《ブラックフェザー・ドラゴン/Black-Winged Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):自分が効果ダメージを受ける場合、
代わりにこのカードに黒羽カウンターを1つ置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの黒羽カウンターの数×700ダウンする。
(3):1ターンに1度、このカードの黒羽カウンターを全て取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力は取り除いた黒羽カウンターの数×700ダウンし、
ダウンした数値分のダメージを相手に与える。 

 THE SHINING DARKNESSで登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 自分効果ダメージを受ける代わりに自身に黒羽カウンターを乗せる永続効果、乗っている黒羽カウンターの数に応じて攻撃力がダウンする永続効果、乗っている黒羽カウンターを全て取り除く事で相手モンスター弱体化させ、相手ダメージを与える起動効果を持つ。

 シンクロモンスターとしては珍しく、効果ダメージに対するメタ効果を持つ。
 ただし、ダメージを0にする度に攻撃力が下がるため、《アテナ》のような高い攻撃力バーンを併せ持つカードに対してはあまり対策にならない。
 バーンチェーンして《シンクロコール》発動し、このカードシンクロ召喚することでダメージを防げる。
 とはいえ、《水晶機巧−ハリファイバー》から《ライフ・ストリーム・ドラゴン》を出すことでも効果ダメージを防ぐことはできてしまう。

 バーンメタ以外の用途としては、自分カードにより発生した効果ダメージを打ち消す事が考えられる。
 あらゆる効果ダメージを0にし、それを相手モンスター弱体化バーンに変えることができる。
 自発的に効果ダメージを受けることの多い【サイキック族】は相性の良いデッキの1つである。
 その他には、ダメージを受けつつ除去を行える《妖精の風》、継続的にお互いへのダメージが発生する《死霊の誘い》《黒蛇病》《暗黒の呪縛》などとのコンボが考えられる。
 《Emトリック・クラウン》Em蘇生させつつ弱体化を狙うことも可能。
 しかし、【Em】ではダメージトリガーとして蘇生する《H・C サウザンド・ブレード》を併用することが多く、優先させにくい。

  • 英語名では「Black-Winged」とハイフンを入れる事で、 Blackwingに含まれない様にされている。
  • アニメ登場当初の効果は以下の通り。
    シンクロ・効果モンスター
    星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守1600
    チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
    このカードの戦闘以外で発生する自分へのダメージを、
    そのダメージの数値分だけこのカードの攻撃力を下げる事で無効にする事ができる。
    1ターンに1度、このカードの効果で下げたこのカードの攻撃力を
    元の数値に戻す事ができる。
    またこの時、相手フィールド上に存在する全てのモンスターの攻撃力は
    戻した数値分ダウンする。
    OCG化の際に効果ダメージ無効時の攻撃力ダウンが強制かつ数値が一律700ポイントになり、自身の攻撃力を元に戻したときの相手モンスター攻撃力ダウンの対象が「相手フィールド上に存在する全てのモンスター」から「1体のモンスター」に変更され、バーン効果がついている。
    効果ダメージ無効化は攻撃力を下げることができないと無効化できなかったため、バーンに対しての耐性は強化されている。
    OCGで下がる攻撃力が700なのは、初登場時の無限ループでループの最初に戻るまでに下がった攻撃力の合計が700だったためだと思われる。
  • シンクロ召喚時の口上は「黒き疾風よ!秘めたる思いをその翼に現出せよ!シンクロ召喚!舞い上がれ、《ブラックフェザー・ドラゴン》!」
    「クロウvs甚兵衛」戦では「黒き旋風よ〜」と発言していた。
  • レアカードとして有名だったのか、ボルガーはある取引先との融資の交渉条件にこのカードの譲渡を要求されている。
  • DUEL TERMINALでもEXステージ及びチャンピオン戦のクロウが使用し、後に専用セリフも追加された。
    アクションデュエルXでは、チャンピオン戦時の対戦相手として登場し、ここでもクロウが使用するが、こちらは専用台詞が用意されておらず、モンスター名も言わない。
    1回目の行動が非常に早く、「デス・メテオ」のようなバーン系コマンドが搭載されているため、ノーダメージで勝つのが難しい相手となっている。

関連カード

効果関連

サポートカード

―その他

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:(1)(2)は永続効果、(3)は起動効果になります。(10/02/20)

Q:このカードは「BF(ブラックフェザー)モンスター」として扱いますか?
A:いいえ、扱いません。(10/02/20)

Q:(1)の効果強制効果ですか?
A:強制効果です。(10/02/20)

Q:このカード黒羽カウンターが乗っている場合に《スキルドレイン》発動した場合、このカードに乗っている黒羽カウンターを取り除きますか?
A:はい、黒羽カウンターを取り除きます。(15/04/08)

Q:このカードが存在している時に、《アゲインスト・ウィンド》発動することができますか?
A:発動できますが、ダメージを受けないためサルベージする事はできません。(11/06/17)

Q:このカードが存在している時に、《最古式念導》発動することができますか?
A:はい、発動でき、破壊する効果適用され、ダメージを受ける代わりに黒羽カウンターが置かれます。(10/04/07)

Q:このカード攻撃力が700未満の場合、(1)の効果適用されますか?
A:はい、その場合でも(1)の効果適用され、このカード黒羽カウンターが置かれます。
  また、攻撃力が0の場合でも(1)の効果適用されます。(10/02/20)

Q:《地獄の扉越し銃》などのカウンター罠によって効果ダメージを受けた場合、(1)の効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(10/03/22)

Q:相手モンスターがいない場合、(3)の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(10/02/20)

Q:このカード黒羽カウンターが1つ乗っているときに相手攻撃力700未満のモンスターを選択して(3)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  ただし攻撃力が0のモンスターに対しては発動できません。(10/02/20)

Q:上記の状態の時に攻撃力が600ポイントのモンスターを選択してダウンさせた場合、与えるダメージは600ポイントだけになりますか?
A:はい、ダウンした数値分のダメージを与える効果のため、600ポイントだけです。(10/02/22)

Q:相手フィールドに、《デス・ウォンバット》などダメージ無効にするモンスターがいる場合、(3)の効果発動できますか?
A:(3)の効果発動する事はできますが、ダメージは0になります。(10/04/07)

Q:上記の場合、攻撃力を下げる効果の方は適用されますか?
A:適用されます。(10/07/29)

Q:このカードの効果によって、相手《トラゴエディア》攻撃力を下げました。
  その後、相手手札が変化した時、《トラゴエディア》の攻撃力はどうなりますか?
A:《トラゴエディア》攻撃力が再計算されたあと、このカードによってダウンした数値分、攻撃力がダウンします。(10/05/16)

Q:このモンスターが存在する時に《火炎地獄》《妖精の風》発動しました。
  自分ダメージを受ける処理だけ黒羽カウンターを乗せる行為に変換するのですか?
A:はい、自分ダメージを受ける処理のみを変換するのであり、相手へのダメージは通常通り行われます。(10/07/19)

Q:このモンスター攻撃する時に《魔法の筒》発動された場合、自分ダメージを受けませんが攻撃無効になりますか?
A:無効になります。(10/07/19)


Tag: 《ブラックフェザー・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2800 守1600

広告