《ブラック・ホール/Dark Hole》

通常魔法(制限カード)
(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。

 Vol.1で登場した通常魔法
 フィールドモンスターを全て破壊する効果を持つ。

 多くの全体除去カードによく見られる発動条件コスト等が無く、これ1枚で手軽に全体除去ができる。
 《サンダー・ボルト》と違い、全くタイミングを選ばない訳ではないが、全体除去をするのは普通は自分が押されている局面であるため、自分フィールド上にモンスターが居ないことが多く、あまり問題にならない。
 このカード1枚でモンスター全てを一掃する効果は強力で、相手モンスターが1体だけでも1:1交換を達成し、相手モンスターが複数体居ればアドバンテージを稼げる。
 類似効果を持つ《激流葬》に比べると、相手ターン中には使用できないが、こちらは通常魔法であるために発動前に除去される心配が無く、発動条件が存在せず即効性がある点で勝っている。

 自分モンスターを巻き込む点は基本的にデメリットであるが、この点を利用し他のカードとのコンボを狙うことも可能。
 《ゴブリンゾンビ》等の墓地へ送られた時に発動するモンスター効果を補助するのに使える。
 機皇帝召喚条件もこのカード1枚で手軽に満たせる。
 それ以外だと《ダーク・クリエイター》とは相性が良く、フィールドを一掃した後に一気にラッシュをかける事ができる。

 強力なカードだが、通常魔法であるこのカード相手の展開を妨害するのではなく、相手が展開し終わった後に処理するカードなので、それでは間に合わないことも多くなってきた。
 また、高攻撃力でのビートダウンモンスター効果での除去によって、このカードに頼らずともモンスターを一掃できるデッキも多く存在する。
 特に最近の環境デッキでは、こうした傾向が顕著となっているためか最早このカード自体が採用されるケースは減っている。
 こうした傾向も含め、使用するデッキと併用するほかの除去カードに応じて投入するか否かは考えたい。

  • 「ブラックホール」とは、光も脱出できない程の高重力空間の事である。
    天体が自身の重力に耐えられずに潰れた時等に生まれるとされているが、詳しくは明らかになっていない。
    また、対極の存在としてホワイト・ホールがあるとする仮説もある。
    一般には、両者の間にワーム・ホールが存在する為、脱出路として使う事ができると言われている。
    尚、ブラックホールの中心部分は重力崩壊によって特異点になっているとされる。
    この繋がりからか、下記のツバインシュタイン博士は《特異点の悪魔》というカードも使用していた。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「デュエルクエスト編」において、遊戯が使用しようとするが、《青い忍者》に阻止され失敗した。
    実際に使用されたのは、「乃亜編」の「海馬vs乃亜」戦。
    この時は乃亜が使用し、海馬が召喚した強力モンスター除去した。
  • アニメ5D'sでは、このカードSp(スピードスペル)版と言える、《Sp(スピードスペル)−ジ・エンド・オブ・ストーム》が登場している。
    スピードカウンターが10個以上と使用条件は厳しいが、全体除去に加えて効果ダメージも与えられるようになっている。
    デュエルワンポイントレッスン」では、《ブラック・ホール》が禁止カードである事にも触れている。
    「遊星vsアンチノミー」戦とZEXALII(セカンド)では、本物のブラックホールが出現した。
    遊星、アンチノミー共に本物のブラックホールに飲み込まれたのだが、光をも超えるアクセルシンクロの力とアンチノミーの助けにより、遊星は脱出できた。

関連カード

発動条件コストのある《ブラック・ホール》

―《ブラック・ホール》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ブラック・ホール》 魔法 通常魔法

広告