《ブレイクスルー・スキル/Breakthrough Skill》

通常罠
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
また、墓地のこのカードをゲームから除外し、
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手の効果モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できず、
自分のターンにのみ発動できる。

 COSMO BLAZERで登場した通常罠
 フィールド及び墓地発動し、相手モンスター効果無効にする効果を持つ。

 《スキル・サクセサー》《妖怪のいたずら》同様、フィールド墓地の両方で効果を使えるため実質2回分効果を使うことができる。
 直接墓地へ送られた場合でも活用できるため、【ライトロード】等でも採用を検討できるだろう。
 《サイクロン》《ナイト・ショット》などに破壊されてもアドバンテージを得ることができる。

 フィールド発動する効果は、相手のメイン以外のフェイズ自分ターンにも発動できる点を除けば《エフェクト・ヴェーラー》とほぼ同様のものである。
 直接アドバンテージを稼げるものではないが、相手モンスターの展開の阻害や除去の回避など幅広く活用できる。

 墓地発動する効果は、《エフェクト・ヴェーラー》とは逆に自分ターンにのみ発動できる。
 肝心な相手ターンでの発動はできないが、《マシュマロン》のようなモンスターや、《ライオウ》《大天使クリスティア》のようなこちらの動きを制限してくるモンスターに対して強い。
 特にそれなりに採用率が高く、召喚されると厄介な《発条機雷ゼンマイン》破壊が容易になる点は評価できる。
 また、効果の発動であるため、《神光の宣告者》等に妨害されることなくそれらのモンスター効果無効にできる。

 同じ無効の仕方ができる《禁じられた聖杯》と比較すると、罠カード故に引いてすぐに使えず、ダメージステップに使えない為リバース効果モンスターに対応出来ない。
 更にコンバットトリックにも使えず、相手モンスター限定の為、自分モンスターデメリットを消すことも出来ない。
 《エフェクト・ヴェーラー》と比較した場合にも、こちらが後攻の場合に最初の相手ターンに使えず、手札誘発でないため奇襲性に乏しく事前に破壊される場合があるなど、単純な使いやすさでは劣る。
 一方、《禁じられた聖杯》《エフェクト・ヴェーラー》と異なりターン終了時まで無効になり、エンドフェイズ時には無効を解除するタイミングがなく次のターンになってから解除されるので、エンドフェイズ時に発動する効果適用される心配はない。

 こちらを使用するならば、やはり墓地でも発動可能な点を活かすことになる。
 上記の【ライトロード】コストとして罠カードを要求する《成金忍者》を使った【忍者】、各種永続効果に対抗しやすい等このカードならではの活用法を見出したい。

関連カード

墓地の自身を除外して効果発動できる罠カード《スキル・サクセサー》を参照

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:フィールド上にセットされたこのカードの発動チェーンして、同じモンスター対象《月の書》発動されました。
  このカード効果解決時には裏側表示になっていますが、選択した相手モンスター効果無効になりますか?
A:無効になりません。(13/05/31)

Q:このカード効果適用されているモンスターが、そのターン中に誘発即時効果発動しました。
  それにチェーンして《月の書》などを発動して裏側表示となった場合、効果適用されますか?
  また、《強制脱出装置》などで手札エクストラデッキに戻した場合、《ジェネレーション・チェンジ》などで墓地に送った場合はそれぞれどうなりますか?
A:はい、裏側表示となった場合は効果適用されます。
  しかし、手札エクストラデッキに戻した場合、及び破壊等で墓地に送った場合は効果無効化されたままとなります。(13/12/08)

広告