・マスク》使用した場合どうなりますか?
A:その場合でも1ターンに1度しか発動できません。(10/02/26)

Q:《フェアリー・アーチャー》を《セイヴァー・スター・ドラゴン》でコピーした場合、《フェアリー・アーチャー》が持っていた効果発動できますか?
A:まだそのターン中に《フェアリー・アーチャー》の効果発動していないのなら発動可能ですが、既に1度発動している場合《セイヴァー・スター・ドラゴン》効果として発動することはできません。(10/02/26)

Q:《スキヤナー》効果で《フェアリー・アーチャー》のカード名を得た場合、そのターンの中でほかの《フェアリー・アーチャー》の効果発動することができますか?
A:《スキヤナー》効果によって、除外されている《フェアリー・アーチャー》のカード名を得た場合でも、そのターン中にフィールド上に存在する別の《フェアリー・アーチャー》のダメージを与える効果発動する事ができます。(10/03/22)


Tag: 《フェアリー・アーチャー》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 天使族 攻1400 守600

広告