《フューチャー・ヴィジョン/Future Visions》

フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分または相手がモンスターの召喚に成功した時、
そのモンスター1体を選択してゲームから除外する。
召喚したモンスターのコントローラーから見て次の自分のスタンバイフェイズ時、
この効果で除外したモンスターを表側攻撃表示でフィールド上に戻す。 

 ANCIENT PROPHECYで登場したフィールド魔法
 自分相手を問わず、召喚に成功したモンスターを一時的に除外し、その後戻す効果を持っている。

 ほとんどのビートダウンデッキにおいて攻めの要となる「表側攻撃表示での通常召喚」からの展開に対して強制的にタイムラグを生み出す。
 お互いに1ターン攻め手が遅れることになり、《ブラック・ガーデン》とはまた違った形で戦闘面の行動を大きく拘束する。
 また魔法耐性除外耐性を持ったモンスターはこのカードの効果を受けないので、結果として相手よりも早く行動することができる。
 いずれにせよ、単純に運用する場合は、自分ターン召喚をし終えてから発動するのが基本となるだろう。

 ただし反転召喚特殊召喚リバースには対応していないため、相手によっては全く影響を与えられない事も少なくない。
 例えば特殊召喚を多用するデッキサイクル・リバースモンスター等には、このカードはほとんど効き目がない。
 【次元帝】のような《異次元の生還者》《異次元の偵察機》を多用するデッキに対してもあまり機能しない。

 このカードを使うなら、一時的に除外するという性質を能動的に利用できるモンスターと併用するのが望ましい。
 例として下記の様な活用方法があるので、これらを参考にして投入するカードを選択しよう。

  1. 妥協召喚することでステータスが変化するモンスター
    《神獣王バルバロス》《可変機獣 ガンナードラゴン》妥協召喚すれば、次のターン元々の攻撃力となって帰ってくる。(09/08/03)
  2. 召喚したターンエンドフェイズデメリットが発生するモンスター
    《破壊竜ガンドラ》の様な、自壊等のタイミングが1回限りのモンスターの維持に利用する。
  3. 除外されることで効果を発揮するカード
    《異次元の偵察機》《異次元の生還者》《サイバー・ウロボロス》《ネクロフェイス》《魂吸収》等が存在する。
  4. フィールド離れることで効果発動するモンスター
    《マインフィールド》《フォーチュンレディ・ライティー》等、発動条件が難しい(タイミングを逃しやすい)カードの補助。
  5. 《異次元からの埋葬》を使う
    除外してある相手モンスター墓地へ送ることで復帰を妨害し、除去として運用する。
  6. ノーコスト表側表示カードバウンスできるカード
    《霞の谷のファルコン》《氷結界の虎王ドゥローレン》等で、相手のみ間接的に召喚を封じることができる(FAQ参照)。

 また、このカードは下記のような特定のモンスターに対しては強力なメタとして働く。

  1. 召喚に成功した時に効果発動する一部のモンスター
    例を挙げるなら《魔導戦士 ブレイカー》雲魔物サイバー・ダークアルカナフォースデュアル等。
    これらのモンスター効果発動自体はできるものの、召喚成功時に除外される事で効果が無意味なものになってしまう。
    なお、同じ発動条件であっても「効果解決時にそのモンスターフィールドにいる必要が無い効果」を妨害することはできないので注意してほしい。
  2. シンクロ召喚エクシーズ召喚の妨害
    複数のモンスターフィールドに揃える必要があるシンクロ召喚エクシーズ召喚にとって、通常召喚が妨害されることはかなり痛い。
    《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》等の特殊召喚効果も、低ステータスモンスターフィールドに残すだけとなってしまう。
  • 癖の強いカードではあるが、【フォーチュンレディ】で活用する以外にも様々な用途を見出せるため、価格は高値を維持していた。
    その後、再録された際にはノーマルまでレアリティが落とされたため、現在は比較的容易に入手できる。
  • アニメGXの「十代vsダークネス」戦において十代が《未来への希望(フューチャーヴィジョン)》という罠カードを使っているが関連性は無い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:除外する効果対象をとる効果ですか?
A:はい、対象をとる効果です。なお、戻す方の効果対象をとりません。(09/04/20)

Q:「除外時」および「戻す」時に両方でチェーンブロックを作りますか?
A:はい、いずれもチェーンブロックを作ります。(09/04/20)

Q:戻す処理を行うスタンバイフェイズ時にこのカードが無い時、モンスター戻しますか?
  戻さない場合、2枚目を発動してあった場合、戻しますか?
A:《フューチャー・ヴィジョン》がフィールド上に存在しない場合、除外したモンスターフィールド上に戻りません。
  また、スタンバイフェイズまでに2枚目の《フューチャー・ヴィジョン》を発動している場合、そのモンスターは1枚目の《フューチャー・ヴィジョン》の効果によって除外されているので2枚目を発動しても戻りません。(09/06/04)

Q:召喚したモンスター効果解決時《月の書》等の効果で裏側表示になった場合もそのモンスター除外されますか?
A:はい、除外されます。また、裏側表示になっていたモンスター除外される場合でも表側表示になります。(09/05/21)

Q:スタンバイフェイズ時に戻ったモンスターはそのターンメインフェイズ表示形式を変更できますか?
A:できます。戻す効果特殊召喚とは異なるものです。(09/08/03)

Q:このカードスピリット除外された後戻ってきますか?
  (特殊召喚不可なため)
  また戻る場合、そのエンドフェイズスピリット手札戻す誘発効果発動しますか?
A:特殊召喚ではないのでフィールド上に戻します。
  この場合、エンドフェイズ手札に戻る誘発効果発動しません。(召喚されたターンではないため)(09/08/03)

Q:このカード除外されたモンスターモンスターカードゾーンが全部埋まった状態で戻れない場合にそのモンスターはどうなりますか?
A:その場合、そのモンスター墓地へ送られます。(09/10/31)

Q:《血の代償》効果を2回発動してモンスターを2体召喚しました。この場合、どのように処理しますか?
A:《血の代償》チェーン終了後に《フューチャー・ヴィジョン》の効果発動します。
  この時チェーン1:《フューチャー・ヴィジョン》、チェーン2:《フューチャー・ヴィジョン》のようにチェーンを組んで発動します。
  なお、戻す処理は別々のチェーンで処理を行います。(10/09/01)   


Tag: 《フューチャー・ヴィジョン》 魔法 フィールド魔法

広告